~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を2日間乗せて頑張ってくれた『キャメちゃん♂』
DSCF2628.jpg
と~てもいい子です!!
もうラクダが大好きになっちゃいました(●^o^●)

立ち上がられる時ちょっとコワい。
座られる時もっとコワい!!
DSCF2604.jpg
乗るところは補強されているので、第二次 恥骨損傷には至らず。
ただ、内モモがめっちゃ鍛えられます。
DSCF2601.jpg

ラクダの後頭部
DSCF2618.jpg
ラクダのシッポ
DSCF2836.jpg

ラクダは歩きながら四六時中、ウン〇をしています。
なので、砂漠のそこらじゅう ラクダのウン〇だらけ。
でも、まるまるしていて とても可愛いです。
DSCF2606.jpg

キレイな砂並。
でも、ココは雨が降る砂漠なので、草が結構生えてて、思い描いていた砂漠のイメージとちょっと違いました(^_^;)
DSCF2823.jpg

DSCF2829.jpg

DSCF2623.jpg

私達が泊まるテント。
テントというか、宿泊場?
DSCF2626.jpg

ラクダはすごくお利口!
着いてから翌日出発するまで、同じ場所に座りっぱなし。
なんだか可哀想になってしまう。。
そりゃ、歩きながらウン〇するしかないよね(>_<)
と思いきや、座ったままその場でもしてた。笑
DSCF2633.jpg


気持ちいい~!!
DSCF2635.jpg

サンセットを見るために高い山に登る。
これが大変(+o+)
砂に足を取られて、本気でスパイダーマンにならないと登れない!
DSC02276.jpg

DSCF2650.jpg

山の向こう側には沢山テントが。
DSCF2647.jpg



この日、ある記念日が誕生しました!!

ホップ
DSCF2652.jpg
ステップ
DSCF2653.jpg
ジャーンプ!!
DSCF2661.jpg

『ななみんが一皮剥けた記念日』!!
普段、変顔をしない人がするほど面白い事はない!
ななみん、おめでとう!!!
ななみんの周りの方々、ななみんを開花させてゴメンナサイm(__)m


夕日は見れたのですが、普通な感じ。
DSCF2670 - コピー


夕食は、屋外で。
DSCF2694.jpg
夕食が出来るまでの間、寝転がって夜空鑑賞。
あ~キレイ!!
かろうじてデジカメで撮れた月。
DSCF2700.jpg


星空の下、なんて贅沢なディナーでしょう☆
DSCF2713.jpg
キャンドルは砂に立てるという。笑
DSCF2706.jpg
そして、メインはもちろんタジン!
野菜たっぷりでめっちゃ美味しかった~(>_<)!!
DSCF2716.jpg

途中で雲が出てきて陰ってしまったのですが、深夜になったら雲が消え、ありえないほどの星空が!!
今までの中で一番多くの星を見ました。
まるでプラネタリウム!!
DSC02387.jpg
(ななみんの一眼で撮影)

砂漠の夜は死ぬほど寒いと聞いていたので覚悟していたのですが、そこまで寒くない夜でした。


そして、今回のメイン!!サンライズ!!
起きてすぐに急な坂を上るのは、しんどかった~
ゼイゼイしてる間にどんどん明るくなり、
感動~!!
山の向こうから、「ポコ!!」っと音をたてて出てきました!
DSCF2732.jpg

DSCF2745.jpg

DSCF2748.jpg

DSCF2763.jpg
そして砂漠に朝がやってきました。

たまには、さすらってみる。
DSCF2788.jpg

山の鋭角さを体で表現してみました。
DSCF2789.jpg

昨夜雨が降ったのですが、砂漠に雨が降るとどうなるの??
と思いませんか??
カラカラだから、すぐ吸いこんじゃうの??
答えは・・・

濡れて表面も硬くなる!!
水が垂れて波模様。
DSCF2809.jpg

DSCF2814.jpg
普段はサラサラなので文字は書けないですが、この通り文字だって書けちゃう!!
まるで、海の濡れた砂浜!!

サンライズ見たあとのミントティーは美味しかったです!
DSCF2816.jpg

先導のお兄さん。
DSCF2815.jpg

衣装借りちゃった(^_-)!
DSCF2817.jpg
ペルーで買っておいた付け髭が、やっと使えました!!
DSCF2820.jpg

サハラ砂漠。
今回、砂漠で体験した全ての事が楽しかったです!!
砂漠の砂、欲しい人が居たら言って下さい。笑



最近、写真を見てつくづく思う(髭じゃない普通の)。
私、どんどん男前になってきてないか…
大丈夫か、嫁入り前のアラサ―よ(T_T)
スポンサーサイト

[2012/03/30 23:15] | モロッコ
トラックバック:(0) |


エィコ☆

砂漠…
楽しそうッ(o^-^o)!!

空気は澄んでるの?
砂ぼこりっぽい?
水道とかなさそうだけど、衛生的に大丈夫?

でも、景色は素晴らしいね!!
生の星空、プラネタリウム素敵☆
流れ星いっぱい見れそう♪

ななみんも、なおに染められてしまったのね…☆
変顔…まだ私には出来ません(>_<)


最後のラクダちゃんとの2シヨット♪
わたし、好きですッ☆

ラクダちゃんも歯を見せて笑ってるょ!!

Re: エイコさん
ナオコ
水洗トイレも水道もありましたよ!
雨水貯めたやつだけど。笑
全然埃っぽくなかったですよ!澄んでもいないけど。
アラジンの世界でした☆


あや
ついにななみんも(笑)
でも、ステップの時のなおぴの顔!!
アレはないでしょ~!!久々のハイレベル変顔に、もうお手上げって思った(^o^)/
FB見て散々笑ってからブログに来たけど、やっぱなおぴはすごい!(笑)
あの目の作り方のできる人を私は他に知りません!(笑)

Re: あやちゃん
ナオコ
キレイなエロ目でしょ!!
でもね、やっぱりパターンが決まってきちゃってるから、
新たなバリエーションを増やそうと、最近模索中。


ヒメ
ななみん(o^▽^o)おめでとう☆
成長の証だね〜
直Pの恥骨も無事で何よりです♪
引き続き、素晴らしい旅をっ‼

Re: ヒメ
ナオコ
ヒメ!コメントありがとう☆
日本の桜が咲く頃に、丁度ななみんも開花して、本当に素晴らしい事だよね!!
引き続き、あのアルバムに貼るべく、素敵な思い出を作って参ります!!



RYO&ひつじ
変顔で女子力UPだね!!
いやぁー、お嫁にいけないかも・・・(苦笑)

でも俺はこういうの好きだけどね!

Re: RYOさん&ひつじさん
ナオコ
だから まだお嫁に行ってないのかも…笑


コメント:を閉じる▲
マラケシュから長距離バスで13~4時間。
メルズーカというところにやってきました。

南米の快適長距離バスに慣れてしまっていたので、キツキツでリクライニングがあまり出来ないモロッコのバスは、ちょっと残念に感じてしまいました。
トイレも付いてないのに休憩めっちゃ少ないし(T_T)

しかも、バス停で停まった時に、物乞いをする人達が乗ってくる!
寝たふりしても、ツンツンして手を突出し「金!金!」って言ってくる~(+o+)
正直ちょっと恐かった。。。

そして面白いことに、無銭乗車で途中で降ろされてる人とかいました。笑
「え~!長距離バスでチャレンジしちゃうの??笑」
心の中で突っ込んでました。
まぁ、乗る時に確認しないからこうゆう事が起こるんだけど。

日本には無い、てきと~な雰囲気が面白いです。


同じバスだった日本人の達也さんと
DSCF2566.jpg
約1週間の休暇でモロッコ旅行に来てます。

ホテルでの夕食
豪華な雰囲気です!
DSCF2570.jpg

DSCF2573.jpg
メインは、ミートボール タジン?
ちょっと焦げぎみ。

ホテルは、朝食・夕食付で3000円。
ちょっと高いけど、食事込みだし、シャワーお湯出るし、素敵だからOK!!
そう、モロッコはお湯が出るホテルは少ない。
出ても、熱湯・水・熱湯・水ってな感じで中間がなかったり…
南米でもそうゆう所あったけど、寒いところでの水シャワーは本当に辛い(+o+)
ちなみに、モロッコはマラケシュは超暑かったけど、この場所は今の日本と同じくらいの寒さです。
ありがたき、お湯シャワー!!

プール付!!
DSCF2577.jpg

DSCF2574.jpg
所々てきとーな所が見え隠れしますが、基本的には素敵なホテルです。
オーナーが日本でモロッコ料理のお店をやっている方だそうで、お部屋にも日本語の表示や、日本語のウォシュレットが付いています!

ホテルの2階テラスからの景色
DSCF2582.jpg
周りはホントなんもなーい!!
土造りの民家だけ。

じゃーん!!
DSCF2587.jpg
なんと~!目の前には砂漠が!!
素敵すぎる!!


今日の夕方から砂漠ツアーに出発します!
イェ~イ!

でも、一つ心配事が…
順調に治りかけていたお腹が(どうやら寄生虫は飼ってなかったようです!)、今朝からまた…(+o+)

私のお腹どんだけ~



[2012/03/29 20:22] | モロッコ
トラックバック:(0) |
宿のドア
DSCF2552.jpg
宿のある細道
DSCF2553.jpg
雰囲気が素敵だ~
世界遺産で寝泊まりしているなんて感激です。
でも住民の人達は自覚ないんだろうな。。


今日も、昨日と同じ広場に行ってみました。
「地球の歩き方」にカフェの2階からの眺めがいいと書いてあったので行ってみたのですが、普通でした。
DSCF2556.jpg

同じく地球の歩き方でモロッカンスイーツが薦められていたので、昨夜のリベンジ!!
DSCF2558.jpg
やっぱり独特の味…
シナモン入り漢方菓子だ~(+o+)
でもまぁ、土地の味食べれて良かったです。


その後、歴史地区へ行ってみました。
DSCF2559.jpg
有名な宮殿の門。
入口には、2つの大砲が並んでいるのが特徴です。
DSCF2561.jpg
大砲見るとテンション上がっちゃうんです!



モロッコは野良犬はあまりいなくて、野良猫だらけ。
南米は異常なほどの野良犬(しかも大きすぎる!シェパードとかいるし。)の数だったので、違う土地へ来たのだなと実感します。
南米の人達はフレンドリーだけど、こんなに絡んでこなかったし、親切心があった。
こっちの人は、ウンザリするくらいに絡んでくるし、親切でやってくれてるんだと思ったらお金を要求されたりするので、感覚を切り替えないと!!
道もうかつに聞けない(T_T)

ちなみに、日本との時差は-9時間☆
明日は、砂漠に向けての移動日です。



[2012/03/28 02:45] | モロッコ
トラックバック:(0) |
<モロッコ基本情報>

国旗

800px-Flag_of_Morocco_svg.png
赤色は預言者モハメッドを象徴し、五芒星は「スレイマンの印章」を表している。

場所

800px-LocationMorocco_svg.png
         北アフリカ

正式国名
モロッコ王国 Kingdom of Morocco

面積
約45万9000km2(日本の約1.2倍)※西サハラは除く

人口
約3086万人(2007年)

首都
ラバト Rabat

民族構成
アラブ系65%、ベルベル系30%

公用語
アラビア語、フランス語

宗教
国教はイスラム教(スンニ派)

※地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはアフリカ大陸唯一のアフリカ連合非加盟国となっている。

ヨーロッパ、アフリカ、アラブをつなぐ交易の十字路として重要な役割を果たしてきたモロッコはマラケシュ。その結果、地域によってかなり異なった文化をもつ。






大好きな南米に別れを告げ、初めて大西洋を渡り、一瞬スペインに上陸。
昨夜、モロッコに到着いたしました!
空港に到着するやいなや、アラビア文字と女性達がスカーフを巻いている装いが、異国感を匂わせてました♪


宿泊しているホステル
DSCF2505.jpg
アラビアンな感じがしますでしょ~


早速、マック見つけちゃったので入りました!
さすがモロッコのマックは新鮮なメニューが多かったです。
私が食べたのはコレ
DSCF2509.jpg
ハンバーグが生地に包まれているもの。
これは、美味しーい!!
ハンバーグ自体の味も上品で味わい深く、味付けも美味しかったです!
これは、◎ですな!!


