~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はリマの市街を散策。

カテドラル(大聖堂)に行ってみたんですが、入場料が掛かり、しかも高かったので、外からのみ眺めました。
DSCF2467.jpg

DSCF2462.jpg
(面白い写真が撮れた笑)

その後は、中華街などぶらぶら。
パーティーグッズ街があったり、訳わからないお店が一杯ならんでいて、かなり面白かったです。

夜は、メキシコにいるシホが紹介をしてくれた、リマ在住のパベルさんとご飯。
本当はリマを案内してもらう予定だったのですが、お仕事になってしまったのでご飯のみ。
DSCF2479.jpg
しほ~!パベルさん元気だったよ☆

ペルー料理のお店に連れていってもらいました!
DSCF2480.jpg

DSCF2478.jpg

パベルさんは、ペルーと日本のハーフ。日本語は喋れなかったけど、2年日本で働いて(そこでシホと出会った)、その後日本の大学院に行き、この春まで5年間 日本に住んでいたので、日本語はかなり上手!
おまけに超いい人だったので、楽しいひと時を過ごせました(^.^)
DSCF2482.jpg
ありがと~
パベルさん!!


宿に帰って談話室で休んでいると、ご主人がお酒を振る舞ってくれました!
お腹壊している時はコカ茶が一番らしい。
コカ茶にラムを混ぜてのめば、お腹の菌もアルコール消毒だ!!との事。笑
後から来たみんなも参戦して、プチ飲み会☆
DSCF2487.jpg
(久々の猪ノ木 顔)
一番右が旦那さん。日系2世ですが、日本語がカタコトでソフトな喋り方の、チャーミングなおじさんです!
この日はお酒が進んで上機嫌。すっごく酔っ払っちゃってました!

日本人宿っておもしろい(^o^)!!



ペルーのマック
またもや普通のしかないな~
DSCF2494.jpg

南米は変わったご当地メニューが無かったから残念じゃった~
DSCF2495.jpg
(ご当地マックが食べれなくて、悔しいです!!)



今日で、南米ともおさらばです(;_:)
そう考えると淋しくて淋しくて…
体調崩して辛い時期もあったけど、南米面白かったな~
たぶん南米ならではの、面白さがある。そうそう見れない光景が沢山あるし。
南米をもう何ヶ月も旅している人達の気持ちが少し分かってしまった。笑

そして、旅の醍醐味とも言える、旅仲間との出会い。
いい出会いが沢山ありました。南米を旅する人は、やはり面白い人が多い!興味深い人だらけ。この出会いは本当に私の財産です!!

南米に来る前は、治安悪くて怖いイメージばかりだったけど、現地の人達とも いい人ばかりと縁することができて、本当に幸せでした。嫌な思いをさせられた事はあまり無かった。
(実際、他の旅仲間は何か一つは盗まれてる人が多い中で、よくもまぁ、私達は何事もなく過ごせたこと。笑)
本当に沢山の人達に助けてもらったなぁ~!!
うん、南米は「人」っていいなー!!って、とことん思わせてくれた場所です!

愛して止まない南米、絶対また来るぜよ~!!



私が、この旅でコレクションしているもの。

<南米にて!!>

ピンバッチ
DSCF2455.jpg
(ペルーのは今日空港で買うつもり)

マグネット
DSCF2454.jpg



そして、南米でお世話になったもの。

これは、地元の友達が出発前にくれたお守り。
DSCF1459.jpg
「おまもり」の「り」が どっか行っちゃった(>_<)
紐まで編んでくれて、ぜーんぶ手作り!!
DSCF1460.jpg
中身は皆からのメッセージ。2ページあります!
他県に嫁いだ友達も郵送してくれたみたいで(:_;)

もらった時、感動して皆の前で読めなかったな(泣いちゃうから)。
家帰って、一人で読んでウルウルしたものです。笑
この旅中も、体調崩した時は得にコレみてウルウルしました。
いつも元気もらってるよ~!ありがとう!


こちらは、以前、共に世界一周を夢見たけど、行けなかった友人がくれたもの。
DSCF1461.jpg
もっとあったけど、体調崩した時に、気持ちを元気づけるために食べました!!
残りはヨーロッパでかな!!

