~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のドライバーさんが非常に良かったので、他の評判もいいし、そこのツアーに申し込みました!

すると、またもやジョニーさんでした!
ラッキー チャチャチャ☆

<本日のメンバー>

一生、旅人か!?笑、ゆうきさん。
チェコと日本のハーフ、春樹さん。
卒業旅行の大学院生、けんごくん。
ラパスでも会った、同じく世界一周中、さとみちゃん。

かなり、面白すぎる人達です!

出だしから結構水が張ってていい感じ!
これは期待できるぞ!
しかも、ジョニーさんがキレイなポジションを求めてどこまでも走ってくれて(;_:)

辿り着きました。ココ!!!
え、空の中!?みたいな。

眩しすぎて、サングラス無しじゃ目があけられなーい!!
日焼け止めも塗らないと、火傷います!!

DSCF2030.jpg


まずは昼食をジョニーさんが作ってくれます!

DSCF2011.jpg
(何気に28歳。若いんだ!笑)

DSCF2018.jpg

こんな所で食事なんて、素敵すぎる!!

419145_250555435038932_100002534317717_517972_970861957_n.jpg

DSCF2023.jpg

DSCF2105.jpg
(ナオト・インティライミ的ジャンプ)

DSCF2116.jpg

DSCF2072.jpg



ジョニーさんが色んなトリック写真を提案してくれて、超カメラマンやってくれました!

DSCF2060.jpg
(ジョニーさんの靴の中にinしてみました)

DSCF2065.jpg
(一応、吹き飛ばしてる感じ)

DSCF2062.jpg
(素敵な力こぶ)

     427483_250554911705651_100002534317717_517963_473659166_n.jpg


DSCF2056.jpg

DSCF2057.jpg

DSCF2049.jpg
(懐かしの組体操、サボテン)

         424936_250554688372340_100002534317717_517962_915454551_n.jpg
         (こうやって皆で協力して成功しました)

風に吹かれるとキラキラ輝きます☆

DSCF2083.jpg


ウユニ塩湖ではしゃぐと、こうなります。

DSCF2125.jpg
(速攻、真っ白!!)


帰る途中でも綺麗なポジションがあると、止まって車を360℃回転(しかも何周も)して見せてくれました!こんなにウユニ塩湖の景色を堪能できるなんて本当にジョニーさんじゃなかったら有り得なかったと思います。皆、ジョニーさんが大好き!!

DSCF2167.jpg


塩の採掘場で、ジョニーさんが色々説明してくれました。
普通のドライバーさんじゃありえない!!

DSCF2177.jpg


現在、ウユニ塩原はリチウム埋蔵量で世界の半分を占めると見積もられているそうです。電気自動車の電池などリチウム需要は将来的に高まると予想され、新たなリチウム産地としても注目されています。
私達としては、この素晴らしいウユニ塩湖の景観は守られるのか心配ですが、現地の人からすれば国が豊かになるのでいい事ことみたいです。


ラパスはじめ ウユニは、卒業旅行シーズンもあってか、ホント日本人旅行者多かったな~

同じ時期に南米を旅しているから、何度も違う場所で会う人もいるし、共通の旅仲間がいたり、日本で共通の知人がいたり、世界って狭いなー!!と思う事が沢山あります。

また皆に会いたいな♪
期間やルートが同じような人は、きっとどこかで会うはず!!



ウユニ塩湖、本当に幻想的な世界でした☆

ただ、一眼レフカメラ持ってくれば良かった…
カメラ詳しい知人や、お店の店員さんに相談したら、重いから絶対コンパクトデジカメで充分と言われてそうしたんですが、やっぱり全然写り方が違う~(+o+)






スポンサーサイト

[2012/03/16 23:36] | ボリビア
トラックバック:(0) |


あこもこ
すごいよぉぉぉぉ
なんかCGみたい。現実にあるの?みたいなw
いいドライバーさんに巡り合えてよかったね~♪
ほんと羨ましすぎです!!

Re: あこもこ
ナオコ
だしょ?だしょ?
これは本当にヤバかった!!
アコモコも新婚旅行で是非!!


miharu
ナオコインティライミの出来上がりだね☆
ウユニ塩湖は、想像以上に素晴らしいとこだね!!!
感動が半端なかったんじゃない!?