お次は、マラケシュの旧市街。
マラケシュの旧市街は城壁に囲まれており、世界遺産に登録されています!
その中心にあるジャマ・エル・フナ広場は大道芸や露店を開いていて、
夜になるとエスカルゴを出すお等の屋台街になります。

その奥に迷路のようなゴチャゴチャしたスーク(市場)があります。
DSCF2516.jpg

DSCF2517.jpg

DSCF2518.jpg
(タジン料理屋さん)
DSCF2519.jpg
(生エスカルゴ屋さん)


モロッコでは、日本人女性がモテます。
何故なら、遊べちゃうというイメージ(実際そうゆう人達が居るからなんだろうけど)と、結婚してどうにかこうにか日本に転がり込みたいかららしいです。
出発前に狂犬病の予防接種を受けに行った時、その先生が世界2周した人で、とにかくモロッコの男性には気を付けろと再三言われました。笑
実際、とにかく優しい。そして、やたら触れてきます(^_^;)

街を歩いていても、皆日本語で話しかけてきます。
特にスークは全員と言っていいほど。
挨拶はもちろん、とにかく知ってる日本語を言いまくる。
「そんなの関係ねー!」
「宮迫です!」
「小林さん!」
「貧乏プライス!」「貧乏プライス!」「びんぼう!」「びんぼう!」「びんぼーう!!!」
そんなに連発されると違う意味に聞こえるし。

てゆーか、皆そんなに日本語知ってるのに、ウチラ以外全然 日本人見かけないし!!
普段は沢山いるのかな??


このおじさんは写真を撮れ撮れ騒ぎすぎで、逆に面白くなっちゃいました。
DSC02024.jpg
(くっつきすぎでしょ!笑)

振り向かないと、しつこく付きまとってきて、腕を掴む人もいるし。
後半は疲れて、もうスル―。私はチャイニーズになりました。


そして、スークの醍醐味は値切り交渉。
もとの5倍くらいの値を言ってくるので、結局 半額で買えたりします。
こうゆうアラビア圏の物って可愛いんだよな~
自分が結婚したら使いたいアレコレとか、可愛い雑貨とかを皆に買って行ってあげたい願望が。。
でも今そんなの買ってる場合じゃない(予算面と、荷物送ったばかりなのにまた送るのもったいない)。
だけど、ここでしか買えなーい!という気持ちの葛藤です。
普通の旅行で来てたら絶対買うけど、世界一周となると買えないものが結構あります。
「買い物欲…」
この葛藤は、女性バックパッカー特融のものでしょうね(-_-)



くねくね道でどこまでも続くスークを歩きまくったのと、しつこい人達の対応でクタクタに。
ここでちょっと休憩。
モロッコでよく飲まれる、ミントティーを飲みました。
DSCF2521.jpg

DSCF2522.jpg
「え、ミント、色 濃っ!!」
と 思いきや、中国の緑茶にミントを混ぜるしいです。


夕方になり、お待ちかねの屋台登場!
これは食べなきゃね!
DSCF2524.jpg
エスカルゴ~!!
DSCF2527.jpg

DSCF2526.jpg

DSCF2529.jpg
めちゃめちゃ熱くてビックリー!!

あまり美味しい味付けではなかったな。
でんでんむし自体の味が引き立っていました。笑

そして、メイン ディッシュ!!

DSCF2533.jpg

モロッコ来たら、これ食べなきゃ!!
DSCF2538.jpg
タジン鍋!!
蓋が付いて来なくて残念(^_^;)

デザートに、スイーツと思ってチャレンジしたのがコレ
DSCF2539.jpg
お店のおじさんが、スパイシーというので、もしかしたら変な味かもと覚悟してはいたのですが、やはり…
何の味なのか分からないけど、私はシナモン入り漢方ケーキなのだと解釈しました。
最後まで食べるの苦労しました。

大道芸を見る輪に加わったり、写真撮ったりすると、お金を要求されます。
猿を遠目から撮ったの見つかって約100円取られました。
DSCF2542.jpg
(見つかった瞬間。笑)

広場全体を撮ろうとしても、みんな無理やり写りこんでこようとする始末。
そこまでされると、もう、笑ってしまうわ!!


レストランのトイレでチップ係をしている極悪おばちゃんともちょっとトラブったし、こうゆう国はお金がらみは怖いな。

マラケシュのシンボル、クトゥビア・モスク
DSCF2548.jpg


モロッコは、以前行ったことのあるエジプトと似てます。
あ~、この異国感!!居るだけで面白い国だな!!

モロッコに来た一番の目的は『サハラ砂漠』。
今回、サハラツアーに参加します!!
明日もマラケシュに一泊してから砂漠地帯へ移動します。

きゃー!楽しみ☆

[2012/03/27 09:04] | モロッコ
トラックバック:(0) |


あや
なんか面白いね~(^.^)
モロッコってちょっと前に流行ったファッションのイメージしかなかったけど、全然知らない世界って感じ!
やっぱり大陸が変わるとちがうのかなぁ?
それともお国柄の問題??
帰ってきたら色々教えて~☆


Re: あやちゃん
ナオコ
イスラム圏って感じ。笑
うん、帰ったら色々ね!!



まどりんこ&やす
いや~。
あさばっちが好きそうな雰囲気だね♪
エスカルゴ、、、食べるのに勇気いるわ~~。
サハラ砂漠楽しみだね!!

各地の独特な雰囲気を心から楽しめるのがまずすごいね! 今度はヨーロッパを心行くまで楽しんで来て下さい。
PS こちらは少しずつ春が近づいてきてます。引き続き体調には十分注意して下さい。


ラピュタの子
砂漠好きで鳥取砂丘に一昨年5回行きました。夢は世界中の砂丘から転げ落ちることです。無類の砂漠好きです。何もないというのは一つの芸術ですb

羨ましい~

Re:まど&やす
ナオコ
エスカルゴ、楊枝でクルって出して食べるんだけど、触角がピョンって付いててて
でんでんむしだった…笑  そして、貝のように 奥の方は肝のような苦さ。

日本、サクラ咲いてるんでしょ?栃木はまだかな?
移動ばかりして、暑い寒いを繰り返しているから季節感がなくなる~
ありがとう、体調には気を付けます!


Re: ラピュタくん
ナオコ
年に5回は行き過ぎでしょー!!笑
大好きなものがあるって幸せな事です(^.^)
将来、是非、世界の砂漠巡りして下さい!!


コメント:を閉じる▲
昨日はリマの市街を散策。

カテドラル(大聖堂)に行ってみたんですが、入場料が掛かり、しかも高かったので、外からのみ眺めました。
DSCF2467.jpg

DSCF2462.jpg
(面白い写真が撮れた笑)

その後は、中華街などぶらぶら。
パーティーグッズ街があったり、訳わからないお店が一杯ならんでいて、かなり面白かったです。

夜は、メキシコにいるシホが紹介をしてくれた、リマ在住のパベルさんとご飯。
本当はリマを案内してもらう予定だったのですが、お仕事になってしまったのでご飯のみ。
DSCF2479.jpg
しほ~!パベルさん元気だったよ☆

ペルー料理のお店に連れていってもらいました!
DSCF2480.jpg

DSCF2478.jpg

パベルさんは、ペルーと日本のハーフ。日本語は喋れなかったけど、2年日本で働いて(そこでシホと出会った)、その後日本の大学院に行き、この春まで5年間 日本に住んでいたので、日本語はかなり上手!
おまけに超いい人だったので、楽しいひと時を過ごせました(^.^)
DSCF2482.jpg
ありがと~
パベルさん!!


宿に帰って談話室で休んでいると、ご主人がお酒を振る舞ってくれました!
お腹壊している時はコカ茶が一番らしい。
コカ茶にラムを混ぜてのめば、お腹の菌もアルコール消毒だ!!との事。笑
後から来たみんなも参戦して、プチ飲み会☆
DSCF2487.jpg
(久々の猪ノ木 顔)
一番右が旦那さん。日系2世ですが、日本語がカタコトでソフトな喋り方の、チャーミングなおじさんです!
この日はお酒が進んで上機嫌。すっごく酔っ払っちゃってました!

日本人宿っておもしろい(^o^)!!



ペルーのマック
またもや普通のしかないな~
DSCF2494.jpg

南米は変わったご当地メニューが無かったから残念じゃった~
DSCF2495.jpg
(ご当地マックが食べれなくて、悔しいです!!)



今日で、南米ともおさらばです(;_:)
そう考えると淋しくて淋しくて…
体調崩して辛い時期もあったけど、南米面白かったな~
たぶん南米ならではの、面白さがある。そうそう見れない光景が沢山あるし。
南米をもう何ヶ月も旅している人達の気持ちが少し分かってしまった。笑

そして、旅の醍醐味とも言える、旅仲間との出会い。
いい出会いが沢山ありました。南米を旅する人は、やはり面白い人が多い!興味深い人だらけ。この出会いは本当に私の財産です!!

南米に来る前は、治安悪くて怖いイメージばかりだったけど、現地の人達とも いい人ばかりと縁することができて、本当に幸せでした。嫌な思いをさせられた事はあまり無かった。
(実際、他の旅仲間は何か一つは盗まれてる人が多い中で、よくもまぁ、私達は何事もなく過ごせたこと。笑)
本当に沢山の人達に助けてもらったなぁ~!!
うん、南米は「人」っていいなー!!って、とことん思わせてくれた場所です!

愛して止まない南米、絶対また来るぜよ~!!



私が、この旅でコレクションしているもの。

<南米にて!!>

ピンバッチ
DSCF2455.jpg
(ペルーのは今日空港で買うつもり)

マグネット
DSCF2454.jpg



そして、南米でお世話になったもの。

これは、地元の友達が出発前にくれたお守り。
DSCF1459.jpg
「おまもり」の「り」が どっか行っちゃった(>_<)
紐まで編んでくれて、ぜーんぶ手作り!!
DSCF1460.jpg
中身は皆からのメッセージ。2ページあります!
他県に嫁いだ友達も郵送してくれたみたいで(:_;)

もらった時、感動して皆の前で読めなかったな(泣いちゃうから)。
家帰って、一人で読んでウルウルしたものです。笑
この旅中も、体調崩した時は得にコレみてウルウルしました。
いつも元気もらってるよ~!ありがとう!


こちらは、以前、共に世界一周を夢見たけど、行けなかった友人がくれたもの。
DSCF1461.jpg
もっとあったけど、体調崩した時に、気持ちを元気づけるために食べました!!
残りはヨーロッパでかな!!

他にも、皆からもらったお守りグッズをたまに眺めます。
すごく幸せな気持ちになります(^_-)
皆さん、本当にありがとうございました!


今夜の便で、一旦スペインまで飛び、その足でモロッコに向かいます!
さて、次はどんな出会いが待っているのだろう~☆

DSCF2492.jpg
(物価の高いヨーロッパに向けて、栄養の高い非常食を買い込みました)





[2012/03/25 01:37] | ペルー
トラックバック:(0) |

初コメ
RYO&ひつじ
ブログやってたんだね。発見&俺が写ってるぅーー。
猪木顔やばいね!!お嫁に行けんよ(笑)

でも明るくて誰に対しても気さくで人さわりない、なおちゃん好きだよ!!

ヨーロッパわからないことあったら連絡してね。
わかる範囲で協力するから。
http://www.raileurope.com.pe/
http://persoenlicherfahrplan.bahn.de/bin/pf/query-p2w.exe/en?
トーマスクック代わりに使ってたサイトです。
よかったら使ってみて。

ヨーロッパの旅楽しんでね。ではまたチャオーチャオー。
BY 寄生虫男

Re: RYOさん
ナオコ
ブログ発見してくれたんですね!ありがとうございます☆
リマではお世話になりました&色んな情報をありがとうございました!
そのサイト助かる~!ありがとうございます。
またアジアで会えるといいですね\(^o^)/

もうすぐ
miharu
世界一周の旅も1/3が過ぎようとしているんだね!
もうすぐヨーロッパかぁ(^^)

私もヨーロッパなら情報持ってるから、何かあったら遠慮なく♪ちなみにフランスには日本人の知り合いもいるから☆








Re: miharu
ナオコ
そう、きっと後半はあっという間だよね!!

