~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パムッカレからイスタンブールへ帰って来て2日間、ゆった~り まった~りと過ごしました。

街で見たこんな人。
犬を乗せた人がブーンと走ってきて止まった。
DSCF7279 (500x403)

写真を撮る観光客達に、「1リラ払え」と言ってます。笑
DSCF7280 (500x375)
やっぱり、イスタンブールの中心街だとそうゆう人いるですよね…


カッパドキアとかはでは、わりと平和に過ごせていたので、久々のこの感じ。
街を歩けば、凄まじい日本語呼びかけで、皆「あ、落ちましたよ!!」って言って、振り向かせようとする。
もう、それいいから(苦笑)
言われすぎて、ちょっとうんざりします。

私達がいなかった数日間でさえ、宿のお客さんで じゅうたんで ぼったくられた人がいるそうです(>д<)
どの国も、中心地は注意が必要ですな!!


しっかし、トルコ料理は美味しかったな~♪

生地の下には鶏肉のケバブがぎっしり!
DSCF7276 (500x375)
このお店の店員さんは、モト冬樹にそっくりでした。(って、事はニコラス・ケージにも。笑)
でも、とてもジェントルマンです。


そして、またもや食べた シロップ漬けチュロス。
DSCF7284 (500x375)
おじさんが とびきり大きいやつくれて、わーい!!て喜んだけど、
甘すぎて後半吐きそうでした…笑


そして最後に、サバサンドも再び!!
これを食べなきゃ終われません!
DSCF7285 (500x375)
今日のサバは多きかった~!!

もう、思い残す事はないです☆


最後に、『Merih 2 Hotel』の皆さんには本当にお世話になりました。
特に、トルコの父 チェティンさん。
最高です!!!


それでは、トルコ人商売人がよく言うように、『さらばじゃ!』トルコ~
さらばじゃ!ヒートテック~

次はヨルダン!ここから本格的に中東だー!!

2ヶ月ぶりのフライトを 楽しんできたいと思います!!!
スポンサーサイト

[2012/05/31 03:28] | トルコ
トラックバック:(0) |
パムッカレは、珍しい石灰棚と、古代都市の遺跡が見ることが出来る、世界遺産です。

パムッカレとはトルコ語で『綿の城』という意味であり、トルコ有数の温泉保有地。
石灰棚の所々に温泉水が溜り、水着で温泉に浸かる人々で溢れています。
まるで雪景色なのに、水着の人々がいる光景が面白い☆

しかし、最近はあまりの開発ラッシュのため温泉は涸れつつあるとか。
私達が行く前も3日間連続で水が無かったとの証言が。
期待をせずに行ってみることに。

DSCF7202 (500x375)


境目。ここからは、土足禁止です。
DSCF7204 (500x375)

石灰で出来た床は硬くゴツゴツしていて、足つぼが刺激されます。
少し痛い!!
DSCF7211 (500x375)
そして、照り返しが半端なーい(>д<)!!!
ウユニ塩湖を思い出す~!
イタリアの地下鉄構内でバングラディッシュ人から買ったサングラスを持ってくるべきだった~!
絶対、UVカットじゃないと思うけど。


今日はけっこー温泉水溜まっていました!!
ラッキー☆
DSCF7236 (500x375)

DSCF7260 (500x375)

川のようにジャボジャボ流れている~
DSCF7262 (500x375)

こちらは。自然に出来た石灰棚。
DSCF7228 (500x382)

コレは人工で造られた石灰棚。
DSCF7234 (500x375)

ここに皆さん浸かります。
まるで雪景色のような景色なのに、そこに水着の人達がいる!
なんともミスマッチな光景です。
DSCF7215 (500x375)

温泉が溜まっているところの底は、ヌメヌメしてて気持ちいい!
まるで片栗粉。
DSCF7220 (500x375)


外国の方達はポージングがすごい!
皆が皆、グラビアアイドルでした。
DSCF7256 (500x375)


石灰棚ゾーンを過ぎると、遺跡ゾーンです。
紀元前190年前に始まった都市、ヒエラポリスの遺跡が見られます!

こちらは、円形劇場。
DSCF7246 (500x375)

他にも沢山の遺跡が見られます。

ヤッホー!
DSCF7253 (500x375)

ココまで登ると結構高かった!!
DSCF7249 (500x375)

パムッカレ、ねばっても所要時間1時間半…
日帰りで十分な場所です。


ギョズレメ
DSCF7266 (500x375)
トルコのクレープのようなもの。
中にはチーズや肉等を挟んで焼きます。


他にする事が何も無いので、夜行バスの時間までラム子食堂で、待たせてもらって居ると、ななななんと!カッパドキアでシリア行きのバスに乗ったピョンドゥが、何故かパムッカレにいるとのこと!!!
どうやら、シリアは現在 紛争問題等で入国が出来ず、途方に暮れてパムッカレに来たとのだとか。
またもや奇跡の再会!!
本当に運命だ!

そこに、昨日の山ピーも偶然やって来て、4人で楽しく話して食事。
DSCF7270 (500x375)

今日は、こくまろカレーを食べました!
DSCF7268 (500x375)

ピョンドゥは凄く頭がイイ!!
私達の会話を聞いてるだけでも、日本語をどんどん覚え、一度聞いたのは絶対に忘れない。
普通に日本語で会話が出来ます。
なんたって、日本語は簡単だって言ってます。
そう言う韓国人には初めて会ったと言ったら、本気で「Why??」って言ってました。
日本語は簡単だよ!しかも、2年も勉強したら、喋れて当たり前だと。
頭がいいんだな~!!絶対難しいよ日本語…
しかもピョンドゥは英語もペラペラ。
そして、ピョンドゥは色んな事を知っているので勉強になる。

こんなに面白く、頭も良くて、そして何より心の広い人間であるピョンドゥは、本当に最高だ!!
心の底から、応援しています。

そんなピョンドゥにとって、私達は日本人で最初の友達。とても光栄な事です☆
3人目は、ラム子の奥さん(ピョンドゥはお姉ちゃんと呼びます。)。
4人目は山ピー。
ピョンドウにとって、初めて出来た日本の友達たちとの記念撮影。
DSCF7274 (500x407)

山ピーに夢を聞かれて、答えた事がピョンドゥと同じでした!笑
(ピョンドゥは3つあって、1位の夢が一緒)
すごい奇遇!

ピョンドゥは他人とは思えない。国境を越えた弟です!
ヨルダンでは会えなくなってしまったので、ソウルで会おうと約束して、しばしお別れ。
2ヶ月も会えないなんて凄く寂しい!

やはり我々はピョンドゥが大好きです☆



余談ですが、
遂にズボンが破けました。
DSCF7200 (500x375)

そりゃ、毎日穿いてるんだからしょうがないよな~
この前、2ヶ月ぶりに洗いました。笑
汚くてすいません。

これから暑い国に突入なので、てろてろパンツ生活になります。
なので、このズボンを穿く機会は少なくなるかと。
ボロボロになるまで本当にお疲れ様でした。よく頑張ってくれた!!!

ずっと着てた服には愛着が湧いてしまいます。
散々来た、ダウンジャケットも、気球が着修めだったので、本日さよならをしました。
なんとも切ない感情になります(;_;)
しかし、荷物は少しでも軽くしたいので、もう使わない物は容赦なく…
仕方ない!


これまで、色んな物を無くし、壊れ、盗まれ、捨てて…
日本出発時の荷物の中身と、現在のは 半分以上が入れ変わってます。笑

長旅って面白い。

[2012/05/28 22:14] | トルコ
トラックバック:(0) |


あや
夢を語れるってすごいな~って思っちゃった(*^^*)
日常生活の中であんまり意識することないけど、前向きな会話するなおぴ達にまたしても刺激もらっちゃった~☆

石灰の温泉、写真で見ると作り物みたいに見えるね~!!
雪があっても水着でいられるって寒いの?あったかいの?!

Re: あやちゃん
ナオコ
ごめん!雪景色に見えるって意味!!
あれは、石灰が固まったものなんだけど、雪に見えるでしょ?
私の書き方が悪かったな…
文章直しておくわ!笑

夢って言っても大きな夢だよ!我々共通の目標!
ピョンドゥも同じ事を思っている青年だったので、近いものを感じた!!



あや
なるほど!
雪景色に見えるってことね!
完璧ほんものの雪だと思ってた~(笑)
今日もお気をつけて♪♪

Re: あやちゃん
ナオコ
そうそう、ごめん!笑
ほんと、雪景色に見えるっしょ!!
実際はめちゃめちゃ暑かったから!


まど&やす
日々刺激的だね~♪
色んな物を見たり、食べたり、感じたり。
でも、何より人との出会いが旅の醍醐味なんだなって思うよ。そしていい人と出会えるのは、あさばっちの人柄が良いからだと思う!!
旅の後半も、また沢山の出会いがありますように^^そして、また沢山の素敵な景色を私達にみせてください♪
体にきをつけてね!


なかなか早いね!もう後半でしょ!?
ふと、旅のブログが読めなくなるのはさびしいもんんだなぁと思ってしまいました。
あと一か月チョイ楽しみにしてます。

Re: まど&やす
ナオコ
社会人になると、新しく「友達」って出来なくなるじゃない?だから、この歳でこんなにも広がるっていうのは、本当にありがたき事です(>д<)!!!
帰ったら、出会った色んな人の事を話したい!!まどピザを食べながら☆

ほんと、あとちょっとだよ~!!
ブログをもう書かなくなると思うと、私も寂しいものだなと今思った。
あと1ヶ月ちょいで、出来るだけ沢山の事をお伝え出来るように頑張ります!
旅で出会う男の子達は、何故かサッカー率が高い。


コメント:を閉じる▲
早朝に、パムッカレに到着しました。
パムッカレは、見所は石灰棚!!
というか、むしろそれしか無い。笑
なので、それは明日にとっておいて、今日は何もしないDay。

夜行バスが全然眠れないため(ホント休憩に止まりすぎ!!)、仮眠したり PCしたり。
長旅では、たまに こういう日も必要です!!


夜は、ある人物と約束が。
スイスの電車で出会った村岸さん(ななみんの誕生日祝いにチョコを下さった方!)が、フランスで一緒だった男の子に、私達を紹介して下さいました。

同じく世界一周中の山下くん!!
ソフトリーで礼儀正しいイイ青年です。
ちょうど、彼もトルコにいて、会ってみては?と紹介して下さったとの事。
山下くんからブログ経由でメールをくれました!

しかも、村岸さんは、私のお財布 強奪事件の事で、慰めてあげて!と言ってくださってたとの事で、
ブログ見て下さってる上に、そこまで気を回して下さって本当に感謝です!!

村岸さーん!!私は元気ですよー!!ありがとうございます☆


山下くんと、ちょうど近くにあった日本食レストランへ!!
この旅で、こうゆう日本食食堂へ来たのは初めて。
DSCF7193 (500x375)
海外の日本食食堂って、あまり美味しいイメージが無かったけど、すっごく美味しかった!!!

奥さんからのサービスで、ウーロン茶とフルーツも頂きました!!!
DSCF7194 (500x375)

DSCF7195 (500x375)

久々に食べた日本食の味を噛み締めながら、旅話に花が咲きます。
こうやって、どんどん広がっていくのが嬉しいな~
既に共通の知人がいたりして、本当に面白い!!

そしてお店の奥さんも、たまに話に参加したりして楽しいひと時を過ごしました!


みんなで記念撮影。
DSCF7196 (500x407)
ここの奥さんも超最高!カワイイ方です。名前はラム子じゃなくてノリ子さん。
旦那さんは隣のバス会社で働いていて、私達も朝お世話になりました。

トルコ人と結婚される日本人女性は多い!!
なぜか!?
トルコ人は、女性に対して優しい言葉や甘い言葉を何の恥ずかしげもなく口にするらしい。
日本人男性はあまり口に出さないから、言われ慣れてない日本人女性達は、コロっとイってしまうのだな~。
ふむふむ
確かに、私もトルコ人好き!笑

ただ、イスタンブールの旧市街らへんでは、イケメンがそういう手口で女性を騙し、お金を騙し取る、もしくは自分から貢ぐ女性もいるのだとか。
トルコに旅行に行く際は(他の国も同じだけど)、やけに日本語ペラペラで甘い言葉をささやくイケメンにご注意を!!!!


[2012/05/28 06:08] | トルコ
トラックバック:(0) |


あや
たまたま知人が新婚旅行でトルコに行ってて、気球の写真とか見せてもらったからなんか不思議な気持ちー(^.^)
でも1000メートルも上がるなんて知らなかった~!想像しただけでもこわいな~(笑)

あとブログ途中まで読みながら、わたしもトルコ男性の甘い言葉に酔わされた~い!って思ってたら、やっぱり騙されちゃうこともあるのね(笑)
あぶないアブナーイ!!
なおぴも気をつけて!!(笑)

Re: あやちゃん
ナオコ
それは奇遇ですな~!!

はい!!気をつけます!!
トルコ人に限らず、やっぱ日本人女性は外人全般の甘い囁きに弱いみたいだよね。
日本人男性がもっと頑張ってくれたら、被害は減るのに~
なんてね。笑
しかし、トルコ人と結婚する人、本当に多いよ!

いっぱい経験してね~~
まどの母ちゃん
旅も60%くらい進んでしまったのかな。早いものですね。 
ブログを見ながら毎日が一緒に旅行しているようで夢のよう~~。そんな気分もあと少しなのかしら?
世界を見て回るなんて滅多にできない経験を貪欲に体験してきてね~~
ファイト~~~いっぱ~~つ

Re: まどママ
ナオコ
はい、そうなんです~!もう2ヶ月切りました!!
ここからは、きっと今まで以上に時が経つのが早く感じると思うので、
一瞬一瞬を噛み締めて過ごしていきたいと思います☆
良い事も悪い事もこんなに沢山の経験をする事が出来て、私は本当に幸せ者です!!

コメント:を閉じる▲
晴れましたー!!!
という事で、乗れましたー!!

念願の『気球』に!!!


早朝4:50に出発。早起きもなんのその!

只今、バルーンを膨らまし中。
側に近づくと熱い!
DSCF6989 (500x375)

籠の中は、4つに区分けされており、一緒の場所になった、韓国人のガヨンと。
DSCF6994 (500x375)
ちなみに、カッパドキアは韓国人がメチャメチャ多い!!

飛んだー!!人生初の気球体験!
DSCF7002 (500x375)

日本語が書かれた気球もありました。
DSCF7022 (500x375)

夢だった、「カッパドキアで気球に乗る」という瞬間が遂に訪れました。
気球に乗るのは、旅の後半という認識だったので、「遂にここまで来たんだな~」としみじみ。
DSCF7011 (500x375)

DSCF7019 (500x378)

ただ飛ぶだけでは無く、上がったり下がったり、360度見れるように、ゆっくり回転かけてくれたりします。
このキャプテンは、腕のいい方でした。たぶん。

ギリギリまで下がって、きゃーとか言います。
DSCF7042 (500x375)

まるでホイップクリームのよう。
DSCF7032 (500x375)

今度は上がって、上空1000m!!!
DSCF7063 (500x375)

ここまでくると、すごく寒い!そしてちょっと怖い。笑
DSCF7073 (500x375)

太陽も眩しい!
DSCF7082 (500x375)


1時間の空の旅を終えると、シャンパンのサービスが。
DSCF7095 (500x375)

こ~れは、地球に乾杯ですな☆
DSCF7097 (500x375)

名前入りの搭乗証書みたいな物をくれます。
DSCF7100 (500x420)


一度ホテルに戻り、朝食を食べてから、今度はカッパドキアツアーに参加。

ギョレメパノラマという場所。
白い滑らかな岩並が見渡せます。
DSCF7103 (500x408)

目のなる木
DSCF7108 (500x375)
皆さんもご存知、トルコの定番みやげの「ナザール・ボンジュウ」。
目玉の形をした魔除けです。

トルコ中、何処にでも売ってます。
DSCF7109 (375x500)

トルコの国旗、好きだな!
DSCF7111 (500x375)

ギョレメ野外博物館
聖堂や住居を見ることが出来ます。
ここは、スターウォーズの撮影で使われたとか。
DSCF7112 (500x376)

登るのが大変!
DSCF7114 (500x375)
爪での削れてしまうくらいに柔らかい岩質。
何十年、何百年後には、更に侵食され、どんどん形が変わっていくんだろうな。


ガイドさんが説明してくれます。
DSCF7116 (500x375)

DSCF7123 (500x375)

スターウォーズの大ファンとしては、痺れちゃいます!!
なんたって犬の名前、「ルーク・スカイウォーカー」ですから☆
DSCF7129 (500x375)


ピョンドゥ 24歳、韓国の男の子です。
DSCF7127 - Copy (500x392)

彼と初めて会ったのは、イタリアからギリシャへ向かう船の中。
次に、ギリシャからイスタンブールに行く夜行バスで一緒になり、その時に船で一緒だったよね!と話し掛けました。
しかし、イスタンブールに着いてから はぐれてしまい、どうしているかな~と思っていたら、なんとイスタンブールからカッパドキアに行く夜行バスの乗り継ぎで再会!
わー!!!!と3人で喜び合いました。
ピョンドゥが日本語で『これは運命だ!!』と言ってくれました。笑
しかし、カッパドキアに着いてからも またはぐれ、そして翌日再会!
その時に初めて名前を教え合い、ばっちり繋がったので、もうはぐれても大丈夫!!