他にも、皆からもらったお守りグッズをたまに眺めます。
すごく幸せな気持ちになります(^_-)
皆さん、本当にありがとうございました!


今夜の便で、一旦スペインまで飛び、その足でモロッコに向かいます!
さて、次はどんな出会いが待っているのだろう~☆

DSCF2492.jpg
(物価の高いヨーロッパに向けて、栄養の高い非常食を買い込みました)




スポンサーサイト

[2012/03/25 01:37] | ペルー
トラックバック:(0) |

初コメ
RYO&ひつじ
ブログやってたんだね。発見&俺が写ってるぅーー。
猪木顔やばいね!!お嫁に行けんよ(笑)

でも明るくて誰に対しても気さくで人さわりない、なおちゃん好きだよ!!

ヨーロッパわからないことあったら連絡してね。
わかる範囲で協力するから。
http://www.raileurope.com.pe/
http://persoenlicherfahrplan.bahn.de/bin/pf/query-p2w.exe/en?
トーマスクック代わりに使ってたサイトです。
よかったら使ってみて。

ヨーロッパの旅楽しんでね。ではまたチャオーチャオー。
BY 寄生虫男

Re: RYOさん
ナオコ
ブログ発見してくれたんですね!ありがとうございます☆
リマではお世話になりました&色んな情報をありがとうございました!
そのサイト助かる~!ありがとうございます。
またアジアで会えるといいですね\(^o^)/

もうすぐ
miharu
世界一周の旅も1/3が過ぎようとしているんだね!
もうすぐヨーロッパかぁ(^^)

私もヨーロッパなら情報持ってるから、何かあったら遠慮なく♪ちなみにフランスには日本人の知り合いもいるから☆








Re: miharu
ナオコ
そう、きっと後半はあっという間だよね!!

ありがと!!なんか聞きたい事あったら聞くね☆


コメント:を閉じる▲
昨夜、ペルーはリマに到着。

この旅始まって以来の、ウェルカムボードでお出迎え!!
の、はずが…
めちゃめちゃ看板持ってる人いるんだけど、全然見つからない(*_*)
うろうろしている私達を見た空港スタッフ(たぶん)??のお兄さんが、一緒に探してくれて、挙句、宿に電話まで掛けてくれたんですが、何故か違う所に掛かってしまい(番号間違ってなかったのに)、ネットで検索をしようって言ってくれたその時、出会えました~。今来たところって感じでした。笑
リマの空港はめちゃめちゃ大きくて、混雑するので、入国手続きなど長蛇の列。
飛行機が到着してから出口まで1時間~1時間半かかるのが通常らしく、ゆっくり来たのでしょう。
もぉ~、焦っちゃったわよ~

   DSCF2442.jpg

リマでは、ウユニで出会った人に紹介してもらった、日本人宿に泊まります。

しっかし、空港のお兄さん超~親切だったな(>_<)!!
電話も自腹で掛けてくれました。



宿の朝食は和風的な焼きそばと、ペルーのコロッケ。
DSCF2443.jpg
実は私、まだ日本食が恋しくなりません。
よく、一回食べちゃうとスイッチは入っちゃうって言うけど、まだ大丈夫だな。
果たして、途中で恋しくなるのか!このまま帰国しちゃうのか!?



旦那さんがペルーと日本のハーフなのでしょうか?カタコトだけど日本語が話せます。
奥さんが日本人で10年前にペルーにやってきたそう。
この奥さんが、めっちゃ面白い!!
パワフルな方です。
DSCF2456.jpg

宿泊料金に洗濯無料と書いてあったので、朝 洗濯機をお借りしようとしたら、
「そこに置いといて~」と!!「え??」戸惑う私達。
実は、奥さんがお客さん全員分洗ってくれるんです!!
何故かというと、ペルーでは水が貴重らしく、水道代がとても高いらしいのです。
日本に比べると物価がカナリ安いのに、水道代は日本並?それ以上?
なので、未だに洗濯機が無い家が多いそうです。むしろお手伝いさんを雇って手洗いしてもらう方が安く済むらしい。
そういう状況なので、お客さん各々に洗われると莫大な水道代がかかってしまうため、奥さんが一気に洗ってくれるそうです。

奥さんと話していると、いかに日本人が贅沢かがわかります(^_^;)
ちょっと話は逸れますが、この宿に泊まってる方で、南米を旅行中に体調を崩して入院した人がいて、奥さんが日本人はもっと汚いものに慣れなきゃダメなんだよ~!賞味期限なんてやってるからダメなんだよ。日本人殺すのに武器いらない、ちょっと細菌撒けばいちころだね」って笑ってました。なるほど!笑 と思いつつ「そう言うって事は、この宿の食事はあまり賞味期限守られてないのかしら?笑」と思いました。日本人向けだからちゃんとやってるはず。なんて言いつつ、私自身、賞味期限はあまり気にならないけど!

