~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れましたー!!!
という事で、乗れましたー!!

念願の『気球』に!!!


早朝4:50に出発。早起きもなんのその!

只今、バルーンを膨らまし中。
側に近づくと熱い!
DSCF6989 (500x375)

籠の中は、4つに区分けされており、一緒の場所になった、韓国人のガヨンと。
DSCF6994 (500x375)
ちなみに、カッパドキアは韓国人がメチャメチャ多い!!

飛んだー!!人生初の気球体験!
DSCF7002 (500x375)

日本語が書かれた気球もありました。
DSCF7022 (500x375)

夢だった、「カッパドキアで気球に乗る」という瞬間が遂に訪れました。
気球に乗るのは、旅の後半という認識だったので、「遂にここまで来たんだな~」としみじみ。
DSCF7011 (500x375)

DSCF7019 (500x378)

ただ飛ぶだけでは無く、上がったり下がったり、360度見れるように、ゆっくり回転かけてくれたりします。
このキャプテンは、腕のいい方でした。たぶん。

ギリギリまで下がって、きゃーとか言います。
DSCF7042 (500x375)

まるでホイップクリームのよう。
DSCF7032 (500x375)

今度は上がって、上空1000m!!!
DSCF7063 (500x375)

ここまでくると、すごく寒い!そしてちょっと怖い。笑
DSCF7073 (500x375)

太陽も眩しい!
DSCF7082 (500x375)


1時間の空の旅を終えると、シャンパンのサービスが。
DSCF7095 (500x375)

こ~れは、地球に乾杯ですな☆
DSCF7097 (500x375)

名前入りの搭乗証書みたいな物をくれます。
DSCF7100 (500x420)


一度ホテルに戻り、朝食を食べてから、今度はカッパドキアツアーに参加。

ギョレメパノラマという場所。
白い滑らかな岩並が見渡せます。
DSCF7103 (500x408)

目のなる木
DSCF7108 (500x375)
皆さんもご存知、トルコの定番みやげの「ナザール・ボンジュウ」。
目玉の形をした魔除けです。

トルコ中、何処にでも売ってます。
DSCF7109 (375x500)

トルコの国旗、好きだな!
DSCF7111 (500x375)

ギョレメ野外博物館
聖堂や住居を見ることが出来ます。
ここは、スターウォーズの撮影で使われたとか。
DSCF7112 (500x376)

登るのが大変!
DSCF7114 (500x375)
爪での削れてしまうくらいに柔らかい岩質。
何十年、何百年後には、更に侵食され、どんどん形が変わっていくんだろうな。


ガイドさんが説明してくれます。
DSCF7116 (500x375)

DSCF7123 (500x375)

スターウォーズの大ファンとしては、痺れちゃいます!!
なんたって犬の名前、「ルーク・スカイウォーカー」ですから☆
DSCF7129 (500x375)


ピョンドゥ 24歳、韓国の男の子です。
DSCF7127 - Copy (500x392)

彼と初めて会ったのは、イタリアからギリシャへ向かう船の中。
次に、ギリシャからイスタンブールに行く夜行バスで一緒になり、その時に船で一緒だったよね!と話し掛けました。
しかし、イスタンブールに着いてから はぐれてしまい、どうしているかな~と思っていたら、なんとイスタンブールからカッパドキアに行く夜行バスの乗り継ぎで再会!
わー!!!!と3人で喜び合いました。
ピョンドゥが日本語で『これは運命だ!!』と言ってくれました。笑
しかし、カッパドキアに着いてからも またはぐれ、そして翌日再会!
その時に初めて名前を教え合い、ばっちり繋がったので、もうはぐれても大丈夫!!

彼は、最高にいいキャラしてます!!
見掛けも 喋り方も 仕草も、雰囲気全体が面白い!!
同じ韓国人から見てもおかしいらしい。(西洋人からも)
しかし、ピョンドゥは本当にピュアな人間であり、私達はピョンドゥが大好き!!!!
話していて、こんなにもハッピーな気持ちにさせてくれる人ってそうそういないと思います。
ピョンドゥとはfoeverでありたいと、心の底から思います!!

たぶん、ヨルダンとソウルでまた会えるはず!
ピョンドゥは私達より1ヶ月早く帰国するのですが、私達がソウルに行くまでに、高校で習った日本語のテキストを見直して、日本語を思い出しといてくれるそうです!
今よりも喋れるようになってるからね!って言ってくれて、本当にカワイイ坊やです!!


ウフレレ渓谷にある岩窟教会。
ここでは、フレスコ画が見られます。
DSCF7134 (500x375)

DSCF7137 (500x375)

その後、トレッキング。
DSCF7138 (500x375)

少しの間かと思いきや、けっこう長い時間がっつりトレッキングしました。
DSCF7139 (500x375)


デリンクユの地下都市
何のために造られたのかは諸説ありますが、キリスト教徒達が異教徒からの攻撃から逃れるためとされています。
カッパドキアには沢山の地下都市が存在しており、それらが地下で繋がっているのではとも言われています。

このデリンクユの地下都市は、一番深いもので、地下11階まであります。
2万人が生活していたとか。
中には、家畜場・ワインセラー・井戸・教会・学校など、全てが揃っていました。
明かりは、オイルランプ。
DSCF7143 (500x375)

階段
DSCF7152 (406x500)

空気口
DSCF7154 (500x375)

教会にしてた場所。
十字架が彫られています。
DSCF7158 (500x375)

井戸。
地上の水には、敵により毒が入れられている可能性があるので、地下深くに掘ったとの事。
DSCF7160 (500x375)

トンネルが小さくて、屈まないと通れないような通路も。
DSCF7161 (500x375)

寒いし、疲れたー!!!
こんな所で生活してたなんて…

左側は、韓国人のソニンさん。
DSCF7167 (500x375)
彼女は、日本語がペラペラ。
日本のドラマを2年間見て勉強したんですって~!!!

予防接種を受けている犬だったので、心置きなく触りました。
DSCF7174 (375x500)

このラクダは、口も塞がれて、繋がれている縄も短く、とても可愛そうでした(T_T)
DSCF7176 (500x375)


そして、ツアーといえば お決まりのお土産屋さんに寄るコーナー。
DSCF7179 (500x375)

石の加工の仕方を見せてくれ
DSCF7182 (500x375)

お店へGo。
宝石屋さんだったので、見るだけ。
DSCF7185 (500x375)

お世話になったガイドさん。
DSCF7169 (500x375)
いくつに見えますか?
彼、24歳です。
私は32歳って言っちゃいました。(ちょっとショック受けてた~)
近くで見るとシワの感じとかで…
ピョンドゥと同い年って事か~
年齢って、人種が違うと分からないものですね。
私も人の事言えないや(^^;)


カッパドキアを満喫できて、大満足です!!!


ちなみに、いままで出来た韓国の友達は何故か皆ソウル。(この旅の最終都市)
みんなが、ソウル来たときに連絡して!案内するから!って言ってくれます。
はて、どうしたものか。滞在日数と人数が合わない~
なーんて、贅沢な悩みですね☆

日本に帰ったら、韓国語の勉強をしたいと本気で思います。

そして、何と言っても英語!
どの国の友人も英語がペラペラで、結局コミュニケーションは英語。
もっと喋れたら…と毎日思います。
この旅で得た友人達と今後も繋がっていきたいので、頑張るぞ!
まだまだ30歳!!(まだ29だけどね)

これから何だって出来るさ!!


今夜、次の目的地「パムッカレ」へ夜行バスで向かいます!

[2012/05/27 19:53] | トルコ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。