彼は、最高にいいキャラしてます!!
見掛けも 喋り方も 仕草も、雰囲気全体が面白い!!
同じ韓国人から見てもおかしいらしい。(西洋人からも)
しかし、ピョンドゥは本当にピュアな人間であり、私達はピョンドゥが大好き!!!!
話していて、こんなにもハッピーな気持ちにさせてくれる人ってそうそういないと思います。
ピョンドゥとはfoeverでありたいと、心の底から思います!!

たぶん、ヨルダンとソウルでまた会えるはず!
ピョンドゥは私達より1ヶ月早く帰国するのですが、私達がソウルに行くまでに、高校で習った日本語のテキストを見直して、日本語を思い出しといてくれるそうです!
今よりも喋れるようになってるからね!って言ってくれて、本当にカワイイ坊やです!!


ウフレレ渓谷にある岩窟教会。
ここでは、フレスコ画が見られます。
DSCF7134 (500x375)

DSCF7137 (500x375)

その後、トレッキング。
DSCF7138 (500x375)

少しの間かと思いきや、けっこう長い時間がっつりトレッキングしました。
DSCF7139 (500x375)


デリンクユの地下都市
何のために造られたのかは諸説ありますが、キリスト教徒達が異教徒からの攻撃から逃れるためとされています。
カッパドキアには沢山の地下都市が存在しており、それらが地下で繋がっているのではとも言われています。

このデリンクユの地下都市は、一番深いもので、地下11階まであります。
2万人が生活していたとか。
中には、家畜場・ワインセラー・井戸・教会・学校など、全てが揃っていました。
明かりは、オイルランプ。
DSCF7143 (500x375)

階段
DSCF7152 (406x500)

空気口
DSCF7154 (500x375)

教会にしてた場所。
十字架が彫られています。
DSCF7158 (500x375)

井戸。
地上の水には、敵により毒が入れられている可能性があるので、地下深くに掘ったとの事。
DSCF7160 (500x375)

トンネルが小さくて、屈まないと通れないような通路も。
DSCF7161 (500x375)

寒いし、疲れたー!!!
こんな所で生活してたなんて…

左側は、韓国人のソニンさん。
DSCF7167 (500x375)
彼女は、日本語がペラペラ。
日本のドラマを2年間見て勉強したんですって~!!!

予防接種を受けている犬だったので、心置きなく触りました。
DSCF7174 (375x500)

このラクダは、口も塞がれて、繋がれている縄も短く、とても可愛そうでした(T_T)
DSCF7176 (500x375)


そして、ツアーといえば お決まりのお土産屋さんに寄るコーナー。
DSCF7179 (500x375)

石の加工の仕方を見せてくれ
DSCF7182 (500x375)

お店へGo。
宝石屋さんだったので、見るだけ。
DSCF7185 (500x375)

お世話になったガイドさん。
DSCF7169 (500x375)
いくつに見えますか?
彼、24歳です。
私は32歳って言っちゃいました。(ちょっとショック受けてた~)
近くで見るとシワの感じとかで…
ピョンドゥと同い年って事か~
年齢って、人種が違うと分からないものですね。
私も人の事言えないや(^^;)


カッパドキアを満喫できて、大満足です!!!


ちなみに、いままで出来た韓国の友達は何故か皆ソウル。(この旅の最終都市)
みんなが、ソウル来たときに連絡して!案内するから!って言ってくれます。
はて、どうしたものか。滞在日数と人数が合わない~
なーんて、贅沢な悩みですね☆

日本に帰ったら、韓国語の勉強をしたいと本気で思います。

そして、何と言っても英語!
どの国の友人も英語がペラペラで、結局コミュニケーションは英語。
もっと喋れたら…と毎日思います。
この旅で得た友人達と今後も繋がっていきたいので、頑張るぞ!
まだまだ30歳!!(まだ29だけどね)

これから何だって出来るさ!!


今夜、次の目的地「パムッカレ」へ夜行バスで向かいます!

[2012/05/27 19:53] | トルコ
トラックバック:(0) |
カッパドキアは、ギョレメというにやってきました。

モリタくんとの再会。
DSCF6823 - Copy (500x396)
私達よりも一足お先にギョレメに旅立ったモリタくんが、宿に大事な物を忘れてしまい、私達がそれを持ってきました。
サバサンドの場所まで案内してくれたお礼ができて良かった~!!!
それに、またモリタくんがイイ青年でして。

こういった、旅先での助け合いは素敵です!
(人に親切にすると、それはちゃんと返ってくるものですね♪逆も同じ!)


ギョレメでは、自然が造り出した不思議な景観が見る事が出来ます。
数百年前に起きた噴火によって出来たもので、火山灰と溶岩が数百メートルずつ積み重なり、その後 岩部は風雨に打たれて侵食が進み、今では固い部分だけが残されて不思議な岩の形となりました。
この景色は圧巻です。

街の周りもこんな風景!
DSCF6835 (500x375)

DSCF6843 (500x375)
アンビリーバボーです!


トルコっぽいところでランチ
DSCF6831 (500x388)

イスタンブールより少し食事は高め。
でも、めちゃめちゃ美味しかったです!
DSCF6834 (500x375)


写真撮って~!って言う、おっちゃん達。
DSCF6844 (500x375)
イスラム系の国だと、自分の事撮ったからチップよこせ!という感じですが、トルコの場合は(南米も)ただ撮ってもらってデジカメで自分を見たいだけ。
可愛いな~☆


夕方、「ローズバレー」サンセットツアーに参加しました。 
(赤い断層の谷で、夕日で真っ赤に染まります) 

しかし、天気が優れず…夕日見れるかな??

奇岩が沢山見られます。
DSCF6875 (500x375)

DSCF6894 (500x375)

洞窟教会
DSCF6896 (500x375)

中は真っ暗ですが、絵などが残っています。
DSCF6898 (500x375)

DSCF6902 (500x375)

2階への階段はコレだったそうです。
DSCF6910 (500x375)
ロッククライミングのように登る。


なんてこったい!って景色と共に
DSCF6923 (500x375)

ローズバレー!
DSCF6927 (500x375)

こういう地形はココでしか見られない!
DSCF6929 (500x375)

結構ハードなトレッキングでした。
ご年配の方がちょっと可哀想…
DSCF6930 (500x375)

DSCF6940 (500x375)

「竹の子か!!」と、突っ込みたくなります
DSCF6937 (500x384)

落書きならぬ、落堀?
DSCF6946 (500x375)

カフェで一休み。
こんな所にカフェがあるんだ!笑
DSCF6948 (500x375)

違いが分かる女。
ダバダー ダーバ、ダバダー ダバダ~♪ (古い?笑)
DSCF6952 (500x397)

その後、絶好のサンセットが見れるポイントへ!
と、出発したら、雨が降ってきました…
DSCF6963 (500x375)
夕日が見れないので、皆で「ヤッホー!」って叫びまくって遊ぶ。
凄く反響します!


自然の力ってすごい!!
DSCF6962 (500x375)

感動します!
DSCF6957 (500x375)


夕日を見れずに下っていると、雲より下に太陽が落ち、オレンジの夕日が!
DSCF6967 (500x375)

ピッカーン!!
DSCF6972 (500x375)

赤く染まるローズバレー見れましたー!!
(カメラだと赤く写らない~)
DSCF6974 (500x375)
ちょうど下りきった所で。笑
なにこのタイミングの悪さ~

でも、少しでも見れて良かったです!!

明日もツアーに参加し、カッパドキアを満喫したいと思います!
どうか、晴れて下さい~(>а<)

[2012/05/26 05:36] | トルコ
トラックバック:(0) |
イスタンブールのアジア側へは船で!(橋もありますが)
DSCF6813 (500x375)

ヨーロッパ側よ、さらばじゃ!
(お店のトルコ人は、さらばじゃーって言ってきます)
DSCF6791 (500x375)

意外に都会でビックリしました!
DSCF6804 (500x375)

DSCF6806 (500x375)

ヨーロッパ側は、ウザイ限りなのですが、こっちは、日本語で話し掛けてくる人もいないし、すれ違いざま笑ってくれたりするだけ。
観光地じゃ無いので、普通のトルコの人の生活が見ることが出来ました。
平和だし、皆いい人だし、癒されました☆


ジモッティで賑わうレストランでケバブ食べました。
DSCF6799 (500x375)
美味しかった~!!


ホテルの掃除のおばちゃんと
DSCF6818 (500x375)
簡単な、日本語とトルコ語を教えあって交流。
このおばちゃん、めちゃめちゃノリが良くて楽しい人です。


夜行バスで、トルコ中央部にある、カッパドキアへ!!
DSCF6821 (500x375)

最新設備・快適バスが売りの大手バス会社だけど…
南米の本当に快適なバスを何度も経験している私達にとっては、辛く感じてしまいます。
夜中でも何度も休憩で止まって、その度に電気付くし。
まぁ、12時間くらいだから良しとしよう!

あっぱれ!南米のバス☆

[2012/05/26 04:17] | トルコ
トラックバック:(0) |
今日は、グランドバザール(屋根付き市場)をぶらぶら。

ここが入り口。
DSCF6754 (500x375)

意外にも、中心の大通りは広く、天井には液晶TVが付いていたりして綺麗。
宝石屋さんなどの高級店が多い感じです。
DSCF6756 (500x375)

しかし、細い道に入っていくとゴジャゴジャ感も味わえます。

DSCF6757 (500x375)

衣装屋さん
DSCF6761 (500x375)

ランプ屋さん
DSCF6764 (500x375)

やはり、こうゆう所は皆日本語で話し掛けてきてスゴイです…
でも、モロッコほどのウザさは無いかな。

ななみんに、「そういえば昔、バザールでゴザールなんてあったよね! 」って言った矢先、
トルコ人からの「バザールでゴザール~!!」
結構言ってる人いました。笑


お昼はケバブ!!
DSCF6763 (500x375)
ケバブは世界中で食べられるけど、トルコのケバブはパンが美味しいせいか、とても美味しい。


露店で見たことのないお菓子発見!!
DSCF6767 (500x375)
太いチュロスを、シロップ漬けにした感じ。
甘すぎるけど、意外に美味しい!!!
芋けんぴのような味!


チーズ屋さん
見た目は、木綿豆腐のようなチーズです。
DSCF6769 (500x375)

裂けるチーズ。
日本の裂けるチーズと同じ味。
DSCF6768 (500x435)


グランドバザールの近くにある、エジプシャバザール!!
売ってるものは殆ど一緒だけど、こちらは香辛料屋さんが多いです。
DSCF6771 (500x375)

DSCF6773 (500x375)


本日の夕食。
DSCF6782 (500x375)

私はトルコピザを注文。
香辛料が、中東の味がします。
DSCF6779 (500x375)

有名なトルココーヒー!
粉ごと煮出して上澄みを飲むコーヒーです。ドロッドロ!!
濃いので、眠れなくなるといけないので私は飲まず。
ななみんのを一口もらったのですが、濃いけど、美味しかったです。
ただ、舌触りが粉でザラザラする感じ。

飲み終わったら、ひっくり返えして
DSCF6783 (500x375)

この形で占いをするのが、トルココーヒー。
DSCF6787 (500x375)

店員のお兄さんに、ななみんを占ってもらいました。
DSCF6786 (500x375)

完全なる、イマジネーションの世界。
それを真剣に言ってるのが本当に面白かったです。
ただ、いい事を言ってくれたので悪い気はしませんでした★

[2012/05/24 05:00] | トルコ
トラックバック:(0) |


幸運がよってくる
トルコの照明はやっぱり綺麗な~(ちょっと欲しい 笑)
コーヒーカップで占いですか・・・店員は占いの勉強も仕込まれているとかかな?(笑)。


mihau
魅惑の中東に入ったねー♩
市場で売ってる物や食べ物、メチャそそられるゎ〜(;´Д`A

バザールでござーる。
外国人って、勉強熱心だよね。笑

Re: 幸運がよってくるさん
ナオコ
ランプめちゃめちゃ綺麗ですよね~!!普通の旅行で来たんだったら絶対に買ってますもん!!
この店員さんは、ただ彼の想像で言ってるだけです。笑


Re: miharu
ナオコ
魅惑の中東ですよー!!!

雰囲気も食べ物も売ってる物も最高!
中心街じゃない所の人達は皆いい人達だし。
こういう地域は、旅してる~って実感が湧くわ~!

コメント:を閉じる▲
<トルコ基本情報>

国旗

800px-Flag_of_Turkey_svg (400x267)
(由来については諸説有るので省略。赤色は700年間トルコ民族の旗として使用されており、星と三日月に関してはイスラムのシンボルといわれています)


場所

600px-Turkey_(orthographic_projection)_svg (500x500)

正式国名
トルコ共和国 Turkiye Cumhuriyeti(テュルキエ・ジュムフリエティ)

面積
約81万4758km2(日本の2倍強)

人口
約7058万6256人(2007年)

首都
アンカラ Ankara

民族構成
トルコ人、クルド人など

宗教
イスラム99%

公用語
トルコ語




トルコはまず、イスタンブールにやってきました。
東西文明の接点であるイスタンブールは、ボスポラス海峡によって アジア側とヨーロッパ側に分かれています。
観光客が主に訪れるのは、観光スポットの多い ヨーロッパ側。
主な都市機能もヨーロッパ側に集中しています。

私達が滞在するのもヨーロッパ側。
とは言え、やはり雰囲気はイスラム圏です!!
違うゾーンに突入したんだな~という実感。


イスタンブールを代表する二大寺院!!

アヤソフィア

ギリシャ正教の大本山として君臨しながらも、後にイスラム寺院に姿を変えた寺院。
ビザンツ建築の最高建築と評され、様々な宗教に利用されながらも、トルコの歴史を体現してきた建築物です。
DSCF6658 (500x375)

中にはモザイク画が残り、ビザンツ文化を象徴しています。
DSCF6666 (500x375)

DSCF6668 (500x375)


アヤソフィアには「マリアの手形」と言われている柱があります。
(別名:すすり泣く柱)
柱のくぼみに指を入れた時に、水で濡れたら、視力が良くなる・子宝に恵まれる・願いが叶うなどと言われています。
そして、くぼみに親指を入れて、あとの4本の指先を柱から離す事なくグルリと一周 円を描けたら願いが叶うとも言われています。
それ、TVで見たことあるー!!
という事で、やってみました。

まず、指は湿った気がする!
が しかし、一周は無理でした~
DSCF6674 (500x375)
(肘曲げていいなら出来ますが。)

2階へと続く通路。
DSCF6675 (500x375)

2階はギャラリーになっています。
DSCF6677 (500x375)

モザイク画のアップ写真等。
DSCF6679 (500x375)

アヤソフィアの周りに建つ4本の塔は、別々の時代に造られたため、デザインが違います。
DSCF6689 (500x375)


スタンアルフメット・ジャーミー(ジャーミー:イスラム寺院)
 ブルーモスクの名で親しまれている。

こちらは、皆さん見たことあるのではないでしょうか★

DSCF6692 (500x375)

いや~、予想通りの圧巻です!

足洗い場。
靴を脱いで上がるため、イスラム教徒建ちは 事前に足を清めるのかしら。
DSCF6698 (500x375)

DSCF6700 (500x375)

DSCF6706 (500x375)

こちらのドーム天井には260個もの窓があります。
青をを主体とした模様のため、ブルーモスクと呼ばれます。
DSCF6709 (500x375)

中庭からのショット
DSCF6711 (500x375)

あらま~、可愛いことー!!
見てください、この Yゾーン♪
DSCF6712 (500x401)


新市街やアジア側は海峡を挟んで。
DSCF6715 (500x375)


そして、トルコで一番楽しみにしていたと言っても過言ではない、あまり知られてないけど、有名な『さばサンド』!!
TVで見て以来、これを食べるのが本当に楽しみでした!!

こちらが、さばサンド屋さん。船の上でMakeします。
DSCF6726 (500x375)

波が高いと、船が信じられないほどブルンブルン揺れて、笑ってしまいました。
DSCF6716 (500x375)

何店舗か並んでいるのですが、どの店も大繁盛!!
DSCF6717 (500x375)

DSCF6718 (500x375)

これです!!サバが隠れて見えないけど。
DSCF6721 (500x375)
(トルコのバケットパンは世界一美味しいと聞いていたのですが、本当でした。中がふわふわモチモチ)

このレモン汁をかけて。
DSCF6725 (500x375)

いや~、本当に美味しかったぁー!!!
こりゃ、こんなに混んでるはずですよ!!!!


こちらも、名物のピクルス!!
DSCF6722 (500x375)
これは、まぁ普通でした。


モリタくん。
DSCF6719 (500x375)
同じ宿に泊まっていて、サバサンドの場所を聞いたら、連れて行ってくれました!!
彼は食べないのに、本当に道案内のためだけに来てくれて、また宿へ帰っていきました。
芸術家だけどスポーツマンの、こう見えて(失礼だけど)しっかりした青年です!!!
ありがとー!タモさん!!