あとジョニーさんも最高!笑
良い出会いがあって何よりだよ~(^^)

相棒☆ななみん、その後も体調は大丈夫かな??
旅も大事だけど休むのも仕事だから、2人とも無理しないようにねー!


あや
キレイ過ぎてビックリした!!!
こんなキレイなとこがあるなんて知らなかった~(>_<)
写真だとホントに嘘みたいに鏡みたいに見えるけど、肉眼で見ても鏡みたいに見えるの??
あたしも行きたーい!!!!!!


Re: miharu
ナオコ
うん、感動が半端なかったよ!!
ぎりぎり水鏡の状態が見られて本当に良かった!!

Re;あやちゃん
ナオコ
肉眼で見てもこう見えるのよ~!!
この中を歩くって、超感激だよ!



ラピュタの子
お久しぶりです。鏡の世界に感動しました。
正直ぱっと見た瞬間、精神と時の部屋にしかみえませんでしたwななみはきっとドラゴンボールネタがわからんと思うで、なおこさんなら!と知っていると思いましてつっこませていただきました。

では♪

Re:ラピュタくん
ナオコ
精神と時の部屋とか懐かしっ!笑
ホントそんな感じでしたよ!!

コメント:を閉じる▲
2日目は、1日目でご一緒した山本夫妻に便乗して、サンライズを見に行くことに。

なんと、このお二人、新婚旅行なのです!
新婚旅行で南米選んじゃうわけですから、もちろん最高な方達で、話していても楽しいし、とてもイイ人達です!

この日のドライバーさんは、超アタリ!!
ジョニーさんといって、人柄が本当にイイこと~(>_<)
英語も日本語も勉強熱心で、サービス精神が豊富すぎる!

絶好のポジションまで車を走らせてくれました!!


暗がりから、薄っすら明るくなり始めました。

DSCF1612.jpg

DSCF1674.jpg

DSCF1633.jpg

出る…出るぅ…!

DSCF1682.jpg

ひゃ~!出たぁ~!!!!

DSCF1755.jpg

本当に綺麗な水鏡で、上下が分からなくなる感じです!
まるで天国のようだと よく表現されますが、まさにその表現がピッタリ!!


太陽が2つ!
DSCF1941.jpg

ウユニの塩の感じ
DSCF1927.jpg
(すごく硬くて、ゴツゴツしてます。手足が切れます)

こうゆう穴が所々あって、割れるんじゃないかとちょっと恐怖
しかし、ジョニーさんを信じて。

DSCF1899.jpg

朝日に照らされるジョニーさんの車。

DSCF1790.jpg

本当に素敵な光景でした。

帰り道、車の上に乗りたいという私達の要望に応えて、乗せてくれました!
(昨日のドライバーは潰れるからダメっと言って乗せてくれず)

DSCF1944.jpg

DSCF1943.jpg


水が張ってない所はこんな感じ

DSCF1954.jpg
(寒いし、まるで雪の中を走っているような錯覚に陥ります。)

ウユニ塩湖では、フラミンゴの群れが沢山見られます!

DSCF1963.jpg

DSCF1964.jpg
(鮮やかなピンクオレンジでとってもキレイ!!)


この日、昼間も車をチャーターしたかったのですが、サンライズツアーの後にホテルをチェンジしたちしている間に、他の人達はツアーに行ってしまい、人数が集まらず、この日はゆっくり過ごしました。

ホテルの近くにある観覧者に乗ってみました!
海外によくある、体だむき出し観覧者。
DSCF1967.jpg

DSCF1968.jpg
(まさるくん。頼りになる青年です)


結構スピードが速くて、高さもある!!

上からの眺め
DSCF1973.jpg

DSCF1969.jpg

近くの公園で地元の子供達に混ぜてもらいました!

DSCF1997.jpg
(このウェーブが結構なものでして・・・)

DSCF1998.jpg
(ガッツリ腕を擦りむきました。笑)

この夜、雨がザーと降り、塩湖に水が溜まる~!と皆大はしゃぎ。
あとは、晴れてくれる事を祈って…Zzz




[2012/03/16 23:30] | ボリビア
トラックバック:(0) |
お待ちかねのウユニ塩湖、行って参りましたー!!