ありがと!!なんか聞きたい事あったら聞くね☆


コメント:を閉じる▲
昨夜、ペルーはリマに到着。

この旅始まって以来の、ウェルカムボードでお出迎え!!
の、はずが…
めちゃめちゃ看板持ってる人いるんだけど、全然見つからない(*_*)
うろうろしている私達を見た空港スタッフ(たぶん)??のお兄さんが、一緒に探してくれて、挙句、宿に電話まで掛けてくれたんですが、何故か違う所に掛かってしまい(番号間違ってなかったのに)、ネットで検索をしようって言ってくれたその時、出会えました~。今来たところって感じでした。笑
リマの空港はめちゃめちゃ大きくて、混雑するので、入国手続きなど長蛇の列。
飛行機が到着してから出口まで1時間~1時間半かかるのが通常らしく、ゆっくり来たのでしょう。
もぉ~、焦っちゃったわよ~

   DSCF2442.jpg

リマでは、ウユニで出会った人に紹介してもらった、日本人宿に泊まります。

しっかし、空港のお兄さん超~親切だったな(>_<)!!
電話も自腹で掛けてくれました。



宿の朝食は和風的な焼きそばと、ペルーのコロッケ。
DSCF2443.jpg
実は私、まだ日本食が恋しくなりません。
よく、一回食べちゃうとスイッチは入っちゃうって言うけど、まだ大丈夫だな。
果たして、途中で恋しくなるのか!このまま帰国しちゃうのか!?



旦那さんがペルーと日本のハーフなのでしょうか?カタコトだけど日本語が話せます。
奥さんが日本人で10年前にペルーにやってきたそう。
この奥さんが、めっちゃ面白い!!
パワフルな方です。
DSCF2456.jpg

宿泊料金に洗濯無料と書いてあったので、朝 洗濯機をお借りしようとしたら、
「そこに置いといて~」と!!「え??」戸惑う私達。
実は、奥さんがお客さん全員分洗ってくれるんです!!
何故かというと、ペルーでは水が貴重らしく、水道代がとても高いらしいのです。
日本に比べると物価がカナリ安いのに、水道代は日本並?それ以上?
なので、未だに洗濯機が無い家が多いそうです。むしろお手伝いさんを雇って手洗いしてもらう方が安く済むらしい。
そういう状況なので、お客さん各々に洗われると莫大な水道代がかかってしまうため、奥さんが一気に洗ってくれるそうです。

奥さんと話していると、いかに日本人が贅沢かがわかります(^_^;)
ちょっと話は逸れますが、この宿に泊まってる方で、南米を旅行中に体調を崩して入院した人がいて、奥さんが日本人はもっと汚いものに慣れなきゃダメなんだよ~!賞味期限なんてやってるからダメなんだよ。日本人殺すのに武器いらない、ちょっと細菌撒けばいちころだね」って笑ってました。なるほど!笑 と思いつつ「そう言うって事は、この宿の食事はあまり賞味期限守られてないのかしら?笑」と思いました。日本人向けだからちゃんとやってるはず。なんて言いつつ、私自身、賞味期限はあまり気にならないけど!

そう、今ちょっと触れたのですが、私と同じくボリビアのラパスで体調を崩したという人に、これまで沢山出逢いました。入院した人もチラホラ。高熱出るパターンが多いですが、今日話した人は(ご夫婦婦で回っているんですが)、旦那さんは急性胃腸炎と寄生虫。奥さんは、アメーバ赤痢になったって言ってました(*_*)
恐ろしすぎっ!!
それを聞いて、ある不安が。

「もしかして、私も寄生虫飼ってる!?笑」

ここんとこ、ずっとお腹の調子が悪いからな~
少し様子みて治らなかった病院いこ。




今日は街ぶらしました。
というか、お土産を物色。
ここペルーで南米ゾーンが終わるので、南米で買ったもの、持ってきたけど2ヶ月間使わなかったものを一度日本に送ります。これで、荷物が軽くなる~!!
旅で何が一番しんどいって、荷物が重い事(>_<)

そういえば、サンティアゴで一緒だった小櫻くんは、飛行機に乗りそびれて荷物と逸れたんですが、問合せも面倒だし、むしろリュック一丁の方が楽だと、70Lのバックパックを放棄。
これ一つで世界一周します。笑
DSCF2342.jpg
バックパッカーならぬ、リュックサッカー!!笑
眩しすぎる!!
この人、究極のめんどくさがり屋なんです。


話しは戻り、オシャレなお土産屋さんでエンジェルちゃん発見☆
DSCF2448.jpg

DSCF2450.jpg
赤ちゃんチワワ!
可愛過ぎて、我が愛犬達に接する時と同じように、チュッチュしてスリスリして可愛いね~可愛いね~ってやってたら、「それは異常すぎるでしょ~」と、ななみん若干引き気味!笑
本当は口に入れたいくらいでした。


お土産商店街でベンチに座ってななみんを待っていると、ひょんな事から隣りに座っていたおじさんと仲良くなりました。オーストラリア在住、56歳。名前はオーストラリアでのニックネームはニック、本当はマリオさん。旅行が趣味で何ヶ国語か喋れる。現在は、フランス語を勉強中。パワフルで面白いおっちゃんです☆
ななみんが来て少し3人で話し、どこか美味しいお店を知ってますか?と聞いたのがきっかけで、おじさんが案内してくれる事に。最初は案内だけって感じだったんですが、タクシーまで拾って 払ってくれて、結局一緒に食べました(^.^)中華料理&ペルー料理のお店。
DSCF2452.jpg
(ハーブが混ざったペルー版チャーハンみたいなものは)

マリオさんは、昔 日本人2人をホームステイ受け入れしていて、カタコト英語の日本人の扱いにとても慣れています。
間違っていたら正しく言い直してくれるし、聞き取りやすくゆっくりはっきり喋ってくれます。
その生徒さんや、昔「ようこさん」という日本人のガールフレンドが居たらしく、私達と話していて だんだん日本語を思い出してきたと言って、やたら「ありとうございます」「はい!!」を連発。
特に日本人の「はい!」が印象的だったらしく、2人の生徒が電話している時に「はい!」と言っていた様を、真似していました。

とにかく旅行しまくっているマリオさんは、来年2週間 日本にも来るらしく、その時連絡するから日本で会おうと言って、それまでに英語を勉強しておくように言われました!笑
CATV等で「日本語字幕無しの英語のドキュメンタリー番組orニュースを一日30分真剣に見るのを週4日やりなさい、それを半年続けたら、絶対に変わる!!」と助言を頂き、「Do my best!!!」と拳を突き上げました。笑
マリオさんって社交辞令じゃ無いっぽいから、本気で勉強して待ってよっと(^_^;)


結局ご飯もご馳走してくれ、再会を約束。
旅行中、たまにメールをしなさい、そしたら2人が無事だと分かり私は安心するからと、お父さんのようだったり、ちょい悪おやじな一面もあったり、とにかくお茶目なマリオさん!!
DSCF2453.jpg
これまた、ラッキーで素敵な出会いでした(^.^)



皆さんから、痩せたんじゃない!?と突っ込まれます。
自分でもそう感じていて、この日本人宿に体重計があったので久々に計ったら、
3kgくらい痩せてました。
体調崩した事がやはり大きいですね(>_<)
このまま、物価の高いヨーロッパに突入なので、もっと痩せてしまうかと。。
栄養だけは摂るよう、心がけます!

世界一周は果たして、「太って帰ってくるのか、痩せて帰ってくるのかー!」
自分でも興味深々だったんですが、私の場合、太る要素は今の所 全く無いかな~
移動に次ぐ移動という環境だし、切り詰めているので。
アジア入ったら、安くて美味しいから一杯食べちゃうかもだけどー(^o^)
そして結局、 出発時と変わらないって結果になったりして(^_-)








[2012/03/23 10:58] | ペルー
トラックバック:(0) |


かーらだ
俺は変顔が見たいんだよ!

世界遺産と並ぶ変顔が!
何ヶ月待たせんだ・・・

Re: かーらだ
ナオコ
初コメありがとー!
と、思いきや、そこっ!?笑
そうだったよね!大人の階段登り掛けてたわ(+o+)
危なかった~、ありがとよ!!
もう元気になったから、いっちょ やったるわ(^.^)/





あや
やっぱ旅のいいとこは出会いだね~(*^^*)
ステキ☆
赤ちゃんチワワの写真、なおぴの『ワ~』とか『キャー』とか『イヤ~ン』って声が聞こえて来そう(笑)

Re: あやちゃん
ナオコ
そう、学生時代もよく「触ってもいいですか??」tって
言ってたもんね私!笑

コメント:を閉じる▲
昨夜、イースター島に到着。チリとの時差-2時間。

※イースター島(英:Easter Island)はチリ領の太平洋上に位置する火山島。現地語名はラパ・ヌイ(ラパ・ヌイ語:Rapa Nui)。正式名はパスクア島(スペイン語:Isla de Pascua)
現地のお土産とかには、イースター島とはあまり書いてない。


タクシーにて、予約してある宿まで向かうと、オーナーさんに「あら、スタッフが空港まで迎えに行っるのよ!!」と言われ…
スタッフさんが帰ってきてから、「ようこそ!!」と、花の首飾りをくれました。
来てくれるなら、そうと言って欲しかったな(^_^;)
空港でみんなが首飾り貰ってるの、本当は羨ましかったんだもーん!!

DSCF2346.jpg
でも、嬉しい♪

泊まっている宿
DSCF2351.jpg
(玄関)
DSCF2347.jpg
(フロント的ロビー)

雰囲気が島っぽくてとても癒されます☆



中心街の雰囲気
DSCF2433.jpg

DSCF2435.jpg
中心街といってもこじんまりしてます。


コレ空港です
DSCF2357.jpg
(本当に小さくて何もない)



そして、今日は人生初のマウンテンバイクに乗って島を回る事に!!


DSCF2353.jpg
(レンタサイクルの女の人、超強烈)

DSC01611.jpg

いや~、なめてましたよ、マウンテンバイク…
お股、痛っ(+o+)!!
ななみんは、クロスバイクに乗り慣れているので痛くないって~(>_<)
私のペースに合わせてもらっちゃいました。

目的地はAhu Tongarikiという、15体のモアイが並ぶ所。
島半周くらいです。

しかし、風が向かい風で、坂も多く、お股痛いのに大変(>_<)

DSC01613.jpg
(帽子反り返っちゃって、面白い感じになっちゃってる)

街が終わり、大自然に突入したころ、ハプニングがー!!
ギアチェンジの際にチェーンが外れてしまいました(*_*)
キャー!どうしよう!!
たまたま、近くに建物があり、そこに居たおじさんに助けを求めました。
そしたら、難なく直してくれたー!!
DSC01652.jpg

DSCF2368.jpg
(グラシアース!!)

イースター島、めっちゃ大自然!!
DSCF2421.jpg
(海がすごくキレイ)

そして、牛も馬も離し飼い
DSCF2364.jpg

特に馬がそこらじゅうに居すぎる(野生なのか??)
DSCF2420.jpg

DSCF2389.jpg

DSC01737.jpg
(隣り通ったら、びっくりしてヒヒーン!!ってされた!ちょっと恐い。笑)

こんな海沿いを走っていきます。
DSC01672.jpg

でも、あまりの痛さに景色見る余裕が無くなっていきます。笑
そんな!?って、思ってます??
ホント、そんなだったんですって~(*_*)

目的地に向かう途中で見つけたモアイ。
DSCF2380.jpg

休憩しつつ、3時間くらい走った頃に遂に辿り着きました!!