至るところにジャーミーがあります。
この雰囲気が好きだな~★
DSCF6732 (500x366)

トルコに来たなら食べなくては!!
トルコアイス!
DSCF6739 (500x375)
よく見るのは、アイス屋さんが長いスティックでトルコアイスをお客さんに渡すときに、なかなか渡してくれない
パフォーマンスが見ものなのですが、このおじさんは普通にハイって渡してくれました。


バニラ・チョコ・ピスタッチオ味のトリプル!
伸びる~
噛むと、なんていうのか…お餅みたいな食感です!
DSCF6740 (500x375)

ななみんが買ったアイスやさんでは、例のパフォーマンスがあり、イライラするほどに渡してくれなかった。笑
DSCF6746 (500x375)



実は、日本からトルコで滞在するホテルで荷物を受け取る事になっていたのですが、
送ってもらった荷物が、どうやら入国審査?で止まってしまっているとの事。
宿の方の名前宛で送ったので、その方本人が取りに行かねばならず、一緒にいってくれました~。
原因は、少し荷物の申告金額が高かったようで、税金が発生した模様。
無事支払って、荷物を手に入れることが出来ました。
結構たらい回しにされて大変だったのですが、宿の方が全部やってくれました(;а;)!
とんだご迷惑を掛けしました~!!

こちらが、そのアイシェさん。
綺麗でしょ~
DSCF6657 (375x500)
嫌な顔ひとつせず、「私もこうゆう所来るの初めてだから、いい経験ですよ~」と言ってくれます。

アイシェさんは日本語が日本人並みに上手。
日本に住んだ事は無いのに!!頭がいいのだな。
アイシェさんは宿の隣りでやっている、旅行会社の方を担当しています。
アイシェさんは、こんな可愛い顔してるけど、とても強い女性です!!
タクシーの中で、熱く想いを語ってくれました。

基本トルコはいい国ですが、ここのような中心部では、日本人が騙されてしまう被害が日々減らず。
アイシェさん含め、宿の方一丸となって日本人を守るために、信じられないほどの情熱で戦ってくれています。
その為、アイシェさんは悪人たちから嫌がらせされたり、悪い噂を流されたり…
それでも、一人でも多くの人にいい気持ちで帰ってもらいたい!!
その想いで頑張ってくれているのです~!!

こちらの男性は、チェティさん。隣は日本人の奥様。
DSCF6752 (500x375)

奥様には、荷物の件で1ヶ月前くらいからメールでお世話になってました!!感謝!
チェティさんは日本で24年間住んでいたので、日本人以上に日本人。
彼も、日本人を守るために尽力して下さっています。
その情熱は本当にすごい!!

もう、日本人のためにここまでしてくれる人達がいるなんて感動してしまいます!!
そして、トルコで悪さしているのはトルコ人のみならず、彼らに協力している日本人もいるのです。
色々なお話を聞いて、同じ日本人として恥ずかしい。

具体的な事例を、また後程書き込んでいくので、皆さんも注意して頂きたいです。

ただ、いつも言うように悪い人はほんの一握りなので、その人達に気をつければ楽しく過ごせます!!
こんなにも頑張ってくれている彼らを悲しませないよう、私達も気をつけて過ごし、楽しい思い出のトルコになるようにしていきます★

[2012/05/23 04:13] | トルコ
トラックバック:(0) |
引きちぎられたチェーンと新しいお財布を、糸でグルグル巻きにして繋ぎました!!
ただの 「スリ」レベルには効果はあるかと。
DSCF6649 (500x375)
(ちなみにこのお財布は、ドイツでお世話になった方から頂いた物。この日の為に あの時授かったのか!人生、上手い事出来てるな。大切に使わせて頂きます!)


中東に入る前に、ヨーロッパ(モロッコも含め)で集めたコレクションのお披露目。

ピンバッチ
DSCF6645 (500x375)

マグネット
DSCF6647 (500x375)

南米のと合せると、結構集まったな~♪



バスを待つ間、ヨーロッパ最後の食事。

ギリシャパスタ
DSCF6651 (500x375)
(一瞬お米に見えるけど、食べると見事にパスタです。)

ギリシャ料理は美味しい!

そして、あんな事件はあったけど、一般市民はみんないい人!
ちょっと大好きな南米の人達に近いような感じ。
ホテルの人達も、バス会社の人達もいい人過ぎて感動してしまいます。
バス会社のおじちゃんに会えただけでも、私はギリシャに行った価値があったと思ってます!
ホテルチェックアウトしてから、バス会社のオフィスで4時間以上待たせてもらったのですが、その間、ずっと気に掛けてくれてました。
英語が通じないので会話はで出来ないのですが、笑顔で会話してました。
そして、お互い「うんうん」と言いながら、おじちゃんが肩をポンポンとやってくれて通じ合ってました。笑

バスに乗るときは、「お~、お別れだね~。会えて良かったよ、ありがとう!」という、表現オンリーの会話で、最後の最後まで、手を握りあってお別れしました。

私は思う!
笑顔は世界の共通語』だと!!!!

このおじちゃんを想像するなら、ショーン・ペーンをブラウンヘアーのギリシャ人にして、ニコニコした穏やかな感じのヤングフェイスな小さいおじちゃんです。

ギリシャ大好き!!
いつか治安が落ち着いたら、絶対にまた行きたいです!!


そして夜行バスに乗り、トルコへ!!

入国の瞬間。
DSCF6654 (500x375)

ヨーロッパよ、遂にさよなら!
素敵な出会いと、沢山の経験をありがとう~

[2012/05/23 04:04] | ギリシャ
トラックバック:(0) |
サントリーニ島を早朝に出発する時、ギリシャ初日に出会った世界一周仲間のご夫婦と再会(旦那さんとは会えなかったけど)!!
ご夫妻は今日島に着いたから 入れ違いだけど、一瞬でもまた会えた事が本当に嬉しい!

旅中の再会って、本当に感激します!!



そして、ギリシャ本土へ戻る船の中、一人のギリシャ人と出会いました。

ななみんは外の席に行き、私は室内でネットをしていると、ボーイさんのような人が私の所に来て、ホイップクリームがてんこ盛りに乗ったチョコレートドリンクを差し出してきました。

「え?なんですか?」キョトンとしていると。

「この方からです。貴方とお話したいそうですよ!」といって、一人の青年を紹介してきました。

まぁ、なんと~  
眉間にシワ寄せて、頬杖つきながら背中丸めて、真剣に検索をしている姿を見て、良くもそんな風に思ったもんだわ~  
お目が高い!!  
なんて。笑

色々話してから、途中で年齢を聞かれ、29歳と答えると、またいつものパターン。
オーマイガー!!21歳くらいだと思ってたー!!アンビリーバボー!!(めっちゃ笑ってる)
オー、ミステイクした~とか冗談で言ってた。(いや、本気か)
その後も、信じられないな~って話題が何度も出される。

はいはい、結構 歳とっててゴメンねゴメンね~!(U字工事風。ちなみに栃木県民は別にあ~言わないです)

家族の写真を見せた時、母の事を姉と間違ってました。そんだけ、アジア人は童顔なんですか~笑

ちなみに彼は20歳、大学生。とてもイイ青年です!!

日本のアニメが大好きなんですって。
 ※そう、外人で仲良くなった人は皆言います。日本のアニメが好きだと。
  特に、断突1位は『ワンピース』、2位『ナルト』。


ご馳走様でした~☆
DSCF6634 (500x375)
(ギリシャ人は髭がめっちゃ濃い人が多い)

その後もずっと話してて、結局 私達が到着後に行く、トルコ行きの長距離バス会社がある駅の手前まで一緒に行ってくれる事に。


そして、ここからが事件!!
トーマスが悪い人だった!という訳では無く~、

私達が電車に乗り込んだ瞬間、一緒に乗ってきた男性が、ななみんのバックパックを親切そうに笑顔で持ってあげるよって感じで、持って乗り込んだ途端、バックを顔の位置くらいまで持ち上げて、外に出そうとしている?(4人がかり)。
え、何?何?何ー!?
グイグイ押されて私達も電車から降ろされる勢いで、盗られてなるものかと必死で抵抗!!
ようやく間逃れて、トーマスと電車の奥の方に行って
「いや~、ビックリしたね~」
なんて話してて、しばらくしてから、
あれ?!私のショルダーバックのチャック開いてる!?
中を見ると、お財布が無くなってました…
ちゃんとチェーンも付いていたのに、引きちぎられていたー!!
なんと、バックパックの方は おとりだったのです~。
本気でバックパックを盗もうと思ったら、何が何でも力ずくで奪って行くだろうし。
確かに、変な感じだったもんなぁ。
私達の気をそらしてたんだ。
チェーン引きちぎられても気づかない程にかなり必死でした。(4人がかりだもん…)

中身はユースホステルの会員証と現金5000円分くらいしか入ってなかったからいいけど、それよりも あのお財布は、誕生日プレゼントに 世界一周用として、姉から買ってもらった物だったので、それがショック…
こんちきしょー(;д;)

間逃れた後も、しばらくその人達は電車に乗ってて、発車前に降りていったのですが、普通盗ったらその場から立ち去るでしょ…
(お財布が無いのに気づいたのは降りた後)
その後も普通にして、次のターゲート狙ってるとことか 更に怖いし~!!!

(たった今、発覚したのですが、ななみんもウォークマンを盗られたかも!「かも」というのは、ひょっとしたらホテルに忘れた可能性もあるらしい。笑)


被害には遭ったけど、またもや危害は加えられなくて良かったです!!
ななみんと、無事に日本まで帰ろう!!
と、本日 また心に誓い直しました。


そして、バス会社まで行くと、今日はトルコ行きのバスは出てないとの事で…
結局アテネで一泊することになってしまいました。
アテネにいるけど、観光はせず。
命が大事!!笑
パルテノン神殿は今修復中らしいし。
でも、ギリシャは面白いので、また将来 来まーす!!


バス会社の人に周辺のホテルを聞いたら電話を掛けてくれて、迎えにきてくれました。
しかし、その車がなんと2人乗りのミニカー!!

え~!!なにそれー!笑

トランクも閉まらず、開いたまま走行。
上に積んであるだけのリュックが落ちそうなので、抑えながら。
助手席に2人で座る。ななみんは、私の股座に。
何これ~?笑

面白すぎて少し元気になりました。
DSCF6642 (500x375)


遂に明日は、夜行バスでトルコへー!!

さらばヨーロッパ~
そういえば、ヨーロッパはこんなに周ったけど、EU連合のおかげで陸路での国境超えの際は、パスポート提示の必要がありません。
それは、同時にスタンプを押されない事を意味する…
モロッコ以来、一つも押されていません。

世界一周って、スタンプが貯まっていくのが 一つの楽しみだったりするので、残念でなりませぬ~


何はともあれ、あと2ヶ月、無事に過ごして、一番楽しみな中東・アジアの旅を楽しみたいと思います!!!

[2012/05/21 05:13] | ギリシャ
トラックバック:(0) |
島のホテルは、本当にかわいい。
DSCF6458 (500x375)

ここで朝食を頂ました。
DSCF6463 (500x375)

DSCF6465 (500x375)

この猫(野良ちゃん)、油断すると部屋に入ってきちゃう。
DSCF6467 (500x375)
もぉ~悪い子たん☆

この島は、とても猫が多い。いや、犬も多い。

宿近くにある、可愛い風車♪
DSCF6471 (500x375)


まずは島の南の方へ。

サントリーニ島は、かつて大爆発を起こした火山が形成したカルデラ地形です。
DSCF6484 (500x375)


大噴火が産んだ自然の産物。
レッドビーチ。
DSCF6494 (500x375)

その名の通り、赤いビーチ。
DSCF6498 (500x375)

わ~、溶岩が固まったんだね!と思う岩。
DSCF6501 (500x375)

美しいと有名で、シーズンには沢山の海水浴客で賑わうそう。
でも、私の目には不気味に映りました。笑



島の真ん中に位置するフィラという街へ移動。

サントリーニ名物、断崖の上に 白壁の家々が密集する景観を眺めながらの昼食。
DSCF6504 (500x375)

ギリシャ風サンドウィッチ
DSCF6513 (500x375)

サントリーニ島 名物のロバタクシー。
DSCF6527 (500x383)

只今、皆で移動中。えっさこら階段を登ってきます。
DSCF6530 (500x375)

ちょっと、悲しげに見えるのは気のせい(^^;)?
DSCF6531 (500x375)


街の景色
DSCF6537 (500x375)

DSCF6544 (500x375) (2)

DSCF6562 (500x375)

DSCF6563 (500x375)

DSCF6569 (500x375)

DSCF6571 (500x414)

DSCF6565 (500x370)

有名なこの角度からの景色。
DSCF6549 (500x389)



島の北に位置する街、イア。
ここがサントリーニで一番人気の街です。
DSCF6576 (500x375)

DSCF6578 (500x386)

DSCF6585 (500x372)

DSCF6592 (500x375)

DSCF6593 (500x410)

DSCF6600 (500x375)

DSCF6602 (500x375)

DSCF6604 (500x388)

この島の犬達は、皆のほほんとしています☆
DSCF6597 (500x375)

サントリーニとうは、とーても教会が多し!!
DSCF6599 (500x410)


まるで、私の大好きな映画『マンマミーア』の世界でした。
(映画2回見に行って、DVDも買って、サントラも持ってる)
マンマミーアの設定は、ギリシャの孤島(架空の島)で、実際の撮影場所となった島は違う島なのですが、ココもやはり雰囲気はマンマミーア。

あぁ、猛烈にマンマミーアが見たい!!同じくマンマミーア大好きな友人プリンセスちゃん、変わりにマンマミーア見て盛り上がっといて~♪


そして、なんといってもイアは、綺麗なSun setが見れる事で有名!!
DSCF6618 (500x358)

DSCF6625 - Copy - Copy (500x400)

DSCF6628 (500x375)

DSCF6630 (500x398)

サントリーニ島からエーゲ海に沈む夕日を眺める。
なんて極上のひととき♪


そして、今日 自由行動時間に出会った、同じく世界一周中の女の子。
178928_290866821005457_100002464233920_620625_790660949_n (500x375)

話をしていると、なんと、今まで似たような経路を旅してきた~!!
しかも同じような時期に!
ウユニもイースター島も同じような時期だし、日にちは違うだろうけど、同じホテルにも泊まった事がある。
フェイスブックでも共通の旅仲間がいました。笑
やはり世間は狭い!!

懐かしい国の話に花が咲きました。
彼女の方が 先に帰国なので、この先の旅であう事はないだろうけど、遂に出会うべくして出会ったという出会いでした☆


[2012/05/21 03:17] | ギリシャ
トラックバック:(0) |
遂にイタリアを旅立つ日。

ソレントから、ギリシャへの船が出ている港街、バーリーまで電車で移動!(これが、乗り継ぎに時間が掛かった~!!一日がかりでした。)
この船で、ヨーロッパ最終国のギリシャへ向かいます!!(夜行船)
DSCF6397 (500x375)

電車が到着したのが、そもそもチェックインしなきゃいけない時間を1時間過ぎていたので、大急ぎで船に乗り込み、イタリアにお別れを告げる間もありませんでした~(;_;)
しかし、悪天候のため4時間も出発が遅れた~!夜中の0時。
という事で到着も遅れた~!
ギリシャ上陸は既に夕方。
ギリシャに来た目的は、サントリーに島ですが、この日は本土に1泊。

そして、予約してるホテルの街まで向かう際に、また素敵な出会いがありました。

同じく世界一周をしているご夫婦!!!(私の左右)
DSCF6410 (500x383)
二人とも本当に感じのいい方達なんです~!!手前にいるのは、中国の子♪
出会いは旅の醍醐味ですね☆

ちなみに、この写真を撮ってくれたのは同じ車両に乗ってたギリシャ人男性3人組。やたら絡んできて、すごく陽気。(2人は若い兄ちゃん。その片方の人はほとんど歯が無くて、ワラみたいな草を常にくわえていて、喋り方もおかしい。ラリってる?って思うくらい。でも、この人が一番いい人だった。)

ちょっと変な人達に捕まったかな…と思っけど、最後までいい人のままでした!!笑
ご夫婦達は私達より前の駅で降りたのですが、それも何故か見送ってくれるし、ここで乗り換えるんだとか教えてくれたり、乗り降りする時に荷物手伝ってくれたり(ちょっと荷物心配だったけど)、なんだかんだ親切にしてくれました。

今、ギリシャは危ないという事で、けっこう警戒してます。(なのでアテネには寄りません)
確かに、電車は今まで見たどの電車よりも落書きだらけで、中も薄暗い。街の中もリオデジャネイロの危ない地区並みに落書きだらけ。治安悪い匂いがプンプンしました。

しかし、幸いにも出会った人達は皆いい人達で、しかも何故かギリシャってすべてが面白い!!
いつかまた、ゆっくりギリシャ本土に来てみたいと思いました。


翌日、本土からこの船でサントリーニ島へ
DSCF6415 (500x375)

着いてみたらこんな崖だらけ
DSCF6411 (500x375)

DSCF6414 (500x375)
あれ、サントリーニ島って、こんな??


私達が泊まる宿のお部屋!!
DSCF6421 (500x375)
この貧乏旅行で、こんなの初めて~☆

立派な白鳥さんですよ!
DSCF6428 (500x375)

こんなのしてくれるのに、安いんです。
基本的に、サントリーニ島は物価が安い!!(意外!!)


ここで夕食。
DSCF6448 (500x375)

内装も凝っていて、素敵なお店です。
DSCF6434 (500x375)

DSCF6437 (500x375)

それよりも何よりも一番なのは、このお兄さん!
DSCF6440 (500x375)
本当にいい人~!!

てゆーか、島の人、みんないい人~(涙)!!