そう、今ちょっと触れたのですが、私と同じくボリビアのラパスで体調を崩したという人に、これまで沢山出逢いました。入院した人もチラホラ。高熱出るパターンが多いですが、今日話した人は(ご夫婦婦で回っているんですが)、旦那さんは急性胃腸炎と寄生虫。奥さんは、アメーバ赤痢になったって言ってました(*_*)
恐ろしすぎっ!!
それを聞いて、ある不安が。

「もしかして、私も寄生虫飼ってる!?笑」

ここんとこ、ずっとお腹の調子が悪いからな~
少し様子みて治らなかった病院いこ。




今日は街ぶらしました。
というか、お土産を物色。
ここペルーで南米ゾーンが終わるので、南米で買ったもの、持ってきたけど2ヶ月間使わなかったものを一度日本に送ります。これで、荷物が軽くなる~!!
旅で何が一番しんどいって、荷物が重い事(>_<)

そういえば、サンティアゴで一緒だった小櫻くんは、飛行機に乗りそびれて荷物と逸れたんですが、問合せも面倒だし、むしろリュック一丁の方が楽だと、70Lのバックパックを放棄。
これ一つで世界一周します。笑
DSCF2342.jpg
バックパッカーならぬ、リュックサッカー!!笑
眩しすぎる!!
この人、究極のめんどくさがり屋なんです。


話しは戻り、オシャレなお土産屋さんでエンジェルちゃん発見☆
DSCF2448.jpg

DSCF2450.jpg
赤ちゃんチワワ!
可愛過ぎて、我が愛犬達に接する時と同じように、チュッチュしてスリスリして可愛いね~可愛いね~ってやってたら、「それは異常すぎるでしょ~」と、ななみん若干引き気味!笑
本当は口に入れたいくらいでした。


お土産商店街でベンチに座ってななみんを待っていると、ひょんな事から隣りに座っていたおじさんと仲良くなりました。オーストラリア在住、56歳。名前はオーストラリアでのニックネームはニック、本当はマリオさん。旅行が趣味で何ヶ国語か喋れる。現在は、フランス語を勉強中。パワフルで面白いおっちゃんです☆
ななみんが来て少し3人で話し、どこか美味しいお店を知ってますか?と聞いたのがきっかけで、おじさんが案内してくれる事に。最初は案内だけって感じだったんですが、タクシーまで拾って 払ってくれて、結局一緒に食べました(^.^)中華料理&ペルー料理のお店。
DSCF2452.jpg
(ハーブが混ざったペルー版チャーハンみたいなものは)

マリオさんは、昔 日本人2人をホームステイ受け入れしていて、カタコト英語の日本人の扱いにとても慣れています。
間違っていたら正しく言い直してくれるし、聞き取りやすくゆっくりはっきり喋ってくれます。
その生徒さんや、昔「ようこさん」という日本人のガールフレンドが居たらしく、私達と話していて だんだん日本語を思い出してきたと言って、やたら「ありとうございます」「はい!!」を連発。
特に日本人の「はい!」が印象的だったらしく、2人の生徒が電話している時に「はい!」と言っていた様を、真似していました。

とにかく旅行しまくっているマリオさんは、来年2週間 日本にも来るらしく、その時連絡するから日本で会おうと言って、それまでに英語を勉強しておくように言われました!笑
CATV等で「日本語字幕無しの英語のドキュメンタリー番組orニュースを一日30分真剣に見るのを週4日やりなさい、それを半年続けたら、絶対に変わる!!」と助言を頂き、「Do my best!!!」と拳を突き上げました。笑
マリオさんって社交辞令じゃ無いっぽいから、本気で勉強して待ってよっと(^_^;)