DSCF2404.jpg

これだけ並んでると、スゴイなー!!
皆、顔も背丈も違います。

    DSCF2403.jpg
    (なんか丸顔)
    DSCF2406.jpg
    (この人はモアイの代表的顔だ!)
    DSCF2407.jpg
    (帽子?まさかの髪型ってパターン!?笑)


DSCF2416.jpg
彼らを眺めながら、昼食のクッキーを食べました。
そう、たまたま持っていたクッキー。
一度 街を離れたら、ホントに何も無さすぎ!
すごく暑くて汗もめっちゃかいたので、水を追加で買いたかったのですが、それさえも叶わず(*_*)
危ないところでした。


入口の所に一人で立ってたモアイと。
DSCF2401.jpg


倒れちゃったモアイ。
DSCF2413.jpg

実は、地図上ではココまで来る道に沢山モアイがいるはずなのですが、何故か一体しか見つけられず。
その理由は、皆横たわっていたから。
帰り道、このモアイを見た後だったから気づきました。
立っているものという先入観で見つけられなかったのですね。


そもそもモアイとは何なのか。
海底火山の噴火によって大海原に突然浮かび上がった島(イースター島)に、最初の移民が辿り着いたのは4世紀~5世紀頃だとされています。
7世紀~8世紀頃に、プラットホーム状に作られた石の祭壇(アフ)作りが始まり、遅くとも10世紀頃には、モアイも作られるようになったとの事。他のポリネシアの地域と違っていたのは、島が完全に孤立していて、外敵の脅威が全くなく、加工し易い軟らかな凝灰岩が、大量に存在していたこと。最初は1人の酋長の下、1つの部族として結束していたが、代を重ねる毎に有力者が分家し、部族の数は増えて行きました。それにより 島の到る所に、其々の部族の集落ができ祭壇が作られました。モアイはよく「海を背に立っている」と言われていますが、正確には、集落を守るように立っており、海沿いに建てられたモアイは海を背に、内陸部に建てられたモアイには、海を向いているのもあるそうです。
デザインも時代に連れ変化し、第一期~第四期までそれぞれ特徴が違います。モアイ造りは10世紀~17世紀まで、少なくとも800年は続いたそうです。

生モアイ像を見れて感動しました!!
なので、こってこてにモアイTシャツ買っちゃった☆
   DSCF2437.jpg
って、違うんです。
私、白い服を結構持ってきてしまって、手洗いだと汚れが落ちず、だいぶ汚くなってきていて。
黒いの欲しかったんです。とか何だかんだ言いながら超気に入ってます!笑
しっかし、コレってモアイに見えないな(^_^;)


そして、あの話ですが。。。
完全、恥骨損傷ですよ~(>_<)
最後の方なんて、歯を食いしばってどうにかこうにかって感じでした。
今は、普通に座る事さえも痛いです。笑
あれは慣れなのでしょうか??きっと私は二度と乗らないと思うけど(^_^;)


最後に、体調の方は、昨日あたりから遂に咳も止まり、完全復活しました!!
(あ、まだ お腹は毎日緩いけど)
沢山の方々にご心配をお掛けし、申し訳ありませんでした(>_<)
皆さんの応援に相当 元気を頂きました!!ありがとうございます!
これからも元気に旅が続けられるように頑張ってきます☆

[2012/03/21 14:02] | チリ
トラックバック:(0) |


ラピュタの人
モアイ像がちゃんと並んで立っているのは実は日本人のおかげなんですよbプチトリビアです


エィコ☆
慣れないマウンテンバイクでのサイクリング、
ご苦労さまです☆

でも、素敵な景色が見れて最高ッ!!
塩胡といい、有名な所に行けてるナオが本当に羨ましいし、なんか尊敬!!
その場に一瞬でも一緒に行った気になって楽しんでブログみてるのです(o^-^o)

体調も、まだ油断出来ないから無理しちゃダメょ☆

しかし、肌…黒くなったねぇ!!


Re: ラピュタくん
ナオコ
そうそう、知ってまっせ~(^_-)!!
ななみんと、その話しながら眺めました☆


Re: eikoさん
ナオコ
あはは!笑
黒いですよね!!写真見ると自分でもそう思います。
アジア行ったらどんなになっちゃうかな(^_^;)

体は油断禁物ですね!日本でも、いつも体調不良でしたからね、私って!笑



あや
もうイースター島なんだ!って思っちゃった~☆
もう2ヵ月経つもんね~(*^^*)

そして、改めてだけどホント黒くなった!(笑)
ザ・バックパッカーって感じでステキよ(^^)d
モアイTシャツもよくお似合い♪♪(^.^)

体調回復に向かってよかったね☆
お気をつけて大陸にむかってくださーい(*^^*)

Re: あやちゃん
ナオコ
黒いよね!!笑
舞台のために、必死に焼いた大学時代よりも黒い気がする。
モアイTは着心地サイコ―!!SPF50だし!

でかぃ!
miharu
モアイ像だぁーーー(≧∇≦)
なんか、あたし行ってないのに行った気分に浸り(笑)かなり感動(;_;)

モアイ像の前で、食べたクッキーは最高の贅沢だね!!
羨まし過ぎるから(*^o^*)

それにしても。
同じくマウンテンバイクって乗った時ないけど、悲劇ね~汗
お大事にねp(´⌒`q)


ヒロ子
なんか痩せた?
気をつけろや~。栄養摂取!!

バイクは痛いよね~。
私、オーストラリアでやったけど
もういいや…思い出すだけで痛い笑。

Re: miharu
ナオコ
ミハルもイースター島、超行きたかったもんね~(>_<)
ミハルの事を思って過ごしたよ~

Re: ヒロ
ナオコ
痩せたし、黒いから余計そう見える。笑
ヒロもあの痛み分かってくれか!!
マジで痛いよね!今だに痛いし(>_<)
私ももう乗らない。



コメント:を閉じる▲
なんと、今宿泊しているホテルでウユニで一度ご飯を一緒に食べた小櫻くん(18歳で世界一周)と再会。
今日は4人で。

DSCF2317.jpg


宮殿をチラ見。
首相官邸みたいなところ。
DSCF2321.jpg

      DSCF2324.jpg


DSCF2326.jpg


夕食は買ってきてホテルで。
DSCF2331.jpg

チリと言ったら、ワインでしょ~
DSCF2332.jpg


卓球大会
DSCF2334.jpg
(海外のホテルにも卓球あるんだ!?笑)


早朝に、春樹さんはパタゴニアに向けて出発!!
春樹さんは見た目が外人だから、国境越え、ホテルの受付、自己紹介の時など、「日本人じゃないだろ」と毎度突っ込まれる。笑
しっかし、本当にお世話になってしまったな~!
ありがとうございました☆



※実はPCの液晶が壊れました(*_*)
 今は左側だけですが、進行してきたら使えなくなるかも~
 ブログ更新できなくなったらスミマセン…


[2012/03/19 00:55] | チリ
トラックバック:(0) |


Miharu
チリは日本人出没率、高いね?!
新しい出会いから色々繋がって、更にステキな時間になるねー♪

PCかなり残念・・・
頑張って帰国間近までもって欲しいね(>_<)

Re: miharu
ナオコ
燈本では出会えないような、優秀な人・面白い人 達と出会えて、
本当に貴重な経験だよ~

PCがショックすぎる・・・



まどりんこ
今さらだけど、ウユニ塩湖の写真はすっごかったね!!
PC見ながら旦那さんと『すごい!きれい!』と大はしゃぎ☆実際にあの場に行ったらめちゃめちゃ感動するだろうね~行ってみたいッ(≧∀≦)

いろんな人に出会って、一緒に旅して、とっても楽しそう♪ 
旅のブログずっと見てたいよ~。PCがずっと使えますように☆


幸運がよってくる
ウユニ塩湖は広いんですね~日本ではありえない湖の広さにビックリです。
というか風景写真見ると、ありえない自然環境の広さですね・・・日本ではまず見れない大自然。
世界一周旅行してる日本人は他にもいるんですね。
それも偶然出会うんですね・・・世の中は不思議ものです(笑)
PCの液晶が壊れたのは痛いですね・・・世界一周旅行のブログ記事自体が貴重なので帰国まで持ってくれればいいのですが・・・。最終的には「ネットカフェ」or「携帯電話」からブログをアップする?まさかそこまでしないよね。


Re: まどりんこ
ナオコ
私のデジカメじゃ伝わりきれない!本当はもっとキレイなんだよー!!
まじで一眼持って来ればよかった…リアルを伝えたい(>_<)

PC今んとこ左端は完全に死んでるけど、まだなんとか使えてます。


Re:幸運が寄ってくるさん
ナオコ
大自然という規模が大きすぎて圧巻です!!
旅をしてる日本人、特に南米で出会う人達はカナリ最高。ずっと繋がっていくたいです。
私、携帯もってきてないんです。ネットカフェで日本語使えるPC探せばイケるけど、
一人で旅してるわけではないので、毎回探すのは・・・
最悪の事態になったら、日本で買って送ってもらう作戦です。
なんとか、もって欲しい!保障期間だし!笑

コメント:を閉じる▲
<チリ基本情報>

国旗

800px-Flag_of_Chile_svg.png
白はアンデス山脈に積もる雪、赤は国花コピウエの花と、スペイン軍と戦って流した戦士の血、青地の白い星はチリの統一を表す。


場所
550px-CHL_orthographic_svg.png


正式国名
チリ共和国 Republica de Chile

面積
約75万6000km2(日本の約2倍)

人口
約1697万人(2009年)

首都
サンティアゴ Santiago

民族構成
スペイン系白人、白人とインディヘナとの混血メスティーソ95%、インディヘナ2%、その他3%

宗教
国民の約88%がローマ・カトリック、そのほかプロテスタント、ユダヤ教など。






今日は、サンティアゴ観光をしてみました!
チリって、南米というより まるでヨーロッパのよう。
DSCF2250.jpg

DSCF2245.jpg


平日なのに何故か人が溢れまくってる。
なんでだろ~??
DSCF2290.jpg


サンティアゴ大聖堂!!
DSCF2291.jpg

こんなに厳かな建物の隣に、こんな近代的な建物が
DSCF2292.jpg
(ココは旧市街で、普通 旧市街というのは歴史的景観を崩さないために、新・旧と分けるらしいのですが、混ぜ混ぜな感じです。)

DSCF2293.jpg

DSCF2294.jpg
(フランシスコ・ザビエルの木造)


じゃーん!!
お昼はマック!!
私は「MCラップ」という、ブリトー系のを食べました!
DSCF2297.jpg

レタスと揚げたチキン。
食べるや否や、生地がボロボロ敗れるし、ひたすらマスタードの味…
お味は、△。

DSC01327.jpg

DSC01323.jpg
(ななみんが食べたアボカドが入ったバーガー)

DSC01328.jpg
(春樹さんが食べたトリプルバーガー)

うん、チリのマックはハズレだな。。。


サンルシアの丘という所に行ってみました!
昔、要塞だった所みたいです。
DSCF2236.jpg

a href="http://blog-imgs-43.fc2.com/1/9/8/19821010/DSCF2230.jpg" target="_blank">DSCF2230.jpg

DSCF2231.jpg

DSCF2242.jpg

DSCF2240.jpg
(上からの景色)


お次は、サンクリスとバルの丘。

DSCF2252.jpg

DSCF2260.jpg
(登りはケーブルカーで)

頂上からの景色
DSCF2279.jpg
サンティアゴは空気が悪く、スモッグがすごくて景色が綺麗にみえません…

てっぺんにはマリア像
DSCF2281.jpg

下りは歩きで1時間くらい。
結構歩いたなー!!

空気が綺麗だったら、最高の散歩だったな~





[2012/03/18 00:01] | チリ
トラックバック:(0) |
さらばボリビア

チリはサンティアゴえ向かうべく、早朝にウユニを出発。
前日のツアーで一緒だった春樹さんと、某有名大学だけど超おとぼけ君の大塚くんと共に。
出発直前、ななみんが発熱!!辛そうで、辛いです(>_<)

まずは中継地点のカラマ(チリ)を目指しますが、その間にも乗り換えが。
4時間以上バスに揺られて、ボリビアのイミグレーションに到着。
ネットで見てはいたけど、やっぱり砂漠のような大地!!

DSCF2190.jpg

DSCF2188.jpg


トイレの付いてないバスなので、ココにあることを願いましたが、無い・・・
この旅始まって以来の、初の『青空トイレ』体験しちゃいました!
念のため携帯トイレを持参しているんですが、ここはまだ出番ではないと思い、今回は野ションでいきました。

用を足して、ズボンを上げた途端、私が潜んでいる物陰に お兄さんが写真を撮りながらやってきて、危機一髪!!めっちゃ、スリリングー(*_*)!!



ボリビアの出国手続きを終えると、少し移動して、今度はチリから来るバスに乗り変えるため、本当に何も無いこの地で、バスを待つ。(チリからのバスに乗ってきた人達は、私達が乗ってきたバスに乗って、ボリビアへ行きます)

DSCF2193.jpg
(何も無さ過ぎてビックリする)

45分待ったけど、ここの乗り継ぎが上手くいかず、4~5時間待たされた人の話を聞いていたので、順調な範囲内!ラッキー!

そして、少し進んだらチリ側のイミグレーション。
チリは入国の際、食べ物(豆類・果物等、外来種を持ち込まないよう)の持ち込みが厳しく、珍しく荷物検査がありました。厳しいと聞いていたのですが、女の子だから甘めにパス!

DSCF2194.jpg


それからまた4時間くらいバスに乗ります。
やはりチリの自然はすごい!!