私が食べたのは、サントリーニ島パスタ。
DSCF6441 (500x375)
めちゃめちゃ味の薄い、にんにくナポリタンって感じです。上には青ねぎ?
オリーブオイルと塩コショウで調節したら、美味しくなりました!笑


そして、なんと~!!コチラはお店からのサービス!!!!

島のヨーグルト。(何かの果物の甘露煮と蜂蜜がのってます)
DSCF6444 (500x375)
ヨーグルトとチーズの中間の味!濃厚で美味しい☆

何とかっていうお酒。
DSCF6445 (500x375)
これは、スイスのあやさん宅で頂いた、水を混ぜると白く濁るあのお酒と同じものだ!!
また飲めるとは!感激!!

今までのレストランの中で、一番心温まる接客・サービスをして頂きました♪


<おまけ>
桜チョコレートかと思って、珍しいので買ってみたら、ただのアーモンドチョコでした。
なぜ桜の絵??もしかして、これってアーモンドの花?笑
DSCF6449 (500x375)
そして、読めそうで読めない ギリシャ文字。


今日は、天気が悪かったので、島の様子は明日アップしたいと思います!!
明日は晴れてくれ~!!!





<ギリシャ基本情報>

国旗

600px-Flag_of_Greece_svg (400x267)

元軍旗。9本の縞はギリシャ独立戦争時の鬨の声である「自由か死か」の9音節を表す。また青十字は、1821年にトルコからの独立を求めた反乱の際、パトラの府主教ゲルマノスが白地に青十字を掲げたことに由来する。

場所

721px-Location_Greece_EU_Europe (500x416)

正式国名
ギリシア共和国 Hellenic Republic(Greece)

面積
13万1957km2(日本の約3分の1強。北海道と九州を足したぐらい)

人口
総人口は約1113万人(2007年)。人口の3分の1弱がアテネの首都圏に集中している。

首都
アテネ Athens

民族構成
ギリシア人97%、トルコ人1%、そのほか2%

宗教
ギリシア正教

公用語
ギリシャ語

[2012/05/18 17:09] | ギリシャ
トラックバック:(0) |

ついに!
mihau
長かったヨーロッパ偏も終わるんだね(=^ェ^=)
青の洞窟は見られなくて残念だったろうけど、また来る楽しみが出来たね♩

あと、、、
アマルフィは、絶対日本人みんな間違って『アマルフィ』ってバス停に行っちゃうと思った!!
映画のイメージ強すぎるもん!!

Re: miharu
ナオコ
でしょ~!!行っちゃうよ~
でも、ちゃんとポジターノで降りたって旅仲間もいた…笑

ついにヨーロッパも終わるよ~!!
中東・アジア超楽しみ☆

コメント:を閉じる▲
遂に今日は、青の洞窟を見にカプリ島へ!
入り口が非常に小さいため、少しでも波が荒いと入れません。
ちなみに前日は波が荒く、入れなかったとの事。
一応、今日は波も穏やかな感じで、カプリ島までの船は出てるけど、果たして青の洞窟には入れるのでしょうか。

どうか、お願いします!!
DSCF6175 (500x375)

この船でカプリ島へ向かいます。一応、カプリ島ツアー!
DSCF6181 (500x375)

お、見えてきた!!
これがカプリ島。
DSCF6191 (500x373)

DSCF6198 (500x375)

こんな断崖絶壁
DSCF6209 (500x375)

そして、島を周り初めて 少ししてから、何でもない所で船が停まりました。
あまり気にせず待っていたら、おじさんに あっさり「今日は波が荒くて 入ることは出来ないんだよ~」って言われました。
え!?てゆーか、ココ青の洞窟なの??
(通常、青の洞窟まで、この様な船で行くか、島内から徒歩で行き、洞窟の前で小さい小船に乗り換えて入ります。朝の方が波が穏やかなので、観光客は朝に集中し、何隻もの船が洞窟の前で順番待ちをします。船の上で何時間も待つ場合もあるそう。)

洞窟の前には、沢山船が集まっているものだと思っていたので、ここが青の洞窟だと気づきませんでした。
そっか、今日は入れないから誰も居なかったんだ…
誰も居ない洞窟前は非常に寂しげでした。笑
DSCF6222 (500x375)

入り口はこんなに小さい。
DSCF6216 (500x387)

だから少し波があると、更に小さくなる。
DSCF6220 (500x375)

何の前触れも無く、カナリあっさり言われたので、残念は残念だったけど、ショックは大きくなくて済みました。(残念ですけどね!)

青の洞窟をご存知ない方のために
コレ

800px-Blue_Grotto_Capri_Inside (400x300)
(Wikipediaより引用)


あっさりと、青の洞窟を後にし、再び島を観賞。
DSCF6228 (500x375)

小さな洞窟は意外にいっぱいある。
DSCF6213 (500x375)

DSCF6234 (500x375)


続いては『緑の洞窟』に連れて行ってくれました。
緑の洞窟の存在って知ってましたか?私は知りませんでした。

DSCF6256 (500x375)

DSCF6242 (500x375)

DSCF6249 (500x375)

ん~、青のような…?
いや、エメラルドグリーン!!そして、確かに綺麗でした!!
しかし、これは洞窟か?という疑問を残しつつ、緑の洞窟も後にする。


その後、島に上陸!!カプリ島の海は基本青い!!どこも綺麗です☆
DSCF6263 (500x375)

曇っていたし、風が冷たかったので、私はフリースとダウンとホッカイロまで貼っていたのですが、島では海水浴している人が!
DSCF6278 (500x375)
外人のおばちゃん強し!!

中心地からは絶景が見られます。(まるでアマルフィ!?)
DSCF6285 (500x375)

青の洞窟に入れなかったため、自由時間が約6時間もあります。
そんなにすること無い…
とりあえず、街を散策。

意外だったのは、カプリ島はブランドショップだらけ。
ヴィトン・プラダ・D&G etc…
DSCF6290 (500x375)

カプリ島でブランドなんて買う?と、思ったけど、確かにセレブ達が来る島だし、そういう人が買っていくんだろな。
カプリ島って、もっと素朴なイメージでした。


青の洞窟は入れなかった代わりに、美味しいピザを食べて満たされましょうよ!!という事で、美味しそうなお店を探す!!
イタリアでピザを食べれるのは今日で最後。絶対に美味しいピザを食べて終わりたい!!必死です。笑

おぉ!美味しそうな看板発見!(絵だけど。笑)
DSCF6291 (401x500)

そして、やたら有名人の写真が貼ってある。
DSCF6295 (500x375)
マライヤ、ニコラス・ケージ、ナオミ・キャンベル、ヴォン・ジョヴィ…

少し高めだけど、マライヤを信じて入ってみました!!

中にもこんなに沢山写真が。どんだけ~!!(中には、もっとあります)
DSCF6296 (500x375)

これで美味しくなかったら超ブーイング!笑

そしてやってきたピザは!
DSCF6299 (500x375)
四角かったー!!笑

でも手作り感があっていいです。
お味は…
DSCF6301 (500x375)

うん、美味しい!生地もモチモチだし!
やっぱ、ナポリピザが好きだな~(^з^)
でも、やっぱりナポリで一番最初に食べた地元ピザが一番美味しかった~!!
もう一度食べたい~!!

誰か、日本で美味しいナポリピザを食べれるお店を紹介して下さい!

そして、イタリア最後という事で、もう一つ食べておかなければいけない物が!
それは、ジェラート!
DSCF6305 (500x375)

最後の思い出に、ジェラートを食べるのだー!!
DSCF6306 (500x375)

絶景を眺めながら食べたジェラートはそれはそれは美味しかった。
しかし、散策していると、とても美味しそうなジェラート屋さんを発見!
DSCF6314 (500x375)

なんと、ワッフルコーンは手作りです!!
DSCF6317 (500x375)

ひゃー!さっきので最後のはずだったけど、もう一つ食べちゃいました。
DSCF6312 (500x375)

なんと、超美味しい!!食べ終わってから知ったのですが、ここは古くからある老舗で、ガイドブック等にも紹介されているようなお店らしいです。
普段、あまりアイスを食べないので、ちょっと許容範囲超えました(^_^;)
(ちなみに、無類のアイス好きであるナナミンは、3つ食べました。す、すごい!!)
あ~思い残すことないな~!(本当はもっと食べたい。笑)

いつの間にやら天気も良くなり、景色がより一層綺麗に見えるように。
DSCF6320 (500x375)

DSCF6331 (500x375)

民家の庭
DSCF6310 (500x375)

香水屋さんの花
DSCF6318 (500x375)

DSCF6322 (500x375)

DSCF6335 (500x375)

DSCF6323 (500x375)

この島のタクシーはオープンカー!!
DSCF6337 (500x375)

海も到着した時よりも、綺麗にみえます。
DSCF6345 (500x375)

DSCF6346 (500x375)

DSCF6362 (500x375)

DSCF6365 (500x375)

こんなに透明
DSCF6348 (500x375)

この海を眺めながら、少しのんびり過ごし、精神が休まりました~☆
帰りは、来た時とは反対側を半周。

トラガラ岬。
DSCF6371 (500x375)

そして、ファラリオーニの奇岩。
DSCF6374 (500x375)

この下を潜ります。こうゆう事してくれるのがツアーっぽくて楽しい。
DSCF6377 (500x375)

海が綺麗なポイント
DSCF6382 (500x375)

そして、最後に『白の洞窟!』
DSCF6391 (500x375)
って、岩が白いだけじゃん。ビックリしたわ~

地図で白の洞窟ってのを発見した時から気になっていました。
白の洞窟って一体どんなだろう??と、TV等で見たことが有る青の洞窟より、ある意味興味がありました。
こうやって、とって付けちゃうようなとこ、イタリア人ぽいな。笑


綺麗な海を眺めながら、またソレントへ戻り、カプリ島ツアーは終了しました。
青の洞窟は見れなかったけど、島の美しい景色を色々見れたし、美味しいもの食べれたので、大満足でした!

イタリアには結局 12日間 滞在しました。結構長いな。
私は、いずれ また南イタリアに来たいと思いました。シチリア島の方にも行ってみたいし!!
治安が悪いと、聞いていたわりには、危ない目にも一切合わずに過ごせたことに感謝!!
次はギリシャ。ヨーロッパ最後の国です。


[2012/05/16 02:45] | イタリア
トラックバック:(0) |


ひろ子
恵比寿に、ナポリピザあるよ~!
いこう!!

ヨーロッパついに終わっちゃったね!
後半戦、楽しみ!!

Re: ひろ
ナオコ
まじで~♪
行こぜー!!!!

遂にヨーロッパ終わりましたよ!
ヨーロッパはひもも行った所ばかりだったろうから、
中東・アジア編 楽しんでね!


投資の勉強
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

すてきー
まゆ
綺麗ですね

いま 今年行こっかなーて 検討中で。
いままで 個人旅行9割 パック1割って感じですが
南イタリア シチリアツアーで考えてました。
ツアーは、一か所にいる時間がちょこっとなのが 
残念だけど、効率よく 見どころいくのは 
楽ではあり・・・
でもぅ
この写真 見たら 個人で 行きたくなりました。

Re: まゆさん
ナオコ
コメントありがとうございました!!
カプリ島めっちゃ良かったですよ!青の洞窟には入れなかったけど。
ツアーも楽だしいいですよね!私もこれ現地ツアーですし☆
楽しんできてくださーい!

コメント:を閉じる▲
今日は、ソレント半島でも私達の泊まるキャンプ場と反対側にある、アマルフィ海岸へ!!

アマルフィと聞くと、もう頭の中は織田裕二でいっぱいになってしまいますが、あの映画は見たことありません。
よくTV等で見る、あの景色を見るべく!そして、アマルフィにあるジロー・ラモおススメ第1位のレストランへ行くべく!いざ、出陣!!

昨夜から天気は大荒れで、朝方から雨が降ったのですが、出かける頃には雨も止んで晴れ間が。
キャンプ場から、アマルフィ行きのバスが出てる駅まで行くため、駅行きのバスに乗ったのですが、なんと降りそびれてしまった…(駅前まで行かず、駅付近までしか行かなかったので降りる所が分からなかった。ちなみに、海外のバスは、車内に次の停留所の名前が表示されない場合が多い。)
なにやら遠くの終点まで行ってしまい、また戻ったりしているうちに時間が過ぎてしまいました。
大体のレストランは15日以降閉まる事が多いので、少し心配。

無事、ソレント駅まで戻り、アマルフィ行きのバスへ。
バスは、超満員!!ギュウギュウの立ち乗りです。

ですが、アマルフィの道はクネクネ!!
DSCF6077 (500x375)

DSCF6076 (500x375)
踏ん張りまくったので、全身の筋肉をめちゃめちゃ使いました。

そして、こんなに道が狭い!!ぶつかりそうで何度もヒヤヒヤしました。
DSCF6074 (500x375)
クネクネすぎる上に細いので、カーブを曲がる直前でクラクションを鳴らして合図します。
なので、アマルフィの道路はクラクションの音が響きまくってます。

しかも、ずっと断崖絶壁を走る。
DSCF6125 (500x375)

DSCF6130 (500x375)

DSCF6131 (500x375)

これ、運転手さんは神経使うだろうな~。

途中、結構な人数の人が降りた所があり、私達も便乗して降りてみました。
そこで、日本語の喋れる韓国の女の子に帰りのバスの時間を尋ねられて、その子に、何処にいけば例のアマルフィの景色は見られるの?と聞いたところ、ここはアマルフィじゃないですよ『ポジターノ』です!アマルフィはもっと先だと言われて、急いでバスに戻る!!
あ~危なかった!でも、皆降りるって事はここも何か見所があるんだろうね!なんて言いながら先へ進む。
そして、そのうち雨がザーザー降り始め、超寒い(*д*)
げ~。

そして、終点のアマルフィに到着。
え!!アマルフィって、ここ?
思わずそう言ってしまいました!笑
崖から見下ろすあの景色は何処??
ここって、崖下だし、例え登ってもあの景色じゃない…

しかし時は既に15時を過ぎ、雨降ってる、寒い、お腹空いた…
ジロー・ラモおススメ第1位のレストランの場所を聞いてみたら、遠い崖の方指差してる~(>_<)
もぉ、いいよね…という事で、その辺のレストランを探す。
15時以降もやっている、観光用のレストラン。
見た目は美味しそう!!

そして、なんと!!私、ピザとラザニアの2つを頼んでしまいました!!
DSCF6090 (500x375)
だって、まだラザニア食べてなかったんだもん。でもピザも食べたかったんだもん。
2つも食べれるかな~なんていう心配をよそに、ラザニア小っさー!!笑

お味は、ラザニアは美味しかったです!!
しかし、ピザはインスタント ピザかっ!!という感じでした。
たぶん、生地は手作りではないし、石窯で焼いたものでもない。
残念すぎる~(>_<)


その後、街で見つけた日本人に、例の景色はどこで見られるかそれを尋ねたところ、ポジターノですよ。と教えて頂きました。
何~!!それって、私達が一回降りちゃったところじゃん!!
やってもうた。。。
てっきり、アマルフィで降りれば、あの景色なんだと思ってた~

もう時間も時間だし、帰り道にバスの中から景色を見よう。
と、割り切って、アマルフィーの街を少々見学。

街は、とても観光業一色
DSCF6094 (500x375)

チクビーム噴水
DSCF6095 (500x375)

教会
DSCF6092 (500x375)


ビーチは、結構綺麗☆
ここからの眺めもいいものだ!!!!
DSCF6110 (500x375)

DSCF6113 (500x375)

DSCF6112 (500x375)


水も透き通ってる。
DSCF6116 (500x375)


帰りのバスは何とか、座ることができ、例のアマルフィの景色を撮ることが出来ました。
車内からの景色ですが。
DSCF6141 (500x376)

DSCF6148 (500x366)

DSCF6155 (500x375)

DSCF6157 (500x348)

DSCF6172 (500x364)

天気が良かったら最高だったんだけどな~
ま、一応あの景色が見れたということで良しとしよう!!

しっかし、寒い一日だった(涙)

[2012/05/16 02:44] | イタリア
トラックバック:(0) |
今日は、ナポリの中心地から電車で約30分のところにある、ポンペイ遺跡へ行きました!
最初、ポンペイに行く予定は無かったのですが、スイスで泊めて頂いたアヤさんに「ポンペイは行くの?」と聞かれて、そこで初めて「そういえばポンペイ遺跡ってイタリアじゃん!?」という事を思い出しました。
ここまで来たなら、ポンペイ遺跡は見なきゃでしょー!!

ポンペイ遺跡とは
古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡です。(世界遺産)
西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続けました。
翌25日の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まってしまったのです。そして、火山灰はその後も降り続きました。

その後、約1900年の時を経て本格的な発掘が始まり、現在は主要部分であった一部が『ポンペイ遺跡』として、有料で公開されています。

ポンペイについては、確か、高校の英語の教科書の題材になっていて、習った気がする。(岡野先生そうですよね??)

ポンペイ遺跡はとにかく広い!!
地図も持たずに入ってしまった私達は、遺跡自体には関心はするものの、その建物が何であったのか等々、何が何やらさっぱり分からず…(-д-;)

見学している時は全然分かっていなかったのですが、後に調べた情報を交えてご紹介します!