ウユニ塩湖は、アンデス山脈が隆起した際に大量の海水がそのまま山の上に残され、さらに乾燥した気候であったこととウユニ塩原が流出する川を持たなかったことより、近隣の土壌に残された海水由来の塩分もウユニ塩原に集まって干上がり、世界でも類を見ない広大な塩原が形成されたものです。

いまや日本でも一生に一度は行ってみたい場所として話題ですよね(^_^)


ウユニに到着するのは昼過ぎのはずが、結局早朝に到着してしまいました。
たぶん、道の状態が良く、迂回せずに通常の道を通って来たのだと思います。
しかし、到着しても何も言ってくれないのはWhy??笑
早朝に着くなんて思ってないから、みんな何故止まっているか分からず、しばらく乗ったままでした。
そーゆうとこ南米だな~て思います。笑

早朝に着いたため、予定外に今日もウユニツアーに参加できる事になり、ホテルにチェックインするやいなや、ツアー会社が集まる所へGO!
歩いてる途中で 日本人の男の子を見つけて、ツアーはどんな感じかなど聞いてみる。
ツアーに申し込むより、人数を自分たちで集めて車をチャーターしたした方が安く上がるとの事で、その男の子(まさる君)も含め人数を集めてみる事に。


ウユニは日本人旅行者がとにかく沢山いるので、とりあえず声かけまくる。
まさる君のツテと、道で声を掛けたご夫妻とでなんとか7人集まり、そのメンバーで申し込む事に。
一人 110ボリビアーノ(約1320円)でいけました。

メンバーは、まさる君・池ゾウ・イクちゃん、山本ご夫妻(なおさん・あきこさん)。
皆さんは、前日 既に行ったメンバー。
しかし、ウユニ塩湖は日によって全然違うらしいので、皆 何度か行きます。朝日・日中の青空・夕日・夜空の星と、それぞれ見どころがあります。
この日私達が決めた日程は、12時~日没(19時過ぎくらい)。
現在、既に雨季が終わりかけていて、あまり水が張っていないらしいとの情報が。
水を探し求めて、いざ出発!
この日は、天気があまり良くなく、ちょっと残念な感じでした(^_^;)


塩湖に向かう途中、リャマorアルパカの群れを発見
DSCF1498.jpg

DSCF1497.jpg
(リボン付いてるから野生ではないな)


まず、電車の墓場に連れていってもらいます。

DSCF1469.jpg


二人して、ボリビアで買ったパンツ(通称:ボリパン ※大体の日本人達が買う)を履いてます。

DSCF1477.jpg

DSCF1483.jpg
(ちょっと、はしゃいでみました)


地面が土色からだんだん白に変わってきて
「うわ~!塩に突入だ!」とテンションが上がります!


塩を採掘している所。

DSCF1504.jpg

これがウユニ塩湖で採れた塩です!

DSCF2208.jpg


こちら、塩のホテル!!

DSCF1509.jpg

全部 塩で出来てます!!

DSCF1512.jpg

DSCF1510.jpg
(塩壁アップ)


綺麗な水鏡に見える 水が深めなポイントを探し求めているのですが、何せドライバーさんがクセ者で…
ツアーじゃなくチャーターなのにも関わらず、全然動いてくれない!!
他のツアーの人達からの「あっちの方で綺麗に見えたよ!」って情報を伝えても、あっちの方は塩が薄くて沈没するから行けない!(実際そうゆう事故があったそうです。塩の層は6~7mで、その下は水)!とか。
皆行ってるし、 まだこの辺大丈夫なんじゃないの?って範囲なのに。
挙句の果て、そっちまで行っちゃうとガソリンが足りないとか言い出して(^_^;)
まだ全然走ってないじゃん!ありえないっしょ~!と、思わず爆笑でした。

ウユニツアーでは、ドライバーさんにで全然変わってしまいます。
いい景色が見れるかどうかはドライバーさん次第。
私たちはハズレのドライバーさんだったのです(;_:)


結局、あっちで見れたよって情報の方角に向かってもらい、その代わり他はもう探さないという事で合意して、とりあえず少しは綺麗に見える所で止まってもらいました。

水が浅いと、塩の結晶がブツブツして見えて綺麗に水鏡にならないんです。

DSCF1528.jpg

一応トリック写真もやってみました!

DSCF1529.jpg
(池ゾウくんと)

DSCF1544.jpg
(イクちゃんと)

トリック写真は一面真っ白な世界だからこそ実現できるのです。

DSCF1546.jpg
(山本ご夫妻)



残念ながら、夕日は雲に隠れて見れなかったです。

[2012/03/16 22:39] | ボリビア
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。