DSCF2197.jpg

標高もどんどん下っていくので、耳がつーん!
ペットボトルもキューっと凹みます。

カルマに着いて、ちょうど数時間後にサンティアゴ行きのバスがあったので、そのまま夜行で向かう事に。大塚くんとはここでお別れ。

これが、南米の長距離バスは乗り修め。結構乗ったな~!!

バスはこんな感じ。

DSCF2198.jpg


食事が付いてないバスだと、休憩所に寄って自分で買うのですが、南米は止まった場所から移動してしまったり、同じ行先のバスが沢山!!しかも、いなくなって整備しにいっちゃったりする。

置いてかれたー!って何度パニくったことか。でも、必ず、同じバスの乗客のおじさんが見ててくれて助けてくれました。
しかも、私はよくバスを乗り間違えます(^_^;)その度に、おじさんが「アミーゴ!そのバスじゃないよ!」って迎えに来てくれました!笑
そして、私は お得意の「てへへ、間違えちゃった!グラシアス!!」って、戻る。ってパターンです!
南米の人達に感謝!!
本当にお世話になりました。


そんなこんなで、サンティアゴに到着!!暑い!ひたすら暑い!
この寒暖の差が、また体に効きそう。。。

ウユニのど田舎から来た私達にとったら、超~都会!!

ななみんは、熱も下がり、一晩休んだら回復しました!!
ふぅ~、良かったぁ(>_<)




[2012/03/17 23:34] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日のドライバーさんが非常に良かったので、他の評判もいいし、そこのツアーに申し込みました!

すると、またもやジョニーさんでした!
ラッキー チャチャチャ☆

<本日のメンバー>

一生、旅人か!?笑、ゆうきさん。
チェコと日本のハーフ、春樹さん。
卒業旅行の大学院生、けんごくん。
ラパスでも会った、同じく世界一周中、さとみちゃん。

かなり、面白すぎる人達です!

出だしから結構水が張ってていい感じ!
これは期待できるぞ!
しかも、ジョニーさんがキレイなポジションを求めてどこまでも走ってくれて(;_:)

辿り着きました。ココ!!!
え、空の中!?みたいな。

眩しすぎて、サングラス無しじゃ目があけられなーい!!
日焼け止めも塗らないと、火傷います!!

DSCF2030.jpg


まずは昼食をジョニーさんが作ってくれます!

DSCF2011.jpg
(何気に28歳。若いんだ!笑)

DSCF2018.jpg

こんな所で食事なんて、素敵すぎる!!

419145_250555435038932_100002534317717_517972_970861957_n.jpg

DSCF2023.jpg

DSCF2105.jpg
(ナオト・インティライミ的ジャンプ)

DSCF2116.jpg

DSCF2072.jpg



ジョニーさんが色んなトリック写真を提案してくれて、超カメラマンやってくれました!

DSCF2060.jpg
(ジョニーさんの靴の中にinしてみました)

DSCF2065.jpg
(一応、吹き飛ばしてる感じ)

DSCF2062.jpg
(素敵な力こぶ)

     427483_250554911705651_100002534317717_517963_473659166_n.jpg


DSCF2056.jpg

DSCF2057.jpg

DSCF2049.jpg
(懐かしの組体操、サボテン)

         424936_250554688372340_100002534317717_517962_915454551_n.jpg
         (こうやって皆で協力して成功しました)

風に吹かれるとキラキラ輝きます☆

DSCF2083.jpg


ウユニ塩湖ではしゃぐと、こうなります。

DSCF2125.jpg
(速攻、真っ白!!)


帰る途中でも綺麗なポジションがあると、止まって車を360℃回転(しかも何周も)して見せてくれました!こんなにウユニ塩湖の景色を堪能できるなんて本当にジョニーさんじゃなかったら有り得なかったと思います。皆、ジョニーさんが大好き!!

DSCF2167.jpg


塩の採掘場で、ジョニーさんが色々説明してくれました。
普通のドライバーさんじゃありえない!!

DSCF2177.jpg


現在、ウユニ塩原はリチウム埋蔵量で世界の半分を占めると見積もられているそうです。電気自動車の電池などリチウム需要は将来的に高まると予想され、新たなリチウム産地としても注目されています。
私達としては、この素晴らしいウユニ塩湖の景観は守られるのか心配ですが、現地の人からすれば国が豊かになるのでいい事ことみたいです。


ラパスはじめ ウユニは、卒業旅行シーズンもあってか、ホント日本人旅行者多かったな~

同じ時期に南米を旅しているから、何度も違う場所で会う人もいるし、共通の旅仲間がいたり、日本で共通の知人がいたり、世界って狭いなー!!と思う事が沢山あります。

また皆に会いたいな♪
期間やルートが同じような人は、きっとどこかで会うはず!!



ウユニ塩湖、本当に幻想的な世界でした☆

ただ、一眼レフカメラ持ってくれば良かった…
カメラ詳しい知人や、お店の店員さんに相談したら、重いから絶対コンパクトデジカメで充分と言われてそうしたんですが、やっぱり全然写り方が違う~(+o+)







[2012/03/16 23:36] | ボリビア
トラックバック:(0) |


あこもこ
すごいよぉぉぉぉ
なんかCGみたい。現実にあるの?みたいなw
いいドライバーさんに巡り合えてよかったね~♪
ほんと羨ましすぎです!!

Re: あこもこ
ナオコ
だしょ?だしょ?
これは本当にヤバかった!!
アコモコも新婚旅行で是非!!


miharu
ナオコインティライミの出来上がりだね☆
ウユニ塩湖は、想像以上に素晴らしいとこだね!!!
感動が半端なかったんじゃない!?

あとジョニーさんも最高!笑
良い出会いがあって何よりだよ~(^^)

相棒☆ななみん、その後も体調は大丈夫かな??
旅も大事だけど休むのも仕事だから、2人とも無理しないようにねー!


あや
キレイ過ぎてビックリした!!!
こんなキレイなとこがあるなんて知らなかった~(>_<)
写真だとホントに嘘みたいに鏡みたいに見えるけど、肉眼で見ても鏡みたいに見えるの??
あたしも行きたーい!!!!!!


Re: miharu
ナオコ
うん、感動が半端なかったよ!!
ぎりぎり水鏡の状態が見られて本当に良かった!!

Re;あやちゃん
ナオコ
肉眼で見てもこう見えるのよ~!!
この中を歩くって、超感激だよ!



ラピュタの子
お久しぶりです。鏡の世界に感動しました。
正直ぱっと見た瞬間、精神と時の部屋にしかみえませんでしたwななみはきっとドラゴンボールネタがわからんと思うで、なおこさんなら!と知っていると思いましてつっこませていただきました。

では♪

Re:ラピュタくん
ナオコ
精神と時の部屋とか懐かしっ!笑
ホントそんな感じでしたよ!!

コメント:を閉じる▲
2日目は、1日目でご一緒した山本夫妻に便乗して、サンライズを見に行くことに。

なんと、このお二人、新婚旅行なのです!
新婚旅行で南米選んじゃうわけですから、もちろん最高な方達で、話していても楽しいし、とてもイイ人達です!

この日のドライバーさんは、超アタリ!!
ジョニーさんといって、人柄が本当にイイこと~(>_<)
英語も日本語も勉強熱心で、サービス精神が豊富すぎる!

絶好のポジションまで車を走らせてくれました!!


暗がりから、薄っすら明るくなり始めました。

DSCF1612.jpg

DSCF1674.jpg

DSCF1633.jpg

出る…出るぅ…!

DSCF1682.jpg

ひゃ~!出たぁ~!!!!

DSCF1755.jpg

本当に綺麗な水鏡で、上下が分からなくなる感じです!
まるで天国のようだと よく表現されますが、まさにその表現がピッタリ!!


太陽が2つ!
DSCF1941.jpg

ウユニの塩の感じ
DSCF1927.jpg
(すごく硬くて、ゴツゴツしてます。手足が切れます)

こうゆう穴が所々あって、割れるんじゃないかとちょっと恐怖
しかし、ジョニーさんを信じて。

DSCF1899.jpg

朝日に照らされるジョニーさんの車。

DSCF1790.jpg

本当に素敵な光景でした。

帰り道、車の上に乗りたいという私達の要望に応えて、乗せてくれました!
(昨日のドライバーは潰れるからダメっと言って乗せてくれず)

DSCF1944.jpg

DSCF1943.jpg


水が張ってない所はこんな感じ

DSCF1954.jpg
(寒いし、まるで雪の中を走っているような錯覚に陥ります。)

ウユニ塩湖では、フラミンゴの群れが沢山見られます!

DSCF1963.jpg

DSCF1964.jpg
(鮮やかなピンクオレンジでとってもキレイ!!)


この日、昼間も車をチャーターしたかったのですが、サンライズツアーの後にホテルをチェンジしたちしている間に、他の人達はツアーに行ってしまい、人数が集まらず、この日はゆっくり過ごしました。

ホテルの近くにある観覧者に乗ってみました!
海外によくある、体だむき出し観覧者。
DSCF1967.jpg

DSCF1968.jpg
(まさるくん。頼りになる青年です)


結構スピードが速くて、高さもある!!

上からの眺め
DSCF1973.jpg

DSCF1969.jpg

近くの公園で地元の子供達に混ぜてもらいました!

DSCF1997.jpg
(このウェーブが結構なものでして・・・)

DSCF1998.jpg
(ガッツリ腕を擦りむきました。笑)

この夜、雨がザーと降り、塩湖に水が溜まる~!と皆大はしゃぎ。
あとは、晴れてくれる事を祈って…Zzz




[2012/03/16 23:30] | ボリビア
トラックバック:(0) |
お待ちかねのウユニ塩湖、行って参りましたー!!

ウユニ塩湖は、アンデス山脈が隆起した際に大量の海水がそのまま山の上に残され、さらに乾燥した気候であったこととウユニ塩原が流出する川を持たなかったことより、近隣の土壌に残された海水由来の塩分もウユニ塩原に集まって干上がり、世界でも類を見ない広大な塩原が形成されたものです。

いまや日本でも一生に一度は行ってみたい場所として話題ですよね(^_^)


ウユニに到着するのは昼過ぎのはずが、結局早朝に到着してしまいました。
たぶん、道の状態が良く、迂回せずに通常の道を通って来たのだと思います。
しかし、到着しても何も言ってくれないのはWhy??笑
早朝に着くなんて思ってないから、みんな何故止まっているか分からず、しばらく乗ったままでした。
そーゆうとこ南米だな~て思います。笑

早朝に着いたため、予定外に今日もウユニツアーに参加できる事になり、ホテルにチェックインするやいなや、ツアー会社が集まる所へGO!
歩いてる途中で 日本人の男の子を見つけて、ツアーはどんな感じかなど聞いてみる。
ツアーに申し込むより、人数を自分たちで集めて車をチャーターしたした方が安く上がるとの事で、その男の子(まさる君)も含め人数を集めてみる事に。


ウユニは日本人旅行者がとにかく沢山いるので、とりあえず声かけまくる。
まさる君のツテと、道で声を掛けたご夫妻とでなんとか7人集まり、そのメンバーで申し込む事に。
一人 110ボリビアーノ(約1320円)でいけました。

メンバーは、まさる君・池ゾウ・イクちゃん、山本ご夫妻(なおさん・あきこさん)。
皆さんは、前日 既に行ったメンバー。
しかし、ウユニ塩湖は日によって全然違うらしいので、皆 何度か行きます。朝日・日中の青空・夕日・夜空の星と、それぞれ見どころがあります。
この日私達が決めた日程は、12時~日没(19時過ぎくらい)。
現在、既に雨季が終わりかけていて、あまり水が張っていないらしいとの情報が。
水を探し求めて、いざ出発!
この日は、天気があまり良くなく、ちょっと残念な感じでした(^_^;)


塩湖に向かう途中、リャマorアルパカの群れを発見
DSCF1498.jpg

DSCF1497.jpg
(リボン付いてるから野生ではないな)


まず、電車の墓場に連れていってもらいます。

DSCF1469.jpg


二人して、ボリビアで買ったパンツ(通称:ボリパン ※大体の日本人達が買う)を履いてます。

DSCF1477.jpg

DSCF1483.jpg
(ちょっと、はしゃいでみました)


地面が土色からだんだん白に変わってきて
「うわ~!塩に突入だ!」とテンションが上がります!


塩を採掘している所。

DSCF1504.jpg

これがウユニ塩湖で採れた塩です!

DSCF2208.jpg


こちら、塩のホテル!!