発掘によって現れたポンペイの町は、整然と区画され、住居はもちろん、劇場や公衆浴場、下水道まで完備されていました。壁画やモザイク画、市民が記した落書きなどが当時のまま残され、ローマ帝国の市民たちの贅沢で、享楽的な暮らしぶりを鮮やかに物語っています


DSCF5929 (500x375)

DSCF5930 (500x375)

DSCF5932 (500x375)

DSCF5934 (500x375)

DSCF5935 (500x375)

DSCF5944 (500x375)

DSCF5955 (500x375)

DSCF5956 (500x375)

DSCF5959 (500x375)

DSCF5961 (500x375)

DSCF5979 (500x375)

DSCF5985 (500x375)

DSCF6026 (500x368)

DSCF6027 (500x375)

街の至る所に水道がある。
(蛇口のみ現代の物)
DSCF5940 (500x375)

綺麗に整備された道路。
DSCF6021 (500x375)

ポンペイは、道路の整備が綺麗に出来ていました。
昔、車道部分には水が流れていたらしく、馬車がその中を走っていたそうです。歩行者は左右の歩道を通るよう分けられています。
しかも、車道を横切るための渡り石まであります。
写真がないのですが、交差点のようなポイントには3つの大きな丸い石が歩道を結びます。橋のような形では無く、3つの石だったのは、石と石の間を馬車の車輪が通れるように。
これは、見学している時の私達の推測が当たりました!
なんで、こんなに歩道が高いのか?この渡り石は何か?
「この歩道の高さと、渡り石があるって事は、きっと水が流れてたんじゃない??」
「それで、この隙間は馬車の車輪の通り道かな?」
なんて話していました。

そして、パン屋さん、居酒屋、風俗店等、現代と変わらないような生活がココにはありました。


競技場?
DSCF5980 (500x375)

オペラ場
今でも、たまにオペラコンサートが行われるとか。
DSCF6006 (500x375)

居酒屋さんのカウンターだったそうです。
丸い部分にはワインの入ったツボが入っていたそうです。
DSCF5970 (500x375)

床に残されたモザイク画
DSCF5939 (500x375)

ピザ屋さんの釜戸
DSCF5994 (500x375)

壷も、見事な形のまま残ってます。
DSCF5975 (500x375)

何かを擦るスリ鉢
DSCF5976 (500x375)

現在、発掘?修復している場所も。
DSCF5971 (500x375)


数々の像
DSCF5984 (500x375)

DSCF5962 (500x405)


フレスコ画の数々
(フレスコ画とは…まず壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「フレスコ(新鮮)」である状態で、つまり生乾きの間に水または石灰水で溶いた顔料で描く画法でを用いた壁画。)
DSCF6016 (377x500)

DSCF5946 (500x375)

DSCF5945 (500x375)

DSCF5965 (500x374)

DSCF5966 (500x375)

DSCF6011 (500x375)

フレスコ画に触ってみました。ツルツル!!
DSCF5967 (500x397)


逃げ遅れた人々は吹きつけた高熱のガスで窒息死し、その上に灰が降り積もり、硬く固まりました。発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていました。考古学者たちはここに石膏を流し込み、死の瞬間を再現したのです。
子供を覆い隠す母親、家の中で身を寄せ合う家族、飼われていた犬がもだえ苦しむ様子も生々しく再現されました。
石膏の人型は、一瞬にして平和な日々を奪われたポンペイ市民の悲劇を伝えています。

私達は、そのTV等でよく見る、父親が家族を守りながら亡くなった型や、犬のものを探してみたのですが、見つけることは出来ませんでした。
しかし、他にも人型は沢山ありました。
((これらは、特別に展示室を設けている訳ではなく、普通に遺跡の家の中に展示してあります。)
DSCF5950 (500x375)

DSCF5951 (500x375)

DSCF6034 (500x375)

なんと、この人型、石膏の中に骨が入っています。
もはや、本当のご遺体です。
見ているのも辛い。
DSCF6030 (500x375)

DSCF6037 (500x375)

骨のみの展示
DSCF6018 (500x383)

そして、発掘された物が収納されているような物置き場のような所にも。
DSCF6041 (500x375)

DSCF6042 (500x375)

DSCF6044 (500x375)

DSCF6043 - Copy (377x500)

こんな所に、置いておくってどうなのでしょうか…と思ってしまいました。
仮にもご遺体と考えると、もう少し保管の仕方があるのではと。


とても悲しい物だから、本当は見たくないけど、いつ何時、何があってこの人生が終わるか分からないという事を肝に命じるために、真剣に見ました!!
いつ死んでも悔いの残らぬように、一瞬一瞬を大切に生きるんだ!!という事。そして、自分に限らず、大切な人がいつ亡くなるかも分からないのだから、大切にしよう。そしていつも感謝の気持ちを伝えよう!と胸に刻みました。



そして、これが かの有名な犬でございます!!
DSCF6013 (500x340)
って!!笑

ポンペイ遺跡には野良ちゃんが多く、室内にもこうやっているのです。
DSCF6010 (500x375)


いや~しかし、こういう遺跡はツアーで行くか、もしくは音声ガイドだけでも付けた方がいいですね(英語しか無かったけど)。
せっかく行ったのに、ちょっと勿体無い事をしてしまいました。
特にポンペイは分かりずらいので、今後行く予定がある方は、是非そうして下さい!!!

ポンペイからさらに20分くらい電車に揺られ、ソレントへ到着!!
ソレントといえば、『帰れ、ソレントへ』の名曲しか思い浮かびませんが、景色がとにかく綺麗!!
南イタリアは、本当にレモンの木が沢山!!人々も明るくて、イメージ通りです。
ただし、南に行けば行くほど治安が悪いそうなので、浮かれちゃいられない。
ここに来た目的は、2つ!!
『アマルフィー海岸』を見る!!そして、カプリ島の『青の洞窟』に行く!
しかし、青の洞窟の入り口は極小のため、少しでも波が高いと入れないとの事。明日は天気が悪くて海が荒れるらしい×。滞在はあと2日なので、明後日入れなかったら終了です(>а<)
どうか見れますように!!!

そして、ソレントは宿代が高いため、今回の宿はキャンプ場!!
このバンガローに泊まっています!!
DSCF6049 (500x375)

これが、結構いいんですよ~
DSCF6057 (500x375)

なんたって、眺めがサイコーだし!
今まで我慢してた夜景も、ここならバルコニーから見られる☆
DSCF6061 (500x375)


この旅でキャンプ場に泊まることがあるとは思ってなかったな!笑

[2012/05/14 17:06] | イタリア
トラックバック:(0) |


初心者の投資
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


-
私は今、高校でこの範囲をやっているので、とても勉強になりました‼‼
ありがとうございます!('◇')ゞ
私もいつか世界放浪の旅に出てみたいです(*'▽')
また記事を見に来ます!( *´艸`)

Re: タイトルなし
ナオコ
コメントありがとうございます!
私も高校時代、世界史が好きでちゃんと勉強していたので、実際世界を回った時に喜びが大きかったです。でも、もっともっと勉強すれば良かったと思っています。なので、今のうちに沢山学んでおいてくださいね☆

コメント:を閉じる▲
ナポリにやって来ました!!
この日をどれだけ楽しみにしていたことか!!

ナポリで本場のナポリピザを食べる!

この旅の目的の一つです!!


ナポリといったらピザのイメージしかありませんが、(それは私だけ?笑)
実は、ナポリは歴史的栄華の跡が残る 南イタリア最大の都市なんです。
『ナポリを見てから死ね』ということわざがあるほど、ナポリの風景の美しさは世界的に有名です。
そして歴史的建築物も多く、ナポリの歴史地区は世界遺産に登録されています。

しかし、それらが見られるナポリの中心地には一泊しか滞在しません。
なぜなら、あまりにも色々な人から治安が悪いと聞くので。。
しかも、ナポリは世界三大夜景の街として有名なんですって!!(日本が定めたものですが、他2つは函館と香港。)
それは見ておかねば!!しかし、優等生の私達は夜外出しないので、断念~
ローマでもトレヴィの泉のライトアップも諦めたし。
安全に過ごすためには、少しの犠牲は必要です☆



さぁ、遂に本題。
なんでそんなに、熱烈にナポリピザが食べたくなってしまったのか。

私のお気に入り番組「世界!弾丸トラベラー」(←結構この旅の参考にしてます)で、2010年6月に放送された『南イタリアでおススメレストランBEST4を食べつくしたーい』の巻で、ナポリ出身のジロー・ラモがおススメするレストランを、モデルの矢野未希子さんが巡るのってのを見て、それ以来 ナポリピザの虜になってしもたのです。
だって、本当に美味しそうだったんですもの~(´з`)

そして、ここナポリの中心地には、4位だったピザ屋さんがあるのです!!
ネットでそのお店を調べて、いざ行こうと思ったら、ホステルのおじさん曰くそこの住所には無いとの事。
え~!!そこに行きたーい!!でも分らないので仕方ない。
おじさんに美味しいピザ屋さんが沢山並ぶところを教えてもらい、そこに行く事に。


そして、地元民が行くようなお店に入ってみました。

お~、きたー!!
DSCF5870 (500x375)
マルゲリータ(チーズ種デラックスバージョン)。5ユーロ。

チーズ少なっ!って思ったけど、結構 のびる~
DSCF5872 (500x375)

トマトソースが、なんともフレッシュで、トマトの味が濃厚!
生地はもちもちで、とーても美味しい!
ナポリ風ピザは、外側の耳の部分を残すものなのですが、美味しいから半分以上食べました。



そして、ジロー・ラモおススメ第3位のジェラート屋さんにも行きました!
ラッキーな事に歩いてすぐのところ。

こちらは、1955年創業の老舗ジェラート屋さん。
ジロー・ラモが若い時、よくデートで来てたらしい。
DSCF5877 (500x375)

こうやって温められたパンに挟んで食べる。(もちろんコーンバージョンもある)
DSCF5878 (500x375)
(ナッツ&チョコとバニラ)

これはカナリ大口開けないとたべれません!
DSCF5880 (500x375)
(ちょっと前歯が知覚過敏を起こす。笑)

ん~、残念だけど、味は普通かな…
パンもパサパサで味がいまいち。アイスの味も普通~

ちょいと残念だったな!!



気を取り直して、ナポリの街を散歩だー!!

ナポリは細い路地が多い。
DSCF5921 (375x500)

海が近いから魚屋さんもある。
南イタリアっぽい!
DSCF5876 (500x375)


サンタルチア海岸!!
海水浴にはまだ少し風が肌寒い気がしますが(日向は暑いけど)、みんな海が大好きなんだな~♪
DSCF5887 (500x375)

DSCF5886 (500x375)

DSCF5884 (500x375)


一見綺麗に見えるけど、落書きだらけ。
残念だ…
DSCF5896 (500x375)

丘の上に建物が並ぶ風景がけっこう綺麗!!
DSCF5888 (500x375)

DSCF5907 (500x375)

ヴェメロの丘の頂上にあるサンテルモ城。
DSCF5908 (500x375)


海沿いを歩く。
観光客もいなくて、地元民だけ。
そんな空気が、なんとも落ち着きました☆ 眺めも綺麗。
DSCF5915 (500x375)

ゴミがけっこう浮いてるけど、水自体は綺麗。
魚も沢山います!!
DSCF5916 (500x375)


美女達も日光浴
DSCF5883 (500x375)

おじさんも日光浴
DSCF5917 (500x375)


海岸の端に見えるヌオヴォ城。
13世紀にアンジュー家の城だったものを、15世紀にアラゴン家が改築したものらしい。現在内部は 市立博物館になっているそうです。
DSCF5918 (500x375)

ナポリはゴミや落書きが多いのが本当にもったいない~!!!


少し散歩した後、他のお店でピザを食べてみたくなりました。
別にさっきのお店がマズかった訳ではないのですが。
せっかくピザのためにナポリに来たし、もっと食べてみたい!
そして私の思い描く(TVで見たそのピザは)チーズがたっぷりだったので。。

というわけで、ピザ屋のはしご!!

今度は2階建ての少し高級感のあるお店!
あえてそこに入ったというより、大体のお店は15時以降閉まってしまうので(19時頃再開)、とりあえず開いてるところという基準で入ってみました。

入ってみると、どうやら有名店らしい!!(壁に貼ってある記事等で推測。)

コジャレた釜。
DSCF5922 (500x375)


こちらが本日2個目のマルゲリータ!!
今回は、イメージ通りのチーズたっぷり!
お皿を揺らすと、チーズがたぷたぷと揺れます!!
DSCF5924 (500x375)
今回は、7ユーロ。
さすが少し高めですが、これを食べるためだけにナポリにやってきたのだから、これくらい良しとしなきゃ!


いっただーきまーす!!
DSCF5926 (500x375)

ん~、このピザを食べて分りました。
さっきのお店が如何に美味しかったのかが。

トマトソースの味も薄く、生地もそれほど美味しくない。
耳は完全に残してしましました。

やはり有名な高級店よりも、地元くさいお店の方が美味しいものですよね!!


明日からはナポリの中心から離れて、ソレントの方へ南下して行きます。
一応ナポリ県圏内なので、ナポリピザ食べれるかな~
ただ、リゾート地なので物価は高いと思われる(>о<)

そして、ソレントの方には、なんとジロー・ラモおススメ第1位のお店があります(パスタ)!!
そこは、本当に絶賛だったので是非食べたーい!!

地図で検索する限りでは、かなり複雑な場所でした…
果たして辿りつけるのか!!

[2012/05/13 01:12] | イタリア
トラックバック:(0) |


あや
ジロー・ラモ(笑)

タプタプ揺れるほどのチーズなんて思わずクラッと来ちゃうけど、やっぱ味は見た目とは違うんだね~☆
お腹すいてきた~(^.^)



Re: あやちゃん
ナオコ
多けりゃいいってもんじゃないんだね!!
もうすぐ三十路なのに、まだ質より量な私。笑
早く大人にならなくちゃ!!

コメント:を閉じる▲
見えてきた!!
バチカン!!(本場の発音:ヴァティカン)
DSCF5793 (500x375)

バチカン市国は、ローマ市内にある、人口約800人ほどの 世界で最も小さい国です!(世界遺産)
バチカンはローマ教皇庁によって統治される、カトリックの中心地、いわば「総本山」であります。
ご存知、ローマ教皇はここにいます。

サンピエトロ大聖堂をはじめ、ローマ教皇の住むバチカン宮殿、バチカン美術館などがあります。

一応、国という事で訪問国数に入れてます。笑

がしかし、バチカンには一般市民はいません。
ほとんどはカトリックの修道者です。

これで『国』というのだから面白い。


これが国境というべきでしょうか。
DSCF5797 (500x375)
基本的に、なんの検査等もなく自由に入れます。


サンピエトロ広場
DSCF5798 (500x375)

両端に半円形の回廊が並びます。
DSCF5796 (500x375)

そして、その上には聖人像が並ぶ。
DSCF5801 (500x375)

DSCF5803 (500x375)


バチカンは一切の軍事力は保持しておらず、スイスからの傭兵を派遣してもらってます。
この制服はミケランジェロがデザインしたものだと言われているとか。
DSCF5806 (500x375)
(スイス国内でカトリック教会からの推薦を受けたカトリック信徒の男子が選ばれている。)
武器は催涙スプレー。笑

しかし、実際の警備はイタリア国家警察が行っています。

てゆーか、なんでスイス??
気になったので調べました。
中世の昔から、スイス人は勇猛で、傭兵であるにもかかわらず忠誠心もあると人気が高く、諸国の王や領主から引っ張りだこだったとのこと。
バチカンがスイス人衛兵を採用するようになって、もう500年だそうです。



私達が見学したのは、無料で入れる サンピエトロ大聖堂のみ。
それでは大聖堂をご紹介します!

DSCF5800 (500x375)
キリスト教の教会建築の中で、世界最大の大きさを誇る教会です!

サン・ピエトロは「聖ペトロ」の意で、キリストの最初の弟子であり、初代教皇の使徒ペトロ(ペテロ)のイタリア語読みに由来します。

※余談ですが、『サン』というのが『聖』という意味だと、南米で出会った旅友に教えてもらった時、サンフランシスコ・ザビエルの謎が解けた!
それまで、サンフランシスコ・ザビエルともフランシスコ・ザビエルとも聞くので、正しいのはどっちだ?と思っていました。
サン=聖 ということで、聖フランシスコさんって事だったのだと知りました。
サンマルコは聖マルコ。なるほど~!(ガッテン、ガッテン!)

そして、このサン・ピエトロ大聖堂はもともと使徒ペトロの墓所があったところに建立されたとされています。


大聖堂の中
DSCF5811 (500x375)

DSCF5833 (500x375)

DSCF5841 (500x375)

主祭壇
DSCF5838 (500x375)

ドーム天井
DSCF5829 (500x375)

とにかく、荘厳な雰囲気で、豪華!
流石は総本山。


彫刻や像の数々

こちらは有名な、キリストを抱く聖母マリアの大理石像『ピエタ』。
ミケランジェロが25歳の時の作品です。
(ガラス越しの為、見えずらいですが)
DSCF5816 (500x375)

DSCF5813 (500x375)
(キリストを抱くマリアの左肩かたに掛かってるタスキ部分に、ミケランジェロの名が刻まれてる)


こちらが噂の聖ペテロの像。 
DSCF5826 (500x375)
「ニン!!」ってやっているように見えてしまいました。
(はい、スミマセン)


DSCF5843 (500x375)

DSCF5817 (500x375)

DSCF5824 (500x375)

DSCF5832 (500x375)

DSCF5861 (500x375)



絵画の数々

DSCF5845 (500x375)

DSCF5846 (500x375)

DSCF5820 (500x375)

DSCF5848 (500x375)

DSCF5851 (500x375)

DSCF5856 (500x375)


圧巻でした!!
きっと美術館も凄いんだろうな~
行った事ある人、もしくは今後行く場合は美術館の様子教えて下さい☆


そして夜は、またもやAperitivoしに行ってしまった。(同じ店)
これらが食べ放題。
DSCF5864 (500x375)

一皿目。
何皿食べたか覚えてないけど、グリンピースを山盛り食べました。
DSCF5867 (500x375)
私達が行くのが早すぎて、あまりお客さんがいなかったたため、料理の回転が悪く、結局新しいメニューは食べれなかったけど、美味しかったのでOKです。


結局、毎日 見たコロッセオと最後の記念に。
DSCF5868 (500x374)
ローマは凄かった!!