結局ご飯もご馳走してくれ、再会を約束。
旅行中、たまにメールをしなさい、そしたら2人が無事だと分かり私は安心するからと、お父さんのようだったり、ちょい悪おやじな一面もあったり、とにかくお茶目なマリオさん!!
DSCF2453.jpg
これまた、ラッキーで素敵な出会いでした(^.^)



皆さんから、痩せたんじゃない!?と突っ込まれます。
自分でもそう感じていて、この日本人宿に体重計があったので久々に計ったら、
3kgくらい痩せてました。
体調崩した事がやはり大きいですね(>_<)
このまま、物価の高いヨーロッパに突入なので、もっと痩せてしまうかと。。
栄養だけは摂るよう、心がけます!

世界一周は果たして、「太って帰ってくるのか、痩せて帰ってくるのかー!」
自分でも興味深々だったんですが、私の場合、太る要素は今の所 全く無いかな~
移動に次ぐ移動という環境だし、切り詰めているので。
アジア入ったら、安くて美味しいから一杯食べちゃうかもだけどー(^o^)
そして結局、 出発時と変わらないって結果になったりして(^_-)








[2012/03/23 10:58] | ペルー
トラックバック:(0) |


かーらだ
俺は変顔が見たいんだよ!

世界遺産と並ぶ変顔が!
何ヶ月待たせんだ・・・

Re: かーらだ
ナオコ
初コメありがとー!
と、思いきや、そこっ!?笑
そうだったよね!大人の階段登り掛けてたわ(+o+)
危なかった~、ありがとよ!!
もう元気になったから、いっちょ やったるわ(^.^)/





あや
やっぱ旅のいいとこは出会いだね~(*^^*)
ステキ☆
赤ちゃんチワワの写真、なおぴの『ワ~』とか『キャー』とか『イヤ~ン』って声が聞こえて来そう(笑)

Re: あやちゃん
ナオコ
そう、学生時代もよく「触ってもいいですか??」tって
言ってたもんね私!笑

コメント:を閉じる▲
ティティカカ湖ツアー報告
(本場の発音:ティティカカ)


約20人以上の参加者が船に集まり、ツアースタート!
まず、ガイドさんがティティカカ湖について説明してくれました。

DSCF1305.jpg

ティティカカ湖はアンデス山脈のほぼ中央、標高3890mに位置し、面積は琵琶湖の約12倍、最大水深は約281m。60%がペルー側、40%がボリビア側。
ティティカカ湖の意味ですが、ケチュア語で「ティティ=(インカの神聖な動物)ピューマ」、「カカ=石」を意味するそうです。
何故かというとチチカカ湖の地図をグルリと180度回転させてみると、ピューマの形に見えるとの事。

ん~、なんとなく分かる気がする。

出発して数分、早速到着したのが、ウロス島。
トトラ(葦)と呼ばれる水生植物を積み重ねた浮き島です。

DSCF1306.jpg

この島にはウル族の方々が住んでいます。
島は6畳ほどのものから350人が生活するするものまで色々あり、大きな島には学校も教会もあるとの事。

観光業が彼らの収入源になっているので、島の人達ももう慣れっこ。
手を振って迎えてくれます。

DSCF1307.jpg
(手振ってる写真じゃなくてスンマセン。笑)


島に上がると、ガイドさんと島の人達とで、この島がどのように出来ているのかを説明してくれます。

まず、この様に根っこのブロックを集めてそれを縛り、

DSCF1314.jpg

その上にトトラの茎を何重にも敷き詰めます。

DSCF1315.jpg

そしてその上に、これまたトトラで家を作り、船もトトラ、火種もトトラ。
人形まで使って分かりやすく説明してくれました。

DSCF1319.jpg

トトラは食用にもなります。

DSCF1311.jpg

島の人達とトトラは切っても切れない関係です。

島の人達はティティカカ湖で採れた魚と、物々交換でポテトなどを入手するらしく、
その様子を、面白劇で再現して見せてくれました。
これが面白いこと!!

