~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、カイロの観光!!!
個人で回るのは大変だし、治安も心配だし、ツアーの方が客引きもめんどくさくないからと思って、宿でツアーを申し込んだ。
その金額、なんと 約650円。
安っ!!
それもそのはず、蓋を開けてみたらタクシーの1日貸切りというだけでした。

ドライバーはとんだお調子者で、いや~ 参った…
DSCF7619 (500x375)

余計な所に連れて行かれるし、昼食もすごい安い店と言いつつ、超高い所に連れて行かれ、結局2人前を4人で分ける始末。
絶対この人の事信じない。
どんなにオチャラケられても、最後の方はホント笑えなかったです。


メインであるギザのピラミッド!!
世界一ウザイ客引きの洗礼を受けました。

DSCF7623 (500x375)

まずは、ピラミッド近くに居るスフィンクス!!
DSCF7624 (500x375)

写真を撮っていたら、ある子供が「この場所で撮ったらスフィンクスとキス写真が撮れるよ」と言ってきて、うまい合成写真が撮れるよう、日本語で「こう!」と言いながら、カメラ担当の人と私に指導をしてくれる。
そのうち、カメラ自体その子が持って、いい写真を撮ってくれた。
これは、チップを請求されるねって皆で言いながら、しかし 本当にいい写真を撮ってくれるので、「まぁ、チップくらいいいだろう」と思って撮ってもらっていた。
「最後、どれだけ豹変するか楽しみだね!」なんて言いつつ…
DSCF7625 (500x375)

最後にチップを渡そうと思って、コインを出したら、「No~!!!」とイカつい顔で叫びだした!!
コインじゃだめだ!!!札よこせ!!
100(1300円)ポンド請求してる!!こっちで100ポンドなんて言ったらとんだ大金!
こっちも、何言ってんだと戦う。どっちみち、小さい額のお札をどっちみち持ってなかった。
争いの末、おつりをちゃんとあげるから、10ポンドだけお願い~!と言うので、いい写真を何枚も撮ってもらったのは事実だし、10ポンドを払って解決。
(1.5Lのミネラルウォーターで2~3ポンド)。

そうやって全員がお金を払い、スフィンクスから足早に遠ざかった頃、
スフィンクスなんか全然見なかったことに気づく。笑

しまった・・・

遠めからスフィンクスを眺めながら、今度はピラミッドへ向かう。
その道中も、物売り、ラクダ乗り、何人のウザイエジプト人達に出会っただろう。
精神的にやられます。
エジプト人は誰も信じるなと言われて来たけど、うん、分かる。
てゆうか、むしろ信じられない。
今までの旅で、どんなに嫌な経験をしても、それは一部の人であって、大多数の人はいい人だから、その国も好きだし!って思ってきた。
エジプトの場合は逆かな!
一般時も含めて、いい人の方が ほんのひと握りな気がする。笑
中には本当にイイ人もいるけど。

街でも頻繁に喧嘩が起こるし。
この環境は本当に良くないな~

エジプト人の国民性ゆえに こうゆう環境になってしまうのか、こうゆう環境だからこそ この国民性になってしまうのか…
きっと不のスパイラル。

以前来た時は、ツアーに守られていたのだな と実感します。笑
しかし、本当のエジプトを体感することが出来て良かったし、エジプトは全然好きじゃないけど、ある意味本当に面白い国だと思う!!
きっと一番印象には残るだろうな。


しかし、ピラミッドは偉大だ!!!
見るのは2度目だけど、やはりすごい。

世界で一番大きい、クフ王のピラミッド
DSCF7673 (500x375)
大きすぎて、カメラに納まらなーい!