明日はナポリへGo~!!

[2012/05/11 23:21] | イタリア
トラックバック:(0) |


あや
いや~、ヨーロッパいいねぇ(*^^*)
何日か前の市場の写真見てテンション上がっちゃった~☆
しかし、バチカンに一般市民がいないってビックリ!!税金とかの収入なくて国としてやっていけるのかね(^.^)笑
ナポリいってらっしゃーい(^-^)/

Re: あやちゃん
ナオコ
私達も、てっきり一般市民がいるんだと思っていたからビックリした。笑
スイス人衛兵達も国民の人数に入ってるらしいよ!!

コメント:を閉じる▲
今日は『ローマの休日』に思いを馳せた一日となりました♪


まず向かったのはこの教会!
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会
DSCF5755 (500x375)

え?普通の教会じゃん?って?
いやいや、この中には彼がいるんですよ~


見よ!!
DSCF5711 (500x375)

真実の口であります!


真実の口は、この教会の外壁の正面柱廊の奥に飾られています(写真でみると一番左)。
なんと、元々は下水溝のマンホールの蓋だったらしい!!
この顔は海神トリトーネの顔なのだそうです。

手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時に手首を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説があるのは有名ですね!!
「ローマの休日」にもそうゆうシーンが出てきます★

私もチャレンジ!!

Oh~ No!!
DSCF5709 (500x375)


イタリアンの景色
DSCF5713 (500x375)

DSCF5715 (500x375)

DSCF5722 (500x375)

DSCF5728 (500x375)

DSCF5740 (500x375)


ヨーロッパの道は、石畳みが多いから道路工事も大変そう。
DSCF5732 (500x375)

掘り出された石をよく見てみる。
こんなに長いのが埋まってるんだぁ。
DSCF5734 (500x375)

大きな道路は、アスファルトの所が多いのですが、なんと石畳みの上に敷いちゃってる!!笑
DSCF5757 (500x375)
この雑さ、日本では考えられんな!



ローマで美味しいというピザ屋さん。
DSCF5720 (500x375)

パンにオリーブオイルを付けて食べるのがサイコー!!
DSCF5746 (500x375)

こちらが、ローマ風ピザ!!
日本でイタリアンピザとして食べられているのは、このタイプですね!
DSCF5748 (500x375)

しかし、日本で食べるものより断然薄~い!!
DSCF5750 (500x375)

なんとこのピザ、3ユーロ(300円ちょい)。
サービス料(パン代とか。勝手に出てくる)が1.5ユーロなので合計4.5ユーロだけど、かなり安い!!


面白い水道発見!!
一見、普通の蛇口なのですが、おじさんが飲んでるのを見てやりたくなりました。
DSCF5737 (500x375)

上のほうに穴が開いていて、蛇口を抑えると ピューと吹き出ます!
単純な仕掛けだけど、楽しかったー!
DSCF5736 - Copy (500x375)


テヴェレ川に残る、昔の橋。
DSCF5754 (500x375)
街の至るところにこうゆのがある。
素敵!!


そして美味しいと評判のジェラート屋さん。
有名店だけあって、すごい行列!
DSCF5770 (500x375)

ピスタッチオ&レモン味。
すごーく美味しい!!
DSCF5772 (500x375)


大統領官邸
DSCF5759 (500x375)


オベリスク!!
(オベリスクとは古代エジプトに多く製作され、神殿などに立てられた記念碑(モニュメント)の一種)
DSCF5769 (500x375)
現在、世界に現存しているオベリスクは30本あり、その内の13本がローマにあるそうです。
その数は本家のエジプトをしのぎ、現在ローマは世界で最も多くのオベリスクが立っている都市だそうです。


こんな娘見かけました。
このレギンスってアリ??笑
遠めから見たら、まるでスッポンポン。
DSCF5773 (500x375)


そして、ここに来るのもすっごく楽しみにしていました!!
トレヴィの泉
DSCF5768 (500x375)
ローマのほぼ中心にあり、ローマで最も巨大なバロック時代の噴水です。
背後にはポーリ宮殿があります。

ローマ神話の神々の像。
DSCF5765 (500x375)

トレヴィの泉には言い伝えがあります。
後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うという言い伝えがあり、投げるコインの枚数によって願いが異なります。
コイン1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人や夫・妻と別れることができる。

私も、一応 1枚投げとく。
DSCF5766 (500x375)



トレヴィの泉から少し歩くと見えてくるのがスペイン広場!!
DSCF5778 (500x375)

DSCF5780 (500x375)
近くにあるスペイン大使館にちなんで、スペイン広場という名前がツイタらしい。


ここが、広場の中でも一番有名な、通称スペイン階段。
「ローマの休日」でヘップバーンがジェラートを食べていた階段ですね!!
DSCF5781 (500x375)

私もここでジェラートを食べるのが夢だったけど、皆がここでジェラートを食べるようになり、階段が汚れてしまったので、現在は法律で飲食禁止になっていると聞いていました。
だから先にジェラートを食べておいたのに。

みんな食べてるじゃないかーい!!


つつじ?
DSCF5785 (500x375)

ヘップバーンが座った階段か~♪
DSCF5784 (500x375)

上からの眺め。
DSCF5786 (500x375)

いや~!!大満足の一日でした☆


[2012/05/11 02:47] | イタリア
トラックバック:(0) |


なみへー
イタリア、素敵☆
なおぴの写真見ながら、大学のときにイタリア旅行したのを思い出したよ。
また行きたいなー!!

Re: なみへー
ナオコ
そうだ、なみへーもい行ったんだよね!
イタリア素敵だよね~☆
特にローマはスゴイな!


やはり
ひろ子
ローマは皆、同じポーズ撮るよね!笑
楽しめたみたいでよかった。

Re: ひろ子
ナオコ
はは!!!笑
ホントだね!?みんな同じポーズをとるね~!
それだけお決まりのが多いってことは、やはりローマってすごい☆
アダちゃん紹介してくれてありがとね!!

コメント:を閉じる▲
ローマに到着!!

ローマだ!ローマだ!テンションが上がります♪


嬉しいことにローマの見所は、大体歩いて周れる範囲にあります!
なので、オール徒歩~!!
範囲は狭いけど、めっちゃ濃厚!!少しの歩けば何かしらが有る!(遺跡・教会・広場 等)
まるで「遺跡の宝石箱やー!!」

『ローマは一日にして成らず』

その歴史の深さに納得です。


そして、この日は古代ローマを代表するコロッセオへ行ってきました!!

DSCF5593 (500x375)

コロッセオは紀元72年に建築が開始された円形闘技場です。約5万人を収容していたといいます。
この中では、剣闘士 同士の戦いや、はたまた剣闘士 対 猛獣の戦いなど、連日連夜 死闘を繰り返し、古代ローマの人々を熱狂させていました。

剣闘士たちの戦いだけではなく、キリスト教徒や奴隷たちを、ライオンなどの飢えた猛獣に襲わせるという事も行われていたようです。(後に残虐なショーは禁止されたそうですが)

ん~。残酷…
そうゆうものを見ることが、当時の人々の娯楽だったなんて。。
コロッセオの建物は素晴らしいけど、行われていた事を思うと複雑な心境。

どんな人が命がけでこの戦いに出場していたのか…
剣闘士は、奴隷出身者が三分の二を占めていましたが、残りの三分の一は自由民だったそうです。危険度は高くても高い報酬が貰えるならばと、自由の身でも剣闘士を職業として選ぶ人が少なくなかったとのこと。


『グラディエーター』という映画は、正にこのコロッセオを舞台としたある剣闘士の物語なのですが、コロッセオを見学していると、その映像が思い出されます。



コロッセオの表面
DSCF5600 (500x375)

構造は火山灰を利用したコンクリートで出来ています。
そして、表面には大理石が施されていましたが、コロッセオが使われなくなってから、中世を通じて他の建物に流用され(サンピエトロ大聖堂にも)、今では残っていません。


現在、外周は半分程度が残っていますが、古代の完全な状態に再現しようとする動きはなく、このままの形で保存されていくと考えられているそうです。
写真を見ていくと分るのですが、赤いレンガで出来ている部分は後に補修された部分。
(補修部分を区別出来るよう、あえて違う素材を使っているそうです)
これは、再現しようとしているわけでは無く、あくまでも崩れしまわぬように、最低限「補修」したものだそうです。


中はこんな感じ
DSCF5626 (500x375)
当時は、1階が大理石張りの貴賓席、2階が庶民の木製席で、3階は立ち見席。
剣闘士や猛獣、囚人を収容していた地下は、現在床がなくなっているので上から一望できます。


日本のツアーのガイドさんの説明を盗み聞きしたところ、
当時は天井部分に、日除け用あるいは雨天用に布を張る設備があったそうです!!
(CG写真を見たんですが、イメージは東京ドーム)
DSCF5615 (500x375)


こんな造りじゃ、地震大国の日本だったらすぐ崩れてたよねって話をしていました。
DSCF5608 (500x375)
後で調べたところ、鉄骨を用いないコンクリートにも関わらず、幾多の地震の際も崩壊しなかったのは、全体が円筒形で力学的に安定していたためだそうです。
(ここも地震あるんだ~)
またもや、盗み聞き情報ですが、石と石を固定するため、組む前に石に穴を開け、鉄や鉛を入れて固定させたとか。


補修されたレンガ部分が非常に多い。
DSCF5610 (500x375)

大理石が残る部分。
DSCF5623 (500x375)

DSCF5629 (500x375)


二階の通路
DSCF5632 (500x375)

DSCF5633 (500x375)

当時の説明の絵
DSCF5635 - Copy (500x375)

鎧や武器
DSCF5640 (500x375)

2階からの眺め
DSCF5647 (500x375)

床がこんな風にあったらしい。
床には、砂が敷き詰められていました。
なぜなら、大量に出る血を染み込ませるため…(盗み聞き情報)
素早く染み込ませるための仕掛けもあったとか。
DSCF5653 (500x375)


舞台の地下にはショーに必要な仕掛けや(剣闘士が入場の際の人工のエレベーター)、猛獣の檻、武器などが置かれていました。
DSCF5643 (500x375)

古代ローマって、ハイテクだったんだな~!!
コロッセオを見るだけでも、ローマの反映ぶりが覗えます。


ここで、行われていたことを思うと、やはり私はいい気はしないけど…
2000年前に思いを馳せてみました。
DSCF5655 (500x375)

2000年経った今、こうして半分が残っている。
あと2000年経った頃、どうなっているんだろうな。

入り口と反対側からの外観
DSCF5663 (500x375)


剣闘士の格好して記念撮影!
やりたかったけど、金額を聞いても答えてくれず、ぼったくられる気がしたので止めておきました。
DSCF5596 (500x375)


ローマは松の木だらけ!!
「ローマの松」という交響詩があるほど。
DSCF5667 (500x375)


コロッセオのすぐ隣りには、コンスタンティヌスの凱旋門があります。
(コンスタンティヌスって世界史で習った!懐かしい!)
DSCF5662 (500x375)

コロッセオと凱旋門のツーショット!
DSCF5665 (500x375)


そして、こちらもコロッセオのすぐ隣りにある、フォロ・ロマーノ
古代ローマ1000年の歴史を通じて政治、司法、宗教、商業の中心地として、最も重要な場所でありました。
宮殿・神殿・教会 等、 とにかく沢山の遺跡があり、とーても広い!
現在地が分らなくなります。
DSCF5699 (500x375)

DSCF5669 (500x375)

DSCF5671 (500x375)

今でも少し天井に当時のものが残る部分。
DSCF5678 (500x375)

少し高台からの景色。
ローマの景色は何処見ても、歴史を感じる。
DSCF5677 (500x375)



そして、夜はある人と会う約束が!
友人が紹介してくれた、アダ(Ada)ちゃん!!
隣にいるのはご主人のルイさん(新婚さんです。ヒューヒュー♪)
DSCF5697 - Copy (500x400)
二人とも、スペイン人ですが、日本で働いていた事があり、日本語が話せます!!
そして、つい最近 仕事でイタリアへ。

彼女とは、まだ旅行が始まったばかりのブラジルあたりからコンタクトを取り始め、ローマを案内してくれるという話になっていたんですが、結局 私達の滞在が土日に合せられなかったので、夕食のみとなってしましました。
でも夕食の前に、少し私達を案内してくれました☆

まずは、不思議な鍵穴♪
アバンティーノの丘というところを登っていくと、丘のうえにマルタ騎士団広場があります。そこに、「マルタ騎士団長の館」というのがあり、その建物の大きな扉の鍵穴から中をのぞくと、通路の両側には綺麗に整った生垣があり、そのど真ん中にサンピエトロ大聖堂が見えるのです!!
DSCF5687 (500x375)
残念ながら、サンピエトロ大聖堂は写らなかったのですが、素晴らしい光景でした!


そして、同じくアバンティーノの丘にオレンジ公園があります。
DSCF5690 (500x375)

そこからの眺めは絶景。
DSCF5698 (500x375)
(左にいるのはアダちゃんの友人。)

サンピエトロ大聖堂、見~け!!
DSCF5695 (500x375)


その後、Aperitivo(アペリティーヴォ)に連れて行ってくれました。
Aperitivoとは、イタリアの生活に溶け込んでいる文化であり、習慣です。
アペリティーヴォはもともと、イタリア語で食前酒の意味ですが、いまでは、軽めのカクテルやワインを片手に、おつまみをつまんだりしながら、友達と会話したりして、夕食前のひとときを楽しく過ごす時間(18時~20時頃)のことをさし、「アペリティーボをしよう」などと表現されます。

アペリティーボの時間帯にBARへ行くと、1杯何かオーダーすれば、置いてある色んな軽食がなんとFREE!
なので、私の場合コロナ(5ユーロ)のみの料金で、食べ放題!!!
DSCF5701 (500x375)
色んな種類があり、しかも取りに行く度に新しいメニューが!!
そして美味し~い★
ローマにはなんて素晴らしい習慣があるんだろ~!!!

しかし、なんとこの日はアダちゃんの友人が結婚してメキシコへ帰ってしまうので、その送別会との事。
後から色んな人達もやってきて、なんとなく場違いな気がしたので、3皿お腹いっぱい食べたところで、おいとまさせて頂きました。

アダちゃん達とあまり一緒に過ごすことは出来なかったけど、私達だけでは、行かなかったであろう場所に連れていってくれ、お得なAperitivoまで教えてくれて感謝です!!!
そして、またもや本当にイイ人達でした~(感動)

こんなに素敵な友人を紹介してくれたヒロ、ありがとよ~!!!!


この時期のヨーロッパは日が長く、夜 8時20分でもこの明るさ!!
助かります。
DSCF5704 (500x375)



[2012/05/10 16:34] | イタリア
トラックバック:(0) |
フィレンツェで有名な『中央市場』!!

道端にずらりと、お店屋さん等が並びます。
DSCF5510 (500x375)
革のバッグ屋さんが、けっこう可愛いくて安い!!


こちらは建物内の食品の市場

オリーブオイル屋さん
DSCF5534 (500x375)

ハム屋さん(たぶん人気店)
DSCF5535 (500x375)

干しキノコ屋さん!!
DSCF5537 (500x375)

軽食屋さん
DSCF5538 (500x375)

日本の雑誌に載ったらしい。
人気店で、皆食べてました!
私達も昼食に。
DSCF5539 (500x375)

お兄さんが目の前でお肉を切って、サンドを作ってくれます。
DSCF5542 (500x375)

ソースはバジルとピリ辛の2種。
私はダブルで。
DSCF5541 (500x375)

コレです!!
DSCF5543 (500x375)
煮込まれたお肉が、もつ煮込みのような味で美味しい!!
とてもボリューミーなのに3.5ユーロ。



そして今日は、フィレンツェから電車で1時間半くらいの場所にある、ピサ市に行ってきました。
ピサと聞いたら もうお分かりですね!!
そうなんです!
かの有名な『ピサの斜塔』を見るべく、フィレンツェから日帰り遠足!


駅から歩いて15分くらいすると、アレ、こんな感じで見えちゃうなんて!笑
こんな街中にあるんだ~
DSCF5546 (500x375)


第一印象
思ったより高くない!!(地上55m)
しかし、思ったより傾いている!!

DSCF5562 (500x375)

この根元をご覧下さい!

前から
DSCF5564 (500x375)

後から
DSCF5557 (500x375)

けっこー傾いていますでしょ!?


ピサの斜塔って、そもそも何?
それは、ピサ大聖堂の鐘塔です。

これがピサの大聖堂。
DSCF5584 (500x375)

そして、この広場全体が世界遺産です!!