DSCF1328.jpg

子供も一生懸命参加して可愛かったです。
皆の顔もほころびます(^.^)

DSCF1329.jpg

日頃からポーズをとるよう躾けられているようで、お母さんに「ほら」っていわれて、ポーズとってます!笑

DSCF1323.jpg

その後、おウチを見学させてもらいました。

DSCF1339.jpg

猫飼ってます。

DSCF1308.jpg

フラミンゴも飼ってます。

DSCF1333.jpg

お母さんの後を歩いていると、気になるものが!
アンデスの女性達は、三つ編みの先っちょに飾りを付けるのがお洒落のようなのですが、このお母さんの飾りは、なんだか強烈だったので、思わず撮ってしましました。

DSCF1332.jpg
(重そう)

ここは台所。トトラの根を敷けば火も使えるそう。

DSCF1340.jpg

家の中には、なんとTVが!

DSCF1341.jpg

寝床も可愛いです。

      DSCF1343.jpg
      (テレタビーズのぬいぐるみ!?)
 
このソーラーシステムでTVを見るのですね。

DSCF1346.jpg

見学が終わった頃、やっぱりそうですよね~
お母さん達が作った、クッションカバーや飾りなどを売り始めます(^_^;)
これが大切な収入源ですもの。

DSCF1349.jpg

でもホント、結構 手の込んだ刺繍で素晴らしかったです。
私は買わなかったけど、買ってる方も結構いました。




ウロス島から4時間弱、今回ホームステイをするアマンタニ島に到着。

DSCF1351.jpg

それぞれ、ホームステイ先の方におウチまで連れていってもらいます。

DSCF1354.jpg
(畑の間の小道を登って行きます)

結構息が切れます。
着いたー!!2階建ての家。

      DSCF1359.jpg

部屋を見てビックリ!

DSCF1361.jpg

DSCF1362.jpg
(こんなに綺麗なのー!?)

実際、そのおウチの家族達と一緒に生活をするホームステイとは違い、宿化されている感じでした(^_^;)
しかし、家庭料理を出して頂いたり、触れ合いを持つ事は出来たので、OK!!

この娘が私達のお世話をしてくれた「アマンダ」、19歳。
はにかんだ笑顔が最高に可愛い!!

DSCF1376.jpg
(何故か子供が被る帽子を被らせてくれた)

やはりここでも、帽子等のお土産品を勧められます。
流石に帽子はいらないけど、大切な彼らの収入源だし、この花なら記念になるな!
アマンダが作ったって言ってるし!(本当は違うかも!?)

DSCF1379.jpg
(毛糸で編んだ花)

これはアマンタニの花「カントゥータ」。

DSCF1449.jpg
(実物のカントゥータ)

なんだか無償に可愛く思えてきて、大切な宝物になりました☆

     DSCF1375.jpg


二階からの景色。

DSCF1364.jpg

DSCF1366.jpg

ティティカカ湖の眺めは最高!空気が澄んでいて、心地よい風と、鳥のさえずりが聞こえる。たまにロバのユニークな声も。
何度深呼吸したかな~
息をしているだけで幸せ、風を浴びるだけで幸せ。
生きてる~!!って思いました。


お昼は二階の屋外で。

DSCF1370.jpg

同じ家に泊まった、グレゴリオさんとナンシーさん。
友人同士との事。ナンシーさんの息子さんの結婚式がペルーであり、せっかくだからその足で旅行をしています。旦那さんは仕事で来れなかったそう。

ご飯は、キヌアという穀物(アミノ酸のバランスが非常に良く、栄養価が高い)が入ったスープと

DSCF1369.jpg

チーズソテーと島で採れたポテト。

DSCF1371.jpg

島の畑は、見渡す限りポテト畑。白と紫の花が咲いて美しい!!
ポテトの花、一生忘れないな(^_^)

味は、何とも素朴だけど、その素朴さが逆に美味しい!!

そして、食後のお茶。
マテ=茶(Tea)
つまり、日本で言ってる マテ茶って「茶茶」ってこと!?