DSCF1509.jpg

全部 塩で出来てます!!

DSCF1512.jpg

DSCF1510.jpg
(塩壁アップ)


綺麗な水鏡に見える 水が深めなポイントを探し求めているのですが、何せドライバーさんがクセ者で…
ツアーじゃなくチャーターなのにも関わらず、全然動いてくれない!!
他のツアーの人達からの「あっちの方で綺麗に見えたよ!」って情報を伝えても、あっちの方は塩が薄くて沈没するから行けない!(実際そうゆう事故があったそうです。塩の層は6~7mで、その下は水)!とか。
皆行ってるし、 まだこの辺大丈夫なんじゃないの?って範囲なのに。
挙句の果て、そっちまで行っちゃうとガソリンが足りないとか言い出して(^_^;)
まだ全然走ってないじゃん!ありえないっしょ~!と、思わず爆笑でした。

ウユニツアーでは、ドライバーさんにで全然変わってしまいます。
いい景色が見れるかどうかはドライバーさん次第。
私たちはハズレのドライバーさんだったのです(;_:)


結局、あっちで見れたよって情報の方角に向かってもらい、その代わり他はもう探さないという事で合意して、とりあえず少しは綺麗に見える所で止まってもらいました。

水が浅いと、塩の結晶がブツブツして見えて綺麗に水鏡にならないんです。

DSCF1528.jpg

一応トリック写真もやってみました!

DSCF1529.jpg
(池ゾウくんと)

DSCF1544.jpg
(イクちゃんと)

トリック写真は一面真っ白な世界だからこそ実現できるのです。

DSCF1546.jpg
(山本ご夫妻)



残念ながら、夕日は雲に隠れて見れなかったです。

[2012/03/16 22:39] | ボリビア
トラックバック:(0) |
ティティカカ湖ツアー報告
(本場の発音:ティティカカ)


約20人以上の参加者が船に集まり、ツアースタート!
まず、ガイドさんがティティカカ湖について説明してくれました。

DSCF1305.jpg

ティティカカ湖はアンデス山脈のほぼ中央、標高3890mに位置し、面積は琵琶湖の約12倍、最大水深は約281m。60%がペルー側、40%がボリビア側。
ティティカカ湖の意味ですが、ケチュア語で「ティティ=(インカの神聖な動物)ピューマ」、「カカ=石」を意味するそうです。
何故かというとチチカカ湖の地図をグルリと180度回転させてみると、ピューマの形に見えるとの事。

ん~、なんとなく分かる気がする。

出発して数分、早速到着したのが、ウロス島。
トトラ(葦)と呼ばれる水生植物を積み重ねた浮き島です。

DSCF1306.jpg

この島にはウル族の方々が住んでいます。
島は6畳ほどのものから350人が生活するするものまで色々あり、大きな島には学校も教会もあるとの事。

観光業が彼らの収入源になっているので、島の人達ももう慣れっこ。
手を振って迎えてくれます。

DSCF1307.jpg
(手振ってる写真じゃなくてスンマセン。笑)


島に上がると、ガイドさんと島の人達とで、この島がどのように出来ているのかを説明してくれます。

まず、この様に根っこのブロックを集めてそれを縛り、

DSCF1314.jpg

その上にトトラの茎を何重にも敷き詰めます。

DSCF1315.jpg

そしてその上に、これまたトトラで家を作り、船もトトラ、火種もトトラ。
人形まで使って分かりやすく説明してくれました。

DSCF1319.jpg

トトラは食用にもなります。

DSCF1311.jpg

島の人達とトトラは切っても切れない関係です。

島の人達はティティカカ湖で採れた魚と、物々交換でポテトなどを入手するらしく、
その様子を、面白劇で再現して見せてくれました。
これが面白いこと!!

DSCF1328.jpg

子供も一生懸命参加して可愛かったです。
皆の顔もほころびます(^.^)

DSCF1329.jpg

日頃からポーズをとるよう躾けられているようで、お母さんに「ほら」っていわれて、ポーズとってます!笑

DSCF1323.jpg

その後、おウチを見学させてもらいました。

DSCF1339.jpg

猫飼ってます。

DSCF1308.jpg

フラミンゴも飼ってます。

DSCF1333.jpg

お母さんの後を歩いていると、気になるものが!
アンデスの女性達は、三つ編みの先っちょに飾りを付けるのがお洒落のようなのですが、このお母さんの飾りは、なんだか強烈だったので、思わず撮ってしましました。

DSCF1332.jpg
(重そう)

ここは台所。トトラの根を敷けば火も使えるそう。

DSCF1340.jpg

家の中には、なんとTVが!

DSCF1341.jpg

寝床も可愛いです。

      DSCF1343.jpg
      (テレタビーズのぬいぐるみ!?)
 
このソーラーシステムでTVを見るのですね。

DSCF1346.jpg

見学が終わった頃、やっぱりそうですよね~
お母さん達が作った、クッションカバーや飾りなどを売り始めます(^_^;)
これが大切な収入源ですもの。

DSCF1349.jpg

でもホント、結構 手の込んだ刺繍で素晴らしかったです。
私は買わなかったけど、買ってる方も結構いました。




ウロス島から4時間弱、今回ホームステイをするアマンタニ島に到着。

DSCF1351.jpg

それぞれ、ホームステイ先の方におウチまで連れていってもらいます。

DSCF1354.jpg
(畑の間の小道を登って行きます)

結構息が切れます。
着いたー!!2階建ての家。

      DSCF1359.jpg

部屋を見てビックリ!

DSCF1361.jpg

DSCF1362.jpg
(こんなに綺麗なのー!?)

実際、そのおウチの家族達と一緒に生活をするホームステイとは違い、宿化されている感じでした(^_^;)
しかし、家庭料理を出して頂いたり、触れ合いを持つ事は出来たので、OK!!

この娘が私達のお世話をしてくれた「アマンダ」、19歳。
はにかんだ笑顔が最高に可愛い!!

DSCF1376.jpg
(何故か子供が被る帽子を被らせてくれた)

やはりここでも、帽子等のお土産品を勧められます。
流石に帽子はいらないけど、大切な彼らの収入源だし、この花なら記念になるな!
アマンダが作ったって言ってるし!(本当は違うかも!?)

DSCF1379.jpg
(毛糸で編んだ花)

これはアマンタニの花「カントゥータ」。

DSCF1449.jpg
(実物のカントゥータ)

なんだか無償に可愛く思えてきて、大切な宝物になりました☆

     DSCF1375.jpg


二階からの景色。

DSCF1364.jpg

DSCF1366.jpg

ティティカカ湖の眺めは最高!空気が澄んでいて、心地よい風と、鳥のさえずりが聞こえる。たまにロバのユニークな声も。
何度深呼吸したかな~
息をしているだけで幸せ、風を浴びるだけで幸せ。
生きてる~!!って思いました。


お昼は二階の屋外で。

DSCF1370.jpg

同じ家に泊まった、グレゴリオさんとナンシーさん。
友人同士との事。ナンシーさんの息子さんの結婚式がペルーであり、せっかくだからその足で旅行をしています。旦那さんは仕事で来れなかったそう。

ご飯は、キヌアという穀物(アミノ酸のバランスが非常に良く、栄養価が高い)が入ったスープと

DSCF1369.jpg

チーズソテーと島で採れたポテト。

DSCF1371.jpg

島の畑は、見渡す限りポテト畑。白と紫の花が咲いて美しい!!
ポテトの花、一生忘れないな(^_^)

味は、何とも素朴だけど、その素朴さが逆に美味しい!!

そして、食後のお茶。
マテ=茶(Tea)
つまり、日本で言ってる マテ茶って「茶茶」ってこと!?

左が生のムーニャの葉、右が乾燥させたコカの葉(コカインの葉)。

DSCF1372.jpg

どちらも、高山病に効くとの事。
これらを、熱いお湯に入れて飲みます。

DSCF1373.jpg

ムーニャは、限りなくミントに近い。
コカは、ん~ 葉っぱって感じかな。
(こっちではコカキャンディーとか売ってます。栄養価高い。)

私は、このマテ・デ・コカ(コカ茶)、マテ・デ・ムーニャ(ムーニャ茶)のミックスバージョンにハマりました!
なんて落ち着くのだろ~
ハーブティーにちょっと興味を持ちました。

午後は、ツアーのオプションで、アマンタニ島の山を登って、サンセットを見よう!というのがあったのですが、まだ熱があるし軽く高山病なので、ここで無理してはいかん!と、私はやめておきました…山登りが大好きなので、本当はものすごく登りたい!しかも頂上の標高が4140mと、日本では体験できない高さ(今の時点で、日本の最高所超えてるけど。笑)!
苦渋の選択でした(-“-)
しかし、相棒のななみんが登るとの事で、私の分までななみんに託し、ななみんを見送る事に。

DSCF1380.jpg
(グレゴリオさんと登山に向けて出発)

私は、高山病で体調が悪いナンシーさんとお留守番。

待ってる間は、素晴らしい景色を眺めながら色んな事を考えたり、
この子と遊んだり。

DSCF1383.jpg

DSCF1387.jpg

家族の紹介とかは特になかったので、最初アマンダの子供かと思ったけど、実はアマンダの弟。
いつもお尻見えてます。

アマンダとこの子に、和柄の折り紙でツルを作ってあげました!

DSCF1395.jpg

DSCF1386.jpg

アマンダはとても喜んでくれました(^.^)!
弟くんは何だか分かってない感じ(^_^;)

しばらくして、体調が回復したナンシーさんと、家の周辺を散歩しました。

DSCF1390.jpg

私のカタコト英語に付き合ってくれ、色々話しました。
なんと、ナンシーさんは弁護士。今は仕事を休んでいるそうですが、絶対に復帰するって言ってました。
ガーデニングが趣味との事で、色んな花を教えてくれました。
ナンシーさんは、ひと目 見た時からイイ人オーラが溢れてて、実際一緒に過ごしてても本当にいい人!大きな愛情に包まれる感じです。素敵な人~


暗くなると、キャンドルに明かりを燈して。

DSCF1408.jpg

登山から2人が帰ってくると夕食。

DSCF1417.jpg

こちらもキャンドルの明かりで。
台所に、小さな電気はあるけど、結構暗い。

DSCF1412.jpg
(フラッシュ無しだとこんな感じです)

アマンダお母さんとお姉さんも夕飯を作ってくれています。

DSCF1413 - コピー
(お姉さんとアマンダ。奥にお母もいます)

もう一人の弟も結構手伝う。

DSCF1414.jpg


5人が小さなキッチンで過ごしているのですが、笑いが絶えず本当に楽しそうな雰囲気でした。家族がまとまっている感じです。
小さい方の弟は途中でココで寝てしましました。

ポテトのスープ

DSCF1416.jpg

ポテトと人参とを煮たものとライス。

DSCF1415.jpg

これらの味が、また素朴でたまらん!
私の中では、この旅で食したどんなに美味しい味付けの食事よりも、印象に残ったというか、幸せを感じました。

彼らの生活を見ていると、日本での生活が本当に恵まれている、いや、恵まれすぎているって事に気づかされます。
それと共に、「生きる」「生活をする」という事が身に染みます。
そんなに娯楽があるワケでもなく(携帯とか若干の現代文明は入ってきていますけど)、
生きるための素朴な生活。暗くなったら寝て、明るくなると起きる。家族みんな一緒に協力しあって、愛に溢れている。不便だけど、そういった中に人間本来の幸せというものを見た気がします。昔の日本もきっとそうだったように。物質的に豊かになればなるほど、失うものもあるって意味を痛感しました。

そして、日本での「生活」「環境」で気にもとめていなかった 何気ないひとつひとつの事が、それだけですごく幸せな事だったんだな、としみじみと思ってしまいました!!

こうゆう時、私はすごくホームシックになります。笑
家族、友人に会いたい(>_<) みんな、大好きだよ~!!って、心の中で叫んでます!笑


朝食は、パンケーキのようなものとパン。

DSCF1419.jpg

DSCF1418.jpg
(お母さん、釜戸にて)

朝食を食べ終わると、もう出発!
一泊だけだったけど、無性にさみしい…

アマンダがの後ろに付いて、集合場所へ。
アマンダの事が大好きな私は、歩きながらスペイン語本を開いて「アマンダとアマンタニ島が大好き」「忘れないよ」と伝えました。
アマンダもすごく嬉しそうな顔をしてくれた~!!うれぴー(^o^)丿

私達が滞在したのはこの辺

DSCF1420.jpg

別れのとき、本当にありがとう!!とアマンダと抱き合い、手を握り合いました。
船に乗る時に、しつこいけどもう1度抱き付く。笑

アマンタニ島、本当に素敵な思い出です!!