なぜ傾いたの?
地盤の土質が極めて不均質であったため、建築中に地盤が沈下して傾斜しました。
しかし、塔の中心軸を調整しながらそのまま工事が続けられたのです!!
(それ、すごいな…)
地盤沈下のため、1173年着工、完成は14世紀後半。

一時は傾斜の増大と倒壊の危惧がありましたが、その後の補修処置により、当分問題ないとされています。
以前は5.5度傾いていたましたが、1990年から2001年の間に行われた工事によって、現在は約3.99度に修復されたそうです。(Wikipediaによる)



一応お決まりのポーズをやってみたんですが、上手く取れませんでした…
(足場が合ってない)
DSCF5570 - Copy (375x500)


同じくポーズとる人々
DSCF5576 (500x375)

DSCF5578 (500x375)


他の建物と比べると、傾き加減が分りやすいかな!
DSCF5583 (500x375)


思っていたのと違う部分もあったけど、ピサの斜塔を見れたという事実に感激しました!!
これからも、倒れない程度に傾いていって下さい。


明日からは、ローマに3泊!!
わ~楽しみだ!!
そして、イタリアは南に行けば行くほど治安が悪いそうなので、要注意していきます!!

[2012/05/09 02:26] | イタリア
トラックバック:(0) |


幸運がよってくる
日本の雑誌に載った人気店になると、日本語の説明文が付くのですね。
説明文が外国語の料理はギャンブル要素が高くて面白いという利点もありますが、料理の説明が日本語で書かれているとちょっと安心?(笑)


あこもこ
ピサの斜塔って間近だとほんとすごい傾きなんだねぇ~
普段目にする写真って遠くからが多いから、根本の写真見てビックリw(゚o゚*)w

中央市場の皮のバック屋台‥興味津々です!

Re: 幸運がよってくるさん
ナオコ
あれは、日本の雑誌の拡大ページなんですが、あーゆうの見ちゃうと、美味しいのかな!って思っちゃいます。
せっかくなら美味しいの食べたいですもの♪

Re: あこもこ
ナオコ
そうなんだよ!!根元見てビックリ!笑っちゃうくらいに傾いてるの!
肉眼だともっとスゴイよ!

バッグ、あれもこれも欲しくなっちゃう!!!
普通の観光客にとったらウハウハだと思うよ~!!

コメント:を閉じる▲
フィレンツェにやってきました!!

着いてすぐ 宿に向かうバスの中、ある事件が…

ヨーロッパのバスは、乗車後にお金を払うのでは無く、事前に券売機やタバコ屋で購入しておくパターンが多い。(滅多にチェックなんてされないのに、皆ちゃんと買ってるので、見つかった時の罰金が高いんだろななんて思ってました。)
そして、乗車したら打刻をして、その時間から何時間以内有効というルール。(ここフィレンツェは90分らしい)
バスに乗り込んだ私達は、ギュウギュウな満員バスで荷物も有るので動けなくて、打刻機の所までいけず…  
今までチェックされた事なんてないし、まぁ大丈夫だろうと思ってそのまま乗っていたら(ちゃんとお金は払ってるしと思って)、少ししてから周りのお客さん達が、切符を出し始めた!!
そう、私服警官による切符チェックが始まった~!!ちゃんと打刻してるかチェックしてる!こんな日に限って~(;о;)
「うわぁ、こっちにも来るよ~、これヤバイんじゃない…」と思いつつ、私達も切符の提示を求められ、「おー、これは問題だ。」となり…罰金50ユーロ(5千円ちょい)。

こーれは痛い!!
50ユーロあればヨーロッパで2日も過ごせる!
ガビーンだった。。凄く凹みました。

でも、この旅に出て変わった事は、あまり気にしなくなった事!
「ま、しょうがない!生きてさえいれば大丈夫さ~★」て、気持ちを切り替える事が出来るようになりました。
こう見えて私は気にする性格なので、そういう性格を変えようと心がけてきたし、この旅でそうゆう自分になりたいと思って日本を出ました。
気づけば、色々な事を経験して、特にリュック盗難事件が大きいけど、いつの間にかそうなっている自分に気づきました。

やはり色んな経験をするって大事な事ですよね!!良きも悪きも。
経験した分だけ、免疫ができて対応できる幅が広がる。
それをどんどん積み重ねていって、更に大きな自分になる!
自分が悩んだ分だけ、人の気持ちも分るようになるし。

って、なんだか どんどん脱線してしまいましたが、とにかく前を向いて生きようという事です!笑

ただ、しっかりと この出来事が教えてくれた教訓は胸に刻みつつ!!
そこは忘れちゃいかん!
しなければいけない事はちゃんとする!
何人か降りて少し隙間が出来たときに、打刻するべきだった。




フィレンツェといえば、花の都!!
なぜ「花の都」と呼ばれるのかというと、古代ローマ時代の地名フロンティアが、”花が咲いた”という意味であることに由来するといわれています。
なんだ、花が沢山さいている訳ではないのね(^‐^;)
そして、フィレンツェはルネッサンス発祥の地であり、歴史的な建築物や彫刻などの芸術作品が残っています。
ガイドブック等ででは、フィレンツェは屋根のない美術館といわれるほど、街全体が美しいらしい。


しかし、街全体が美術館は言いすぎかな??
私達はそうゆう光景には巡り会えず。
街自体は普通でした。
DSCF5513 (500x375)


ただし、これは凄かった!!
フィレンツェの中心部にあるドゥオーモ(大聖堂)!!
DSCF5516 (500x375)

DSCF5520 (500x375)

DSCF5523 (500x375)

DSCF5529 (500x375)

ただ綺麗なだけではなく、年期が入っている感じが渋かった!!


きっと、フィレンツェの街は、高台から眺めると綺麗なんだと思います!!
赤レンガの屋根で。
(ミケランジェロ広場からの眺めが有名)
そして、私達は見なかったけど、美術館などを巡ると良いのかも。



なにげに可愛い教会。
DSCF5512 (500x375)


フィレンツェの街路樹は松の木が多い!!
DSCF5587 (500x375)


とりあえず、フィレンツェの街はこれくらいで十分です!
私達には更なる目的が有りますもので☆

[2012/05/08 16:18] | イタリア
トラックバック:(0) |
ミラノから電車で約2時間半、おぉ 見えてきたぞ!!
水の都『ヴェネツィア』!!
DSCF5412 (500x375)

DSCF5425 (500x375)

ちなみに、ヴェニスってヴェネツィアの事だって知ってましたか?!
ヴェニス(英)、ヴェネツィア(伊)だそうです。
え、常識!?
私、知りませんでした。


ヴェネツィアの交通手段は船。
街中に大小様々な水路が通っています。
DSCF5452 (500x375)

DSCF5430 (500x375)

ボートの縦列駐船。
DSCF5440 (500x375)

小さい橋が沢っ山あります。
DSCF5473 (500x375)

車は存在しません。自転車さえも禁止だそうです!
救急車が無いって大変!!と思って調べたら、救急車ならぬ救急船で病院へ搬送されるらしいです!!


現代のヴェネツィアは、他地域への人口流出、水害や地盤沈下、大気や水の汚染、建造物の老朽化など多くの問題に直面しているそうです。
大潮、気圧の変化、そしてアドリア海を南から吹く風「シロッコ(地理の授業でやった!!)」の3つの要因が重なると、「アックア・アルタ(acqua alta、高水の意)」と呼ばれる高潮がヴェネツィア湾で起こります。このとき、ヴェネツィアの街中まで水が入り込み、特に一番低い「サン・マルコ広場」は水没してしまいます。
将来ヴェネツィアの街全体がアドリア海に水没してしまうことが懸念されており、水没を防ぐために、アドリア海との間の3カ所に可動式の防潮堤を設ける「モーゼ計画」が提案され、工事も着手されていますが、環境に与える影響が懸念されるため、市長や多くのヴェネツィア市民の反対もあるとのこと。

水没してしまわない事を祈ります!



ヴェネツィアの道は細くてクネクネ。リアル迷路です。

DSCF5455 (500x375)

予約している宿の場所を探すのに本当に苦労しました(*Д*)
親切なお姉さんが、一緒に探してくれて ようやく辿り着く事が出来ました。
(ヴェネツィアの人は誰も彼も親切なんです!!)

迷路のようだからというよりも、この宿自体どうなんだ?笑
宿なんかありそうにない場所
DSCF5507 (500x375)

そして、看板さえ無いという!!
DSCF5417 (500x375)
番地は合ってるけど「え、ここじゃなくない??」と疑いながらピンポン押しました。
中に入っても薄暗いし、半身半疑。階段を2フロアー登って行くと、ようやく人が迎えてくれました。

B&B(Bed and Breakfastの略)といって、ほとんどの場合が家族経営の比較的低価格な宿のタイプなのですが、せめて表示くらいは欲しいな~

ここは中国の方が経営する宿なのですが、めちゃめちゃ面白い。。。
全然溶け込める雰囲気じゃないけど、見ていて面白い事だらけ。
ホステルばかりじゃなく、たまにはB&Bも面白い!


話は戻って、ヴェネツィアはもっとゆったりしていて、綺麗なイメージだったけど、実際はお土産屋さんだらけでガヤガヤしています。少し残念。
ちょっと小道を入っていくと、静かな場所もあるけど、どこにでも観光客が溢れています。
そして、そんな自分も観光客。笑
DSCF5492 (500x375)

DSCF5505 (500x375)


街中で見かける 仮面屋さん。
DSCF5420 (500x375)

DSCF5424 (500x375)

DSCF5450 (500x375)

これはマネキン。
DSCF5449 (500x375)

ヴェネツィアといえば、仮面が有名だけど、何でだっけ??

それは、「ヴェネツィア・カーニバル」というお祭りがあり(2月末から3月初めまで約2週間祝われます)、その時期に派手な仮面と衣装を着て街を練り歩くのです。まるで、街全体が仮面舞踏会のようらしい!
このお祭りは15世紀から続いているそうです。

こんな感じ
  
img_887823_10886834_0 (354x500)

私も欲しいな!!
って、何に使うの?!(自問)
DSCF5483 (500x375)


ピザ屋さんも沢山あります。
DSCF5445 (500x375)
「え、もうカピカピじゃん?」と思いきや、買うときにもう一度焼きなおしてくれます。(レンジでチンのお店もあるけど)

1.50ユーロ。助かります。
DSCF5446 (500x375)
(ただし、ペラペラだから そんなにお腹に溜まらない。笑)

オーソーレーミ~ヨー♪
現代は、観光用としてのみ運行されているゴンドラ。
実際歌ってる人は見かけませんでした。笑
DSCF5434 (500x375)

DSCF5472 (500x375)

そして、本当にボーダーを着ている!
DSCF5454 (500x375)


ヴェネツィアはイカ墨パスタが有名との事で、観光客向けのお店では無く、地元の人達が行くという美味しいお店に行ってみました。
DSCF5493 (500x375)

しかし、既に有名。日本語メニューがありました。
DSCF5494 (500x375)

イカ墨パスタ!
DSCF5495 (500x375)

アンチョビと玉ねぎのパスタも有名らしく、食べてみました!
DSCF5496 (500x375)
(めっちゃ太麺。麺に麦の皮のような物が練りこまれている。)

なんだか、二つとも美味しそうに撮れなくてスミマセン。笑


お口真っ黒!
「パイレーツオブカリビアン3」に出てくる女の人みたい。
DSCF5500 (500x375)


最近、天気に恵まれない事が多いです(´д`)

しかし、天気の移り変わりだからこそ見れた素敵な瞬間!
後光が差していました☆
DSCF5481 (500x375)

[2012/05/06 04:22] | イタリア
トラックバック:(0) |

いよいよ
miharu
ヨーロッパも終盤だね(^∀^)

仮面ー!あれは魅力だよね”(ノ><)ノ
同じくめっちゃ欲しくて、仮面被ってゴンドラ乗りたかったけど、荷物になるし日本で使うか!?って自問自答して買うの辞めた。笑

あと、ゴンドラでの「オーソレミーヨー」はプラス料金がかかるって言われたよ・・・
上手く出来てるよね(゜∇゜)


じんこ。
救急船ってすごいねぇ。
水没。。ショックだけど、これも温暖化の影響からなのだろうか(>_<)

文化の違いにビックリしたよぉ!
仮面がリアルで、かぶると誰が誰だかわからたい、少年隊ならぬ、本場仮面舞踏会!!
どんなドラマが待っているのか。。

すみません 笑 妄想が過ぎました 笑

Re: じんこ。
ナオコ
妄想が過ぎますぞ!笑
でも、わかる!仮面舞踏会なんてロマンチックだよね~
仮面の下の顔が見えないんだもん、あぁ 想像すると楽しいな☆

Re: miharu
ナオコ
うん、いよいよ終盤だよ!

でも、猫型の仮面わかる?アレは欲しかった!
歌ってるとこ見てみたかったな~♪
みんな、追加料金払ってまでは歌ってもらわなくていいんだね。笑

コメント:を閉じる▲
<イタリア基本情報>

国旗

800px-Flag_of_Italy_svg (400x267)
緑は「国土」、白は「雪・正義・平和」、赤は「愛国者の血・熱血」を表す。


場所

721px-Location_Italy_EU_Europe (400x333)


正式国名
イタリア共和国 Repubblica Italiana

面積
30万1328km2(日本の約80%)

人口
6004万5068人(2009年1月1日現在)

首都
ローマ Roma

民族構成
ラテン系イタリア人






遂にイタリアにやってきました!!
ヨーロッパの中で一番楽しみにしてたかも!(もしくはスペインと同じくらい)

これでヨーロッパも残すところ、ギリシャ(サントリーニ島)のみとなりました。



イタリアといえば、ピザ!!

イタリアのピザと言っても、地方によって何種類かあります。
  ・ミラノ風ピザ(薄くてカリカリ)
  ・ナポリ風ピザ(分厚くてもちもち)
と2つに分類されていることが多いのですが、ななみんが調べてくれたところ、
  ・ミラノ風(分厚くてもちもちだが底面はカリカリ)
  ・ローマ風(薄くてカリカリ)
  ・ナポリ風(分厚くてもちもち)
と、3種類あったのでそっちを制覇する事に!!

※ 私のメインは何と言っても、『ナポリ風』ですが。
まだ日本でお金を貯めている時期に、皆に「何処に行くのが一番楽しみ?」と聞かれ、その答えの中に絶対『ナポリ』が入ってました!「ナポリで本場のナポリピザが食べたい」と何度言った事か。笑



本日は、ミラノ風ピザを食すべく、1953年からの老舗へ!!
DSCF5347 (500x375)

このお店、ピザ(マルゲリータ)とラザニアしかなーい!!
なんという自信!!!!


小サイズでも結構大きい。
モッツァレラチーズがたぁ~ぷり!!
DSCF5349 (500x375)

イタリア式のピザの食べ方は、ナイフとフォークを使って。
DSCF5350 (500x375)

噂通り、底がカリカリしていて、上はフワフワ。
そしてトマトソースの味が超美味しいこと~!!
ラザニアも食べてみたかった。笑


続いて、ミラノのシンボル『ドゥオーモ(大聖堂)』へ行ってみました。
このドゥオーモは世界最大のゴシック建築であり、500年もの歳月をかけて多くの芸術家によって完成されたものです。
その外観には圧巻されます!!!
DSCF5353 (500x375)

但し、今回も改修工事中。
(なんなんだろ、私達のこの改修工事にあたる確立は)
DSCF5352 (500x375)

塔の上には、一つ一つ聖人が立っています。
DSCF5374 (500x375)


中に入ってみると、厳かな雰囲気でめちゃめちゃ広い。
そして絵画が沢山飾ってある。
DSCF5358 (500x375)

DSCF5359 (500x375)

ステンドガラス
DSCF5361 (500x375)

全体で一つの絵になっているのでは無く、一枚一枚が違う絵。
DSCF5362 (500x375)


大聖堂は沢山見てきたけど、この大聖堂にはある特徴が。
それは、聖人のミイラが安置されています。
うち2体は、普通に見学できます。

一人目
DSCF5367 (500x375)

DSCF5365 (500x375)

最初は人形かと思ったのですが、手を見て本物だと分りました。
DSCF5366 (500x375)

二人目
DSCF5368 (500x375)

DSCF5369 (500x375)

DSCF5370 (500x375)


この方は地下に安置されていて、遠めからしか見れません。
DSCF5364 (500x375)


日本は火葬の文化なので、こういう偉人の方の遺体を公開している光景は、異様な感じがしました。



その後、周辺を歩いていると、お城を発見!!

スフォルツァ城
DSCF5386 (500x375)

中は美術館になっているらしいです。

そして、とにかく大きい!
DSCF5396 (500x375)


ミラノといえばファッションの街!
ガイドブックにもお洒落とか書いてあったけど、実際のところ…
人々もお洒落じゃないし、お店もお洒落じゃない。笑
ただ、ブランドショップがあるって感じかな!

ブランドショップ街は、ビーナスフォートを彷彿とさせる。
DSCF5378 (500x375)

DSCF5379 (500x375)


そして、イタリアは本当に何処にでもジェラート屋さんがある!!
DSCF5381 (500x375)


ミラノはドゥオーモ周辺意外は、街も汚い感じでちょっと意外だったかな!!笑


久々のトイレネタ

このウォシュレットの形状って…笑
DSCF5398 (500x375)

我、日本のトイレを誇りに思う!!