左が生のムーニャの葉、右が乾燥させたコカの葉(コカインの葉)。

DSCF1372.jpg

どちらも、高山病に効くとの事。
これらを、熱いお湯に入れて飲みます。

DSCF1373.jpg

ムーニャは、限りなくミントに近い。
コカは、ん~ 葉っぱって感じかな。
(こっちではコカキャンディーとか売ってます。栄養価高い。)

私は、このマテ・デ・コカ(コカ茶)、マテ・デ・ムーニャ(ムーニャ茶)のミックスバージョンにハマりました!
なんて落ち着くのだろ~
ハーブティーにちょっと興味を持ちました。

午後は、ツアーのオプションで、アマンタニ島の山を登って、サンセットを見よう!というのがあったのですが、まだ熱があるし軽く高山病なので、ここで無理してはいかん!と、私はやめておきました…山登りが大好きなので、本当はものすごく登りたい!しかも頂上の標高が4140mと、日本では体験できない高さ(今の時点で、日本の最高所超えてるけど。笑)!
苦渋の選択でした(-“-)
しかし、相棒のななみんが登るとの事で、私の分までななみんに託し、ななみんを見送る事に。

DSCF1380.jpg
(グレゴリオさんと登山に向けて出発)

私は、高山病で体調が悪いナンシーさんとお留守番。

待ってる間は、素晴らしい景色を眺めながら色んな事を考えたり、
この子と遊んだり。

DSCF1383.jpg

DSCF1387.jpg

家族の紹介とかは特になかったので、最初アマンダの子供かと思ったけど、実はアマンダの弟。
いつもお尻見えてます。

アマンダとこの子に、和柄の折り紙でツルを作ってあげました!

DSCF1395.jpg

DSCF1386.jpg

アマンダはとても喜んでくれました(^.^)!
弟くんは何だか分かってない感じ(^_^;)

しばらくして、体調が回復したナンシーさんと、家の周辺を散歩しました。

DSCF1390.jpg

私のカタコト英語に付き合ってくれ、色々話しました。
なんと、ナンシーさんは弁護士。今は仕事を休んでいるそうですが、絶対に復帰するって言ってました。
ガーデニングが趣味との事で、色んな花を教えてくれました。
ナンシーさんは、ひと目 見た時からイイ人オーラが溢れてて、実際一緒に過ごしてても本当にいい人!大きな愛情に包まれる感じです。素敵な人~


暗くなると、キャンドルに明かりを燈して。

DSCF1408.jpg

登山から2人が帰ってくると夕食。

DSCF1417.jpg

こちらもキャンドルの明かりで。
台所に、小さな電気はあるけど、結構暗い。

DSCF1412.jpg
(フラッシュ無しだとこんな感じです)

アマンダお母さんとお姉さんも夕飯を作ってくれています。

DSCF1413 - コピー
(お姉さんとアマンダ。奥にお母もいます)

もう一人の弟も結構手伝う。

DSCF1414.jpg


5人が小さなキッチンで過ごしているのですが、笑いが絶えず本当に楽しそうな雰囲気でした。家族がまとまっている感じです。
小さい方の弟は途中でココで寝てしましました。

ポテトのスープ

DSCF1416.jpg

ポテトと人参とを煮たものとライス。

DSCF1415.jpg

これらの味が、また素朴でたまらん!
私の中では、この旅で食したどんなに美味しい味付けの食事よりも、印象に残ったというか、幸せを感じました。

彼らの生活を見ていると、日本での生活が本当に恵まれている、いや、恵まれすぎているって事に気づかされます。
それと共に、「生きる」「生活をする」という事が身に染みます。
そんなに娯楽があるワケでもなく(携帯とか若干の現代文明は入ってきていますけど)、
生きるための素朴な生活。暗くなったら寝て、明るくなると起きる。家族みんな一緒に協力しあって、愛に溢れている。不便だけど、そういった中に人間本来の幸せというものを見た気がします。昔の日本もきっとそうだったように。物質的に豊かになればなるほど、失うものもあるって意味を痛感しました。

そして、日本での「生活」「環境」で気にもとめていなかった 何気ないひとつひとつの事が、それだけですごく幸せな事だったんだな、としみじみと思ってしまいました!!

こうゆう時、私はすごくホームシックになります。笑
家族、友人に会いたい(>_<) みんな、大好きだよ~!!って、心の中で叫んでます!笑


朝食は、パンケーキのようなものとパン。

DSCF1419.jpg

DSCF1418.jpg
(お母さん、釜戸にて)

朝食を食べ終わると、もう出発!
一泊だけだったけど、無性