~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、ナポリの中心地から電車で約30分のところにある、ポンペイ遺跡へ行きました!
最初、ポンペイに行く予定は無かったのですが、スイスで泊めて頂いたアヤさんに「ポンペイは行くの?」と聞かれて、そこで初めて「そういえばポンペイ遺跡ってイタリアじゃん!?」という事を思い出しました。
ここまで来たなら、ポンペイ遺跡は見なきゃでしょー!!

ポンペイ遺跡とは
古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡です。(世界遺産)
西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続けました。
翌25日の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まってしまったのです。そして、火山灰はその後も降り続きました。

その後、約1900年の時を経て本格的な発掘が始まり、現在は主要部分であった一部が『ポンペイ遺跡』として、有料で公開されています。

ポンペイについては、確か、高校の英語の教科書の題材になっていて、習った気がする。(岡野先生そうですよね??)

ポンペイ遺跡はとにかく広い!!
地図も持たずに入ってしまった私達は、遺跡自体には関心はするものの、その建物が何であったのか等々、何が何やらさっぱり分からず…(-д-;)

見学している時は全然分かっていなかったのですが、後に調べた情報を交えてご紹介します!

発掘によって現れたポンペイの町は、整然と区画され、住居はもちろん、劇場や公衆浴場、下水道まで完備されていました。壁画やモザイク画、市民が記した落書きなどが当時のまま残され、ローマ帝国の市民たちの贅沢で、享楽的な暮らしぶりを鮮やかに物語っています


DSCF5929 (500x375)

DSCF5930 (500x375)

DSCF5932 (500x375)

DSCF5934 (500x375)

DSCF5935 (500x375)

DSCF5944 (500x375)

DSCF5955 (500x375)

DSCF5956 (500x375)

DSCF5959 (500x375)

DSCF5961 (500x375)

DSCF5979 (500x375)

DSCF5985 (500x375)

DSCF6026 (500x368)

DSCF6027 (500x375)

街の至る所に水道がある。
(蛇口のみ現代の物)
DSCF5940 (500x375)

綺麗に整備された道路。
DSCF6021 (500x375)

ポンペイは、道路の整備が綺麗に出来ていました。
昔、車道部分には水が流れていたらしく、馬車がその中を走っていたそうです。歩行者は左右の歩道を通るよう分けられています。
しかも、車道を横切るための渡り石まであります。
写真がないのですが、交差点のようなポイントには3つの大きな丸い石が歩道を結びます。橋のような形では無く、3つの石だったのは、石と石の間を馬車の車輪が通れるように。
これは、見学している時の私達の推測が当たりました!
なんで、こんなに歩道が高いのか?この渡り石は何か?
「この歩道の高さと、渡り石があるって事は、きっと水が流れてたんじゃない??」
「それで、この隙間は馬車の車輪の通り道かな?」
なんて話していました。

そして、パン屋さん、居酒屋、風俗店等、現代と変わらないような生活がココにはありました。


競技場?
DSCF5980 (500x375)

オペラ場
今でも、たまにオペラコンサートが行われるとか。
DSCF6006 (500x375)

居酒屋さんのカウンターだったそうです。
丸い部分にはワインの入ったツボが入っていたそうです。
DSCF5970 (500x375)

床に残されたモザイク画
DSCF5939 (500x375)

ピザ屋さんの釜戸
DSCF5994 (500x375)

壷も、見事な形のまま残ってます。
DSCF5975 (500x375)

何かを擦るスリ鉢
DSCF5976 (500x375)

現在、発掘?修復している場所も。
DSCF5971 (500x375)


数々の像
DSCF5984 (500x375)

DSCF5962 (500x405)


フレスコ画の数々
(フレスコ画とは…まず壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「フレスコ(新鮮)」である状態で、つまり生乾きの間に水または石灰水で溶いた顔料で描く画法でを用いた壁画。)
DSCF6016 (377x500)

DSCF5946 (500x375)

DSCF5945 (500x375)

DSCF5965 (500x374)

DSCF5966 (500x375)

DSCF6011 (500x375)

フレスコ画に触ってみました。ツルツル!!
DSCF5967 (500x397)


逃げ遅れた人々は吹きつけた高熱のガスで窒息死し、その上に灰が降り積もり、硬く固まりました。発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていました。考古学者たちはここに石膏を流し込み、死の瞬間を再現したのです。
子供を覆い隠す母親、家の中で身を寄せ合う家族、飼われていた犬がもだえ苦しむ様子も生々しく再現されました。
石膏の人型は、一瞬にして平和な日々を奪われたポンペイ市民の悲劇を伝えています。