[2012/05/05 03:21] | イタリア
トラックバック:(0) |


じんこ
ピザ大っきくて美味しそう♡
修復時期って、大なり小なり、ホント何故かぶるのかな 笑

Re: じんこ
ナオコ
ピザもっと食べたい!!でも貧乏バックパッカー旅行なんで、我慢してます。
改修工事は、今オフシーズンだから何処でもやってるのかなぁ??



まどりんこ&やす
質問です。
このウォシュレットってどう使うの?
形とかから想像したんだけど難しい。
この上にしゃがんで?蛇口が延びる?それを自分で洗いたい個所に持って行く?紙は流れ無さそうだから違う場所に捨てる?もともと便器は別?
手を洗う洗面所的なやつではないんだよね?
かなり難しい!


こんなトイレの話の後でなんなんですけど……
ピザ超おいしそ~~~!!!!
今ウチら夫婦の間ではピザ作りがブームなんだ^^
本場のようには出来ないけど、帰ってきた際はごちそうさせてねッ♪♪

Re: まど&やす
ナオコ
このトイレネタにそんなに食いついてくえてありがとう!
もっと詳しく載せれば良かったなぁ~!!
もともと便器は二つあって、これはウォシュレット用便器。
でも、蛇口が伸びる訳でもなく、水を出してみたんだけど、凄い勢いで上に向かって出るわけでもなく…
きっと、お尻をギリギリまで近づけて手で擦る??笑
私はそう想像しました。

ピザ造りハマってんの~!!
私が帰るまで、ハマったままでいてね☆


はるな
ミラノと言えば長友!!

美術館とかステンドグラスとかジェラートとか、私のアンテナが反応しそうな単語がいっぱい(*´∀`*)ウットリ

Re: はるな
ナオコ
長友ってミラノなんだ!!知らなかった~

はるな、それはもうイタリアに呼ばれてるってことでしょ!
絶対ウハウハだよ!!




コメント:を閉じる▲
今朝、あやさんが私達のために ご飯を炊いておいて下さり、久々におにぎりを食べました。(ちゃんと、おにぎりセットを準備しておいてくれました。涙)
久々に食べたおにぎりは、信じられないほどに美味しかったー!!!感動しました!
ご飯と海苔って最強だと思う。
食べちゃうと、日本食が恋しくなるな~


そして、私達の次の目的地はミラノということで、あやさん達が少し遠回りになるけど、綺麗な景色が見れるコースを教えてくれました!しかも、乗り換えのスケジュールも入念に検索をしてくれて。(感謝)
しかも観光客はあまり知らない、コアなところ!!ラッキー☆
果たして、ユングフラウのリベンジなるか!!


入念にタイムスケジュールを検索して頂いたのにも関わらず、それは一回目の乗り換えで崩れ去る。。
降りるべき駅の1個前で降りてしまい、そこで全部の時間がずれ込みました。笑


しかしそのお陰で、素敵な出会いが2つありました!!


次の電車が来るまで1時間半以上待っている間に出会った、電車の車掌さん?である、バングラデッシュ出身のおじさん。
DSCF5334 (500x375)
そして陽気すぎて本当に面白い人!!

最初、両親と はぐれてしまったインドの女の子の世話をしてあげてて、その子を私達と同じベンチに座らせてた事がきっかけ。
少し日本語が話せるので、声を掛けてくれました。
「お腹すいてる?」とか聞いてくれ、車内販売用のコーヒーやミネラルウォーターをくれました!(秘)
女の子が無事両親とめぐり合え(インドは子供も英語ペラペラ!)、その後 少しおじさんと話をしていたのですが、なんとこのおじさん、8年間のバックパッカー旅行経験があり、世界3周した人です!!
なるほどな、と思いました。
このおじさんの、この『地球人』的 人柄は、それらの経験から成るのだなと納得。
本当にボーダーラインがなく、心が広く前向きでエネルギッシュな人なんです!

人って、一瞬の間でも影響って受けるんだな。
なんか、おじさんに感謝!!


そして、もう一つの出会いは、駅で声を掛けてきて下さった村岸さん。
お一人で1ヶ月近く、フランス・スイスを旅行中!!

ななみんが昨日 誕生日だった事を知って、パリで買ったカナリ高価と思われるチョコレートをプレゼントして下さいました!!
DSCF5339 (500x375)

村岸さんは、物知りでとにかく感覚がお若い!!
だから話していてもとても楽しく、短い間でしたが素敵な時間を共に過ごさせて頂きました!!
北海道にお住まいという事で、是非泊まりにおいでと言って下さいました♪
はい、本当に行きます私!!!


もしも、私達が時間通りにいっていたら出会えていなかったお二人。というより、出会う運命だったからこそズレたのか☆
出会いって不思議だな!



そうそう、そして肝心な景色はというと!!

じゃーん!!
DSCF5343 (500x375)

DSCF5345 (500x375)

お天気にも恵まれ、綺麗な景色が見れました!
(メインの橋は改修工事中だったけど。笑)


一応、1.50ユーロを別途払って乗る観光電車のようなものだったのですが、隣のおばちゃん編み物編んでるし~笑
わざわざコレ乗ってしなくても!!
たま~に景色を見る感じ。笑
DSCF5344 (500x357)

ちょっと面白い光景でした。



こうして、私達のヨロレイッヒ~なスイスの旅は幕を閉じました☆
スイスでお世話になった皆様に感謝!!
スイス、本当に平和な国だな~♪

[2012/05/05 03:00] | スイス
トラックバック:(0) |


あや
ここ数日の見れてなかったブログ全部見たよ~(^-^)/
なんか感動した~(T-T)(T-T)
なおぴはどこの地にあってもステキな縁を引き寄せているね(^^)
出会いは必然!!
わたしもいろんなとこにいっていろんな人に出会っていきたいな~(*^^*)

Re: あやちゃん
ナオコ
素敵な出会いに本当に感謝してる!
そして、素敵な友人達を持っていることにも感謝している!
自分もそう思ってもらえるような人になりたいです☆


じんこ
出会いって素敵だね(=´∀`)人(´∀`=)
世界三周って凄すぎる!!


Re: じんこ
ナオコ
私達も、あの日同じ席にならなかったら出会ってなかったものね☆
8年の旅は凄すぎるよね!


コメント:を閉じる▲
あの悪天候から一夜明け、部屋からの眺め。
DSCF5230 (500x375)

DSCF5227 (500x375)

朝日に照らされた風景が、本当に美しすぎる!!
少し冷ややかで、一番空気が美味しく感じる気温!
深呼吸をしまくりました。
昨日がこの天気だったらな…(苦笑)


そして、スイス最後の都市は、首都である『ベルン』へやってきました。
DSCF5238 (500x375)

スイスは全体的に物価が高いけど、ベルンは特に高い!
駅のトイレも2フラン(約180円)もする。
 

ベルンのビューポイント!!
DSCF5248 (500x375)
川の色がミルキーで綺麗☆(肉眼だともっと綺麗な色)


楽しみにしていたクマ公園。
熊はベルンのシンボルです。

川の横の斜面にあり、ココには4頭のクマ(内2匹は小熊)がいます。
DSCF5291 (500x375)
(上からも下からも見学出来る構造)

DSCF5253 (500x375)

DSCF5262 (500x375)

小熊のお尻が可愛いこと~☆
DSCF5271 (500x375)

くまのプーさんが あんなキャラなのが分る気がする。笑
DSCF5278 (500x375)

風が吹くと揺れて、本当に綱渡りしてるように見える!
DSCF5286 (500x375)



そして本日 5月2日は、ななななんと~!!!

ななみん28歳の誕生日ー!!!!

おめでとーう☆


DSCF5288 (500x375)
(28を体現しているつもり)


ささやかなお誕生日会!!

DSCF5300 (500x375)
(スペインでこっそり買っておいたロウソクを立ててもらって)

こっそり買っておいたプレゼント。
大した物では無いのですが喜んでくれて良かった☆
DSCF5301 (500x375)

ななみん28歳の豊富はズバリ 『 !! 』 。
私だけの秘密です。笑


ななみんの28歳が、ニヤニヤしちゃうくらいに素敵な歳になりますように☆


そして、しっとりと夕日を眺めました。

28歳の背中☆
DSCF5308 (500x375)

もうすぐ三十路の背中。笑
DSCF5313 (500x375)


夕暮れの景色も綺麗でした。
DSCF5324 (500x375)


ベルンのメイン街道には、地下のお店が沢山あります。
DSCF5326 (500x375)

特にバーは地下に有り!
DSCF5327 (500x375)



そして今夜の寝床はなんと!ドイツで出会った(シンデレラ城で)、ベルン在住の あやさんのお家でございます!!
スイスは高いから 是非泊まってと言って下さり、お言葉に甘えさせて頂きました(><)
本当に感謝です!!

あやさんと旦那さん
DSCF5328 (500x375)
旦那さんはスイスの方。
もう旦那さんも、めちゃめちゃイイ人!!


そして、とても素敵な部屋でした~!!
DSCF5329 (500x375) (2)
ちょうど昼間に、「屋根の下の部屋で壁が斜めな部屋って憧れるよね」という話をしていたので、テンションが上がってしまいました!!


あやさん疲れているのに、お酒を振舞って下さいました。
初めて飲んだ「パスティス」というお酒。
コレ自体は黄色で透き通っているのですが、水を注ぐと変色!!白く濁ります!!
DSCF5331 (500x375)
クセがあるので、苦手な人もいるようですが、私は大好き!!!

あやさんは翌日、早朝5時に出勤なのに遅くまで私達に付き合ってくれました(><)
DSCF5330 (500x375)

凄く楽しい時間を過ごさせて頂きました。
あやさん、本当にありがとうございました!!!
絶対にまたお会いしたいです☆


私達、なんでこんなにイイ人との出会いに恵まれているんでしょうか…!!!
いつも胸がいっぱいになります。

[2012/05/05 02:41] | スイス
トラックバック:(0) |


じんこ。
胸いっぱいにこの空気を吸ったら、
ものすごく気持ちがいいだろうなぁ!!
素敵な方は、ナオとななみんの福運と人柄が引き寄せているのでしょう(^-^)
同じ波長の人が寄ってくるんだもんね!!

Re: じんこ
ナオコ
ありがたき、我が福運!!!

コメント:を閉じる▲
スイスといえば、登山鉄道!!
ヨーロッパ最高地点の鉄道駅『ユングフラウヨッホ』(標高3454m)を目指して、出発!!

DSCF5145 (500x375)

ユングフラウヨウ鉄道は、数あるスイスの登山鉄道のなかでも特に人気の高い鉄道です!
旅で出会った人達のお勧めもあり、奮発してアルプスの山を楽しむことに。


が しかし、あいにくの天気…
昨日まではあんなに良かったのに。
DSCF5150 (500x375)

天気が良ければきっと綺麗なんだろうな~
と思われる景色達。笑

DSCF5156 (500x375)

DSCF5159 (500x375)

DSCF5169 (500x375)

DSCF5180 (500x375)

そして、遂にこんなにも霧だらけ。笑
DSCF5175 (500x375)

電車の中では、日本語でハイジのアナウンスが流れます!!
DSCF5183 (500x375)
静止画が何枚か切り替わるだけで、声だけ流れる感じが面白かった。
しかも、そのアナウンスは本物の声優さんでした!!
日本人が多いって事だろな。あんま見ないけど…??
(※日本語アナウンスを聞くと、スペインのバルセロナの駅で「スリは貴方の不注意を常に狙っています」っていう日本語のアナウンスが頻繁に流れてた事を思い出す。笑)


最後の方はずっとトンネルが続く感じで、終点「ユングフラウヨホウ」に到着!!
これが、ヨーロッパ最高地点の駅です!

もう洞窟です!!
DSCF5190 (500x375)

DSCF5193 (500x375)


すぐ外に出れるのかと思いきや

DSCF5194 (500x375)


「トンネルを抜けると、テーマパークだった」

DSCF5197 (500x375)

DSCF5199 (500x375)

DSCF5200 (500x375)
(私にはアイーンのポーズにしか見えなかった!)

DSCF5202 (500x375)

大自然が待っているのかと思いきや、その予想をだいぶ裏切られ、このテーマパーク的雰囲気にかなり笑いました!!
面白すぎる!!


氷の世界
DSCF5207 (500x375)

DSCF5208 (500x375)
(かなり寒い)

クマの彫刻や
DSCF5209 (500x375)

鷹?の彫刻など沢山の彫刻がありました。
DSCF5210 (500x375)

「アイスエイジ」に出てくるキャラ?
DSCF5212 (500x375)

結構遊び心がある感じです。


そして、今日は私達が出発して、ちょうど3ヶ月!!

3ヶ月記念を、TOP OF EUROPEで迎えました☆
DSCF5216 (500x375)

(帰国予定が7/22なので、実質あと3ヶ月切ってます!!早いな~)



けっこう楽しかった内側を抜け、ようやく外にたどり着きました!!

わぁお!!寒~い!!!久々の氷点下の世界です(**)
DSC05833 (500x332)

霧が出すぎてるし、吹雪いてて目が開けられないし、ここでも景色が見られない!!!!
絶景どころか、何一つ見えない!!笑

でも、アルプスでやってみたかった!
『ヨーロレイッヒ~♪』
DSCF5222 (500x375)


駅には、何故か日本のポストが!!
DSCF5224 (500x375)

DSCF5223 (500x375)
という事だそうです!


そして、帰りも霧は晴れず・・・
DSCF5225 (500x375)


こうして、私達の14,000円の旅は終わったのでした。笑



超余談

今頃になって思い出した事が!
南米で一番有名なアニメって何だか知ってますか!?超意外!
答えは、「キャンディキャンディ」!!
みーんな知ってて、テーマソング歌えるらしい!しかも、スペイン語バージョン!

[2012/05/02 03:16] | スイス
トラックバック:(0) |


じんこ。
すごーい!スイスあたりは、憧れるわ♡ハイジー♪ペーター♪

ホント洞窟だ 笑(*^^*)
三ヶ月記念おめでとう☆

キャンディキャンディいいよねー!
ソバカスなんて気にしないわ♪


Re: じんこ。
ナオコ
北海道もスイスに近い感じ??
やっぱ、自然には適わないよね~♪サイコー!
ユングフラウの景色が見れたらもっとサイコーだったのに。
じんこみたく写真撮るのが好きな人にとったら、スイスはたまらんよ★


あこもこ
3か月経ったんだねぇ~!
って、久しぶりのコメントですw
景色いいねぇ~!!
ほんとこんな景色を生で見られるなんて、羨ましい!!
って、このコメントは前の記事のコメントかも(笑)

トンネル抜けるとテーマパーク!面白すぎた!
残り半分も引き続き気を付けてね~

Re: あこもこ
ナオコ
久々のコメント、超嬉しいよ~☆
スイスいいよ~!刺激は少ないけど、本当に癒される。

後から聞いたんだけど、何周年かの記念で最近テーマパークみたいになってるらしい!笑

コメント:を閉じる▲
ただいま~!!
DSCF5135 (500x375)

皆に会いたくて、少し早めに日本へ帰国!!
DSCF5137 (500x375)

なんつって☆

ここは、滋賀県大津市と姉妹都市である、『インターラーケン』です!
(ほぼスイスの中央に位置する)
この「友好の庭」は、姉妹都市関係を記念して平成7年に造られたそうです。
池の中には大きな鯉もいて、久々に日本を感じたー!!


インターラーケンは田舎の香水が漂う、のどかで 景色が綺麗な街です♪

DSCF5140 (500x375)

木で遊具が造られている、ぬくもりある公園
DSCF5143 (500x375)

広~い野原
DSCF5127 (500x375)

景色を眺めるために、所々設置されているベンチ。
そして、そこに腰掛ける老夫婦☆
DSCF5129 (500x375)


気持ち良すぎるぞー!!

きゃははは~♪
DSCF5133 (500x375)

きゃははは~♪
DSCF5134 (500x375)


本日の車窓から。
DSCF5082 (500x375)

DSCF5089 (500x375)

DSCF5092 (500x375)

DSCF5112 (500x375)


スイスの絶景はもったいないから居眠りしない!!
DSCF5094 (500x375)


スイスは、歩行者優先で、横断歩道では絶対に止まってくれる!!
だから、横断歩道で信号機を見かけません。(都会にはあるけど)
皆さん、すごく優し~い運転をしています☆


そういえば、スイスはビックリするくらいアジア人観光客だらけ!!
一番多いのは中国人かな。次に韓国人。その次がインド人。
日本人には全然会いません!スイスの人達は、皆日本人だと思ってるけど。笑

スイスに限らず、ヨーロッパ全体に沢山います。


[2012/05/01 01:41] | スイス
トラックバック:(0) |


はるな
本当に帰ってきたと思って「びっくりした!」って言っちゃったわ!笑

にしてもスイス絶景すぎ!!!どの車窓の景色も美しい☆そのまま絵はがきにできちゃうね!

なおぴーの感性が詰まりまくったブログは読んでて楽しいぞ!なおぴーの旅の思い出を分けてもらえて幸せだわ~O(≧∇≦)O

Re: はるな
ナオコ
コメントありがとう!!
え、アレに引っかかる人いるんだ!!笑
嬉しいな★
もうね、スイスは本当に癒される。自然はもちろん、人もイイから過ごしやすいのよ~
私も、私の旅の思い出を共有してもらえて嬉しいよ♪


コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。