3つ目の島は、アマンタニ島から約1時間半くらい。
タキーレ島

DSCF1421.jpg

この島は、比較的小さめなので、島を半周しました。
しかし、坂が急で結構キツイ(>_<)

DSCF1425.jpg

息が上がって、頭は痛くなるし、まだ熱がある私にはきつかったですが、これはオプションではなく、ツアーの一環。登るしかない!!

この島でもポテトなどの段々畑が。

DSCF1429.jpg

石畳の道にハートの石発見!!

DSCF1430.jpg
(遊び心!?自然!?)

お昼は、ティティカカ湖で採れる魚「トゥルチャ」(マス)を食べました!

DSCF1440.jpg

そして、ここでもキヌアのスープ

DSCF1439.jpg

食後はもちろん、ミックスティー!!

DSCF1441.jpg
(頭痛が治りますように…)

羊や牛ものんびり過ごしています。

DSCF1448.jpg


今、南米は雨季。午前中は比較的どしゃ降りで午後は晴れたりします。
この日も午後、素晴らしい晴天に。

DSCF1442.jpg

この高所の晴天はヤバイです!!
顔が焼けて、ヒリヒリしています(+o+)

『ティティカカ湖』。
当初は行く予定がなかったけど、呼ばれたのかな!笑
日本にいる時も、そこまでの興味はなかったけど、行ってみたら本当に素晴らしかったです!!
ガツン!という、インパクトがあるわけじゃないけど、アンデスの文化にも触れる事もでき、大自然の癒しと、現地の人達の生き方から教えられるものがある。
ティティカカ湖、私はお勧めしまーす!

てゆーか!!よくよく考えると、私が住んでいる所も大自然!!
ティティカカ湖の大自然が、そういえば私も素晴らし環境で暮らしてるんだって事に気づかせてくれました!
深呼吸なんてしてなかったな。もったいな~い!
田舎ってサイコー!笑
ティティカカ湖はこれからの生き方も見直すきっかけをくれました!
感謝!!



ちなみにコレ、ペルーで売ってる「インカコーラ」という炭酸飲料。
飲みかけだけど。
何気に1935年からあるらしい!!
     DSCF1456.jpg
    (懐かしの「メロー イエロー」の味がします。笑)




現在はボリビアのラパスに戻ってきております。
今日の夜に、バスで約20時間くらいかけ、ウユニに向かいます!
本当はもっと近い道のりなのですが、雨季のため、通常のルートが大変危険な状況とのことで、遠回りをするそうです。
うん、安全第一!!

そう、あのウユニ塩湖ですよ!!
湖といっても 通常 水は無く、見渡限り真っ白の平地であり、雪原の直中にいるような錯覚をおこすそう。
しかし、それが雨季になると、塩の大地に水が張られて 塩湖そのものがまるで鏡のように見えるのです!!
今の時期しか見れないレアな風景!
しかし、自然のものですから絶対にその水鏡が見れる保証はなく…
見れるまで粘りますけどね!


更新できるのが いつになるのか分かりませんが、
幻想的な世界をお楽しみに☆






※明日、日本は3月11日。
東日本大震災からちょうど一年ですね。
私も、あの時の恐怖や不安、悲しさを今でも思い出します。
遠く離れた南米の地より、犠牲者の方のご冥福お祈り致します。

[2012/03/10 08:43] | ペルー
トラックバック:(0) |

以前より記事の内容が・・・
幸運がよってくる
記事の内容が濃くなってきているような気がしますが・・・気のせい?
これだけの記事書くのは結構時間かかってるでしょ~(笑)
まあ、読む方からすると「世界の事がいろいろ勉強になる」ということでブログ記事は楽しみです。



indy
3.11から早1年、いまだに余震はほぼ毎日です、ティティカカ湖での体験もすばらしい!旅はまだまだ続くのですからね、楽しみです。なおぴーの体調が一日でも早く良くなるよう祈ります。そして不死身のななみに感謝ですね!


あや
なんだか私あったかい気持ちになりました。
やっぱり人との触れ合いが心を打つのね~☆
ステキなホームステイ体験だったんだね(^^)
私も行ってみたいと思いました。
また1つ知らない世界を見せてくれてありがとう☆
次の更新も楽しみにしてるね(*^^*)

ハッピーハッピーより愛を込めて
まどりんこ&やす
早く体調がよくなるといいね!
無理はしないでください。
ティティカカ湖の写真みてるだけでも空の青さはすごく伝わります。
世界っちゃスゴイね!!
塩湖の写真も非常に楽しみにしてます。(TVで観て、ここ見てみたいと思っていたのよね。)
PS:たぶんやってっと思いますけど、頭痛い時は耳の後ろ側の首と頭の堺辺り(親指で押してへこむあたり)をゆっくり押してマッサージすると俺は気持ちが良くて少し片頭痛が楽になります。


スゴイ景色☆☆
素晴らしい人達や景色に触れて、ますますあさばっちが素敵な人になっていってるような気がします♪
あたしも塩湖の写真楽しみにしてる!!幻想的な景色が見られますように…★

Re: 幸福が寄ってくるさん
ナオコ
あ、バレました??
かなり時間かかってます(^_^;)笑
とくにティティカカ湖はお伝えしたい事が沢山あったので、長くなってしまいました。
いつも読んで下さってありがとうございます。


Re: indy
ナオコ
初コメありがとうございます!笑
ティティカカ湖は本当にイイ経験になったよ☆

やはり余震はあるんだね。。。
家族の皆様に宜しくお伝え下さい(^.^)/~~~


Re: あやちゃん
ナオコ
本当に素敵な体験だったよ☆
いつか一緒に素敵な旅行が出来たらいいね!!

Re: まど&やす
ナオコ
いつもコメントありがとう!!
なおぴー うれぴー☆

首のとこ揉んでなかった!今度やってみるわ!

お子達が大きくなったら、世界のアレコレ話して聞かせてあげるね(^_-)笑

コメント:を閉じる▲
ボリビアのラパスを朝の8:30に出発!!


途中、ボリビアとペルーの国境はこんな感じです。

DSCF1294.jpg

ここはペルーのイミグレーション。
入国スタンプを頂きます!

DSCF1292.jpg



バスに揺られること約5時間。ペルーの、チチカカ湖がある街プーノに到着。

今となっちゃ、5時間なんて 「近っ!!」って言ってしまいます。
世界一周の出発前、ななみんとの打ち合わせは、<大阪>ー<栃木>の中間地点という事で静岡で会っていました。
電車で6~7時間かかり、当時は「うわー、遠いね~!」なんて話していたけど、最近は「静岡なんて全然近かったよね!」って話をします。笑

日本に帰ったら、国内の色んな所に行きたいな~☆
旅で知り合った日本人の人達に会いに行くとかも面白そうだし(^.^)



バスターミナルからホテルまで、地元のバイクタクシーの様なものに乗ってみました!
すいません、肝心な外見を撮っておりせんm(__)m
タイのトゥクトゥクみたいな乗り物です。

DSCF1296.jpg
(マスク姿で失礼します)

DSCF1295.jpg
ブルンブルーン!(運転するおいちゃんの背中)


標高3650kmで体を慣らして来たけれど、更に200mの高所というのは流石に違う(^_^;)
頭がポ~っとして、少し頭痛も。体が弱っているからなのか?
ななみんは何も変わらないみたいです!

ペルーはボリビアよりも、少し洗練された雰囲気(場所にもよるけど)。
街のレストランはオシャレだし、店員さんも英語ペラペラ♪


        中心街のストリート

     DSCF1299.jpg
     私が見て欲しいのは、この日差し感!!伝わりますか?
     標高高いだけあって、太陽が近いです。


明日から1泊2日のチチカカ湖の孤島巡りツアーに参加します。
ウロス島 - アマンタニ島 - タキーレ島

そして、その中のアマンタニ島にホームステイをします!
人生初のホームステイ☆しかもチチカカ湖で。笑

だいぶ寒そうなのが心配ですが、肌身でこの地の文化を感じてきたいと思います。



ちなみに、本日 3月6日は(時差があるので、こちらはまだ6日)、
世界一周記念日らしい!!
そんな記念日あるんだ~!?笑



そして、ここで残念なお知らせ…

予定していたマチュピチュですが、日程が合わず、泣く泣く断念いたしました(凹)。
マチュピチュの報告を楽しみにしてくれていた方々、申し訳ありません(;_:)
またいつの日にか…!!





ペルー基本情報


国旗

750px-Flag_of_Peru_(state)_svg.png
中央の紋章は3つの部分からなる。左側には水色の地に右を向いたビクーニャ、右側には白地にキーナの木、下には赤地に山羊の角からこぼれている金貨が描かれており、この国の豊かな自然と資源を表している。現在のデザインは、1825年に正式な国旗として定められた。

場所

549px-Peru_(orthographic_projection)_svg.png


正式国名

ペルー共和国 Republica del Peru

面積

128万5216km2(日本の約3.4倍) 

人口

約2822万人(2007年時点)。首都リマには、約776万人が生活する。

首都

リマ Lima

民族構成

インディヘナ(先住民)45%、メスティソ(先住民とスペイン人の混血)37%、ヨーロッパ系15%、そのほか3%

宗教

国民の95%がローマ・カトリック。宗教の選択は自由。ケチュア族の間では、大地の神パチャママなどを崇拝する土着宗教が今も根づいており、場所によってはパチャママと聖母マリアを同一視している。



[2012/03/07 05:17] | 未分類
トラックバック:(0) |


ゆきお
そんな高いとこに
住んでる人たち凄いですね(〃ω〃)ww
いいこと教えてあげましょ♪
世界で一番美男が住んでいる町は…
スウェーデンのストックホルム
っていうところです(*^^*)ww


あこもこ
日差しいいね!
チチカカ湖に孤島があるんだ~
しかも人が住める程広いの!?
チチカカ湖もバカデカいって事!?
なんか世界って知らない事ばかりなんだなぁ~と
直ちゃんのブログみて実感。。。
南米行ってみたいよぉ~

Re: ユキオ
ナオコ
スゴイ体力ありそうだよね!!

ストックホルム、要チェックだな!笑

Re: あこもこ
ナオコ
私も、百聞は一見にしかずだなと、日々思っております。。
南米は、特にアンデスとか、あまり馴染みのない文化だから
面白いよ!!体調悪いと辛い環境だけどね(^_^;)


初投稿!
じんこ
なお、体調回復してきて、よかったね!!やっとブログ初めから全部読めたよ(*^_^*)
ステキすぎるわぁ!!しかも、TVで見たことある風景をリアルに見る。。なんと壮大な!!楽しませてもらってます。
しかし、ナオは栃木にいたんだね!実家だっけ?? 実は私も一月まで四年くらい栃木の佐野に住んでたんだよ!!
知ってたら会いたかった(>_<)
まぁ、またいつか会えるよね(*^_^*)
私もナオとななみんさんが元気に旅出来るよう、願っております。
海を見た時には、貴方のことを思い出します♡

初じめてです
うめ
なおぴ体調大丈夫になって本当によかったね(^-^)/いつも楽しく読ましてもらってるよ〜!
文章が面白くて毎回、その国が身近に感じるよ〜

これからも楽しみしてます(^-^)/

Re: じんこ
ナオコ
じんこ栃木にいたの!?お互い知らなかったね!笑
でもまたこうやって繋がれて良かった☆
私達、チッチャットで出会ったのよね!笑
私、あの頃の英語力と変わってません(^_^;)笑

Re: うめ
ナオコ
うめ~!コメントありがと!
あやは元気??
この旅報告が二人の新婚旅行の参考になれば(^_-)
こうゆう場所は来ないか!笑

※あやに、私はティティカカ湖で運命の出会いは無かったとお伝えください。

コメント:を閉じる▲
しばらく更新が出来なくて すみませんでした。

ネットが繋がらなかったからではなく、実はしばらく体調を崩しておりました(-“-)

ボリビアに入り、サンタクルスからラパスへ移動しているあたりから体調が悪くなり、ここ ラパスで寝込んでしまいました(>_<)
なかなか熱が下がらず、一時は39℃近くまで熱が上がってしまいましたが、今は微熱程度まで下がり、咳などはまだ残っていますが、だいぶ復活しました!
寝たきりの辛い日々だったのですが、ななみんに本当に手厚く看病をしてもらい、無事に乗りきることができました(;_:)
もし一人だったら、どうなっていたことか…
本当に感謝ですm(__)m
もしも、ななみんが倒れた時は、今度は私が全身全霊 看病させて頂きます!
恩返しできる時がくればいいのだけど。(元気に越したことは無いけど!笑)
迷惑をかけてしまうのが、私ばかりになってしまう気がして怖いです(*_*)

こう見えてデリケートなところがありまして、もともと寝付きが悪いのですが、
場所が変わると眠れない性格。
この旅始まって以来、満足な睡眠がとれていません。
どこでも眠れるようになるには、どうしたらいいのでしょうか??
なにかいい方法があったら、是非教えて下さい!!