私達は、そのTV等でよく見る、父親が家族を守りながら亡くなった型や、犬のものを探してみたのですが、見つけることは出来ませんでした。
しかし、他にも人型は沢山ありました。
((これらは、特別に展示室を設けている訳ではなく、普通に遺跡の家の中に展示してあります。)
DSCF5950 (500x375)

DSCF5951 (500x375)

DSCF6034 (500x375)

なんと、この人型、石膏の中に骨が入っています。
もはや、本当のご遺体です。
見ているのも辛い。
DSCF6030 (500x375)

DSCF6037 (500x375)

骨のみの展示
DSCF6018 (500x383)

そして、発掘された物が収納されているような物置き場のような所にも。
DSCF6041 (500x375)

DSCF6042 (500x375)

DSCF6044 (500x375)

DSCF6043 - Copy (377x500)

こんな所に、置いておくってどうなのでしょうか…と思ってしまいました。
仮にもご遺体と考えると、もう少し保管の仕方があるのではと。


とても悲しい物だから、本当は見たくないけど、いつ何時、何があってこの人生が終わるか分からないという事を肝に命じるために、真剣に見ました!!
いつ死んでも悔いの残らぬように、一瞬一瞬を大切に生きるんだ!!という事。そして、自分に限らず、大切な人がいつ亡くなるかも分からないのだから、大切にしよう。そしていつも感謝の気持ちを伝えよう!と胸に刻みました。



そして、これが かの有名な犬でございます!!
DSCF6013 (500x340)
って!!笑

ポンペイ遺跡には野良ちゃんが多く、室内にもこうやっているのです。
DSCF6010 (500x375)


いや~しかし、こういう遺跡はツアーで行くか、もしくは音声ガイドだけでも付けた方がいいですね(英語しか無かったけど)。
せっかく行ったのに、ちょっと勿体無い事をしてしまいました。
特にポンペイは分かりずらいので、今後行く予定がある方は、是非そうして下さい!!!

ポンペイからさらに20分くらい電車に揺られ、ソレントへ到着!!
ソレントといえば、『帰れ、ソレントへ』の名曲しか思い浮かびませんが、景色がとにかく綺麗!!
南イタリアは、本当にレモンの木が沢山!!人々も明るくて、イメージ通りです。
ただし、南に行けば行くほど治安が悪いそうなので、浮かれちゃいられない。
ここに来た目的は、2つ!!
『アマルフィー海岸』を見る!!そして、カプリ島の『青の洞窟』に行く!
しかし、青の洞窟の入り口は極小のため、少しでも波が高いと入れないとの事。明日は天気が悪くて海が荒れるらしい×。滞在はあと2日なので、明後日入れなかったら終了です(>а<)
どうか見れますように!!!

そして、ソレントは宿代が高いため、今回の宿はキャンプ場!!
このバンガローに泊まっています!!
DSCF6049 (500x375)

これが、結構いいんですよ~
DSCF6057 (500x375)

なんたって、眺めがサイコーだし!
今まで我慢してた夜景も、ここならバルコニーから見られる☆
DSCF6061 (500x375)


この旅でキャンプ場に泊まることがあるとは思ってなかったな!笑

[2012/05/14 17:06] | イタリア
トラックバック:(0) |


初心者の投資
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


-
私は今、高校でこの範囲をやっているので、とても勉強になりました‼‼
ありがとうございます!('◇')ゞ
私もいつか世界放浪の旅に出てみたいです(*'▽')
また記事を見に来ます!( *´艸`)

Re: タイトルなし
ナオコ
コメントありがとうございます!
私も高校時代、世界史が好きでちゃんと勉強していたので、実際世界を回った時に喜びが大きかったです。でも、もっともっと勉強すれば良かったと思っています。なので、今のうちに沢山学んでおいてくださいね☆

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/11/12(Mon) 05:46 | URL  | 初心者の投資 #-[ 編集]
私は今、高校でこの範囲をやっているので、とても勉強になりました‼‼
ありがとうございます!('◇')ゞ
私もいつか世界放浪の旅に出てみたいです(*'▽')
また記事を見に来ます!( *´艸`)
2014/06/15(Sun) 11:30 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
私も高校時代、世界史が好きでちゃんと勉強していたので、実際世界を回った時に喜びが大きかったです。でも、もっともっと勉強すれば良かったと思っています。なので、今のうちに沢山学んでおいてくださいね☆
2014/06/15(Sun) 13:15 | URL  | ナオコ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。