一番下の石はこんなに大きい!!!
DSCF7666 (500x375)
クレーンも無い時代にどうやって積み上げていったのだろう…


ピラミッドはいつ、どうやって、何のために造られたのか、色々な説はあるけど、実際の詳しい事はほとんど分かってないそうです。
ただ、スフィンクスに残る豪雨の跡から推測するに、今から約1万2500年前に建設されたとみられているらしい。


そして、ピラミッドの底辺の長さを4倍したものを高さの2倍で割ると、円周率が出てくる。
更に、ピラミッドの高さに10の9乗をかけると、地球と太陽の距離に近い数値が出てくる。
等々、色んなお話しがありまして、本当にピラミッドって…

謎~!!!

てゆーか、その計算を発見した人がスゴイ。

我おもう
 宇宙人の
  仕業かな


DSCF7663 (500x375)


ラクダ顔。結構似てると思う。笑
DSCF7668 (500x375)

そして、噂には聞いてたけど、今は治安が不安定という事で、ピラミッドに観光客がいない。
4人で写真を撮ってもらうのが大変でした。


その後、2箇所の遺跡を巡り、ドライバーが、最後に絨毯屋に連れて行かれる。
うんざりしている雰囲気を察したのか、最後に道端で飲み物を買ってくれました。

実に残念…
ドロドロあわあわ。
DSCF7688 (500x375)

キャー、お店の汚さからして、まず私 飲めません(>д<)!
DSCF7689 (500x375)

少し舐めてみたけど、オェ~という味でやっぱり飲めない。
ドライバーさんの見てないところで、山ピーに外に捨ててもらったけど、真っ逆さまにしても、半分しか捨てられず。どんだけ、とろみが強いねん!!
しかし、男の子二人は飲み干しました!!もう尊敬に値する~!!
なにやら、ホップで作った酒かすのようなものらしい。


夜は、スーフィー・ダンスが無料で見られるということで、宿の方が人を募って案内してくれました。

スーフィーとはイスラームの一派「スーフィズム」の信者の事。
このダンスはグルグル旋回し続けることで一種のトランス状態にとなり、アッラー(神)と一体化すると考えられています。
ただ、私達が見たのはステージ化されたショーです。
本当に見応えがありました!!!

楽器担当の人達
DSCF7694 (500x375)

一人ずつ前に出てソロ演奏します

この人の指圧に惚れ惚れ(´о`)♪
DSCF7704 (500x375)

このおっちゃんは一番最高!!
ひょうきんな踊りをしながら、指バージョンのシンバルみたいなやつを演奏します。
DSCF7703 (500x375)


そして、これがスーフィーダンス!!

何枚も重ねたスカートを取り外しながら、頭上に振り上げて行き、手で回したりします。
DSCF7722 (500x375)

DSCF7728 (500x375)

DSCF7759 (500x375)

20分くらいずっと回りっぱなしなのに、最後はピタッと止まり、決してフラつかない!!!
修行の賜物ですな!!
お見事~!!


ところで今宿泊の宿は、1つの雑居ビルの中に3つの日本人宿が入っています。
バックパッカーの間では有名で、カイロといえば皆このビルの何処かしらに泊まります。
ビルの汚さは噂通り。
廃墟に近いボロボロさ。
DSCF7690 (500x375)

その中でも私が泊まったス ルタンホテルは、特にくせ者というか、変人というか、もうクレイジーな人が多い。
面白いものを沢山みる。
一気にこんなにも変な人達を見たのは初めてかも。。。
例の、容疑者である韓国の女の子は、パスポートは韓国人だけど、絶対アジア人じゃないし、レディーガガばりの頭おかしいメイクして、実に挙動不審。
(実は日本人男性客が犯人説もあるけど…)

そして、伝説の男「アモーレ丸山」さんにもお会いしました。
このホテルのスタッフと思われがちですが、実は住人。10年以上このビルに住みついているそうで、5年前くらいまではこの中の違う日本人宿に泊まっていたらしい。
盗撮事件のあと、元気付けて下さいました!!

しかし、本当にカイロは疲れた…
次は、紅海リゾートのダハブへ向かいます。

[2012/06/10 05:09] | エジプト
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。