予定外にラパスで5泊もしてしまったので、今後のスケジュールに変更がでました。
まず、ベネズエラをカット。
それと、日程的に丁度いい飛行機が取れず、イースター島とマチュピチュが時間的にカツカツなスケジュールになってしまいました(>_<)
特にイースター島は天気が荒れ模様らしいので、少ない滞在日数でどうかモアイ像を見て回れるよう、晴れる事を祈るのみです!!
そんなスケジュールになってしまい、ななみんに申し訳ないです…

イースター島に行くまで2週間近く時間が空いてしまったので、
予定には無かったのですが、明日からチチカカ湖に行く事にしました!
チチカカ湖はボリビアとペルーの間にあり、標高3810mの世界最高所の湖です。ちなみに、現在地ラパスも標高3650mと、世界最高所の首都です!富士山級のこの標高、空気が薄く、少し歩くだけでもゼイゼイします(*_*)

チチカカ湖はほぼペルー側なので、一旦ペルー入りという事になります。
ワラで作った島で生活する風景を見てきたいと思います!




これだけはやっておかにゃ!!
     ↓

ボリビア基本情報

国旗

125px-Flag_of_Bolivia_(state)_svg.png

赤は独立闘争で流された血、黄色は豊かな鉱物資源、緑は森林資源を表している。紋章には、ポトシの丘やコンドルなど、ボリビアの州を象徴するデザインになっている。


場所

541px-Bolivia_(orthographic_projection)_svg.png
   
            (南米)


正式国名
ボリビア多民族国 Plurinational State of Bolivia

面積
109万8581km2(日本の約3倍)、世界27位

人口
約977万人(2009年)世界86位

首都
首都はスクレSucreだが、事実上の首都は政府中枢機関のあるラ・パスとなっている。

公用語
スペイン語、(ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語)

民族構成
ケチュア族、アイマラ族のインディヘナ(先住民)55%、メスティソ(先住民とスペイン人の混血)32%、ヨーロッパ系12%、そのほか1%

宗教
国民の95%がローマ・カトリック。農村地帯には先住民の土着宗教も残る。

[2012/03/06 04:22] | ボリビア
トラックバック:(0) |


あこもこ
体調大丈夫?
満足な睡眠がとれてないのも心配だね(>_<)
ハーブティを飲んで心を落ち着かせるとか‥でも、ハーブティあるの?お湯はすぐゲット出来るの?って感じだよねぇ。。
チチカカ湖いいねぇ♪今後のイースター島もマチュピチュも素敵すぎ!体調気を付けて楽しんできてね☆


あや
熱下がってよかったねぇ(>_<)
でもやはり寝れてなかったのね。。
眠りには体温を下げると良いと聞いたことがあるよ。
寝る前に動いたりはあまりよくないってことかかな?…中途半端な情報でスミマセン(^-^;

あとサンバの写真!!
今まで思ってたサンバのイメージと全然ちがーう!!
お酒飲んで陽気に踊ってるだけと思ってた自分が恥ずかしい(-_-;)
なんかすごい熱いものを感じるねo(^o^)o
マッスルコレクションもサンキューでした(笑)
拡大された胸筋にズキュンだわッ♪♪(笑)


Re: あこもこ
ナオコ
ハーブティ飲めたらいいんだけどな…
アロマグッズで心を落ち着かせるかな!笑
売ってたらね。

Re: あやちゃん
ナオコ
私も試してガッテンで見た!寝る前にお風呂に永く浸かって一旦体温あげると、上手く下がるらしい。
お風呂があればな~。

腹筋最高でしょ(^.^)


ヒロ子
お大事にね。

実は私も、自宅でも
ちょっと物音で起きちゃうし
睡眠不足で熱でるタイプ。
三ヶ月旅行はきつかったな~。

耳栓、アイマスクと
いつものパジャマで乗り切るのだ!
あとは生姜湯と葛根湯!(持ってればね)

Re: ヒロ
ナオコ
ヒロも同じタイプか~。
辛いよね(>_<)
この旅で克服したいと思うよ!!

コメント:を閉じる▲
2012年2月25日
リオのカーニバル チャンピョンパレード!!


最高でした!!!


ここがカーニバル会場のサンボドロモ!!

DSCF0937.jpg
(一直線に伸びる通路をパレードします)

変装グッズやオリジナルTシャツが売っていました。

DSCF0953.jpg
(咽から手が出るほど欲しかったけど、節約節約・・・)


会場ではスポンサーのものと思われる帽子やウチワが配られ、座布団にはカーニバルの文字が書いてあったので記念に持って帰ってきました。

DSCF0933.jpg


ここで少しサンバについて

ブラジルのサンバとは、アフリカ系奴隷たちによって、ブラジルの街頭の音楽であるショーロなどを混ぜ合わせて生み出されたと言われています。
音楽もまた、重要な要素となっていて、おもに打楽器演奏を基盤にしたダンスと音楽であります。


それぞれのチームは、特定のテーマを選び、それを表現します。 自分たちのテーマを表現するために、最高の山車やコスチュームを制作し、曲を作ります。1チーム、いくつものパートから構成されており、山車6台から8台に加え、何千人もの参加者が加わります。

前回にも少し触れたのですが、リオのカーニバルはチーム単位で順位・優勝を競い合います。
ちなみに、市からの助成金があり、トップグループに属するチームには億単位のお金が入るのだとか。本選が真剣になるのも頷けます!!総勢何万人もの参加者達は、優勝を狙い、このトップグループに残ることに全力を尽くすのです!尋常ならぬあの熱気は、ここから来るのでしょう~

私達が行ったのは、チャンピオンパレードなので、その本選で上位に入賞したグループが、カーニバルが明けた次の土曜日に、観光客向けに“お披露目”としてパレードを行なうもので、死にものぐるいのアピールというよりはパフォーマンス的な感じと聞いていたのですが、上位チームはやはり質が高く、見応えがありました。上位チームになっていくにつれ、山車のクオリティや、曲、まとまりが全然違いましたもの~!
なので、チャンピョンパレードが見れて私は満足!!
いつか本選も見に行きたいけど(^.^)


この日、私達が見たのは7チーム。(2日間に分けて上位14チームがパレード)
1チームにつき60分~80分パレードします!
え?そんなに?とお思いでしょうが、1チームにつき何千人という人がおり、しかもカーニバルはシナリオに沿ってシーンが展開するもので、構成が決まっています。
先にも述べたようにパートが別れており、それぞれが重要な役割を果たたしています。

皆さんが想像するであろう、露出度が高く、羽を付け、唯一 テーマに関わらず サンバそのものを踊るソロ・ダンサーであったり

DSCF1207.jpg

チームの象徴である旗を持って踊る大変名誉ある女性とそれをエスコートしながら踊る男性

DSCF1124.jpg

DSCF1160.jpg


はたまた、山車に乗って 観衆の注目を山車に引き寄せる役や

    DSCF0983.jpg


お揃いの衣装と動きでテーマを表現する100人以上で構成される団体

S1000033.jpg

などなど。

そして意外だったのは、カーニバルって若い人達のイメージだけど、おじさんもおばさんも参加していて、国民のものなんだなて思いました。



各チームが始まる時には花火が打ち上がります。

     DSCF0951.jpg


曲が始まると、体の中に音がズンズン響きます!!
今ここにいる実感で、テンションが上がる~\(^o^)/
しかし、めちゃめちゃスローペース。
私達の席までくるのに20分くらいかかります。笑


パレードが遂に私達の前まで来た時、感激して しばらくの間 鳥肌と涙が(:_;)

なんじゃこの躍動感は!!


想像では、チームが途切れず流れてくるものだと思っていたのですが、1チームずつ完全に流れきるまででした。つまり、また次のチームが目の前に来るまでは20分かかります(^_^;)
考えてみると当たり前ですけどね!曲が混ざっちゃうし!笑

午前2時頃にはお客さんも減り、前の席へ移動できました。
やはり前の方だと、ダンサーの肉感が伝わってきて、迫力が全然違う!!



サンバ写真館

色々な山車

DSCF0975.jpg

DSCF0976.jpg

DSCF1211.jpg

DSCF1052.jpg

DSCF1147.jpg


色々なお姉さん

DSCF1060.jpg

    DSCF1059.jpg

    DSCF1020.jpg

DSCF1011.jpg

DSCF1006.jpg

DSCF0998.jpg

DSCF1163.jpg

DSCF1164.jpg

    DSCF1111.jpg

S1000023.jpg


オ~イェ~!!マッスルコレクション\(^o^)/

DSCF1017.jpg

DSCF1102.jpg

S1000078.jpg

S1000079.jpg



面白写真

DSCF1046.jpg

S1000002.jpg

DSCF1191.jpg

S1000091.jpg


復興をテーマにしたチームが、日本の復興も祈ってくれ、一部




結局私達は5時半くらいまで見て帰る事に。

会場を出たところで出演者のおじさん発見!!
あまり魅力的な衣装では無かったけど、これを逃すともうチャンスはないと思い、
駆け寄って「その帽子かぶって写真撮っていいですか??」と、お得意のジェスチャー。
おじさんには通じてない様子だけど、こうなったら勢い!
「被らせて~」おじさんも分かってくれて、豚の帽子拝借!

S1000100.jpg


おじさんと別れたら、今度は違うおじさんが「これも被って写真撮りなよ」と来てくれました!!
「わーい!!」海賊のような帽子を被らせてもらいました!!

S1000103.jpg




そんなこんなでブラジルの熱い夜は終わって行きました…☆


ブラジル最高だったな~!!
ホントにいい思い出しかないな。

それはもちろん、私達が安全な行動を心掛けていたからで、実際は危ない所も沢山あるけど。
(私達、本当に優等生です)

今後の旅でも、その国が嫌な思い出とならぬように、自分達が気を付けていきます!


ブラジルの皆さん、本当にオブリガーダ!!
ブラジル大好き☆


ブラジル滞在につき色々な情報を教えてくれた
  大学時代の友人、ミズホ。
  英会話教室で出会ったブラジル出身の青年、ユキオ。
  結局会えなかったけど、友人が紹介してくれた、サラさん。

本当にありがとうございましたm(__)m
お陰で、ブラジルを満喫する事ができました!!



※今 宿泊しているホテルの電波が弱く、私のPCだと写真のアップに時間がカナリかかってしまうので、電波良好な環境に行き次第、また追加します(^_^;)
動画もアップしますのでお楽しみに♪


[2012/03/06 04:02] | ブラジル
トラックバック:(0) |


あこもこ
やっぱすごーーーーい!!
写真見るだけでもすごーーーい!

山車のモンスターと背骨?みたいなの怖すぎだしw

豚の帽子は羨ましい~♪可愛いね♪


miharu
うわぁーー(><)かなり楽しそう!!
それにしても、みんな激しいね!笑

リオのカーニバル見たら、他のコスプレが印象薄く感じそうだわ☆
あとは何にも巻き込まなくて良かったね。
楽しさと危険は隣り合わせにあるだろうから、これからも優等生で頑張れ~♪

あこも
ナオコ
豚の帽子ホントに羨ましい!?笑
本当はあのお姉様方みたいな格好したかったんだけどね(>_<)

Re: miharu
ナオコ
ミハルだったら一緒に踊るよ絶対!!笑

うん、優等生で頑張るよ!




ゆきお
カーニバルの報告待ってました~!!
うわー、めっちゃ盛り上がってましたね、
俺もいつか行きたいです★ww
ブラジル楽しめて良かったです!
通訳として行きたかった♪ww


Re: ユキオ
ナオコ
ホント、通訳として居てほしかった!笑
しかし、ホントに色んな情報をありがとね!!
助かったよ(*^_^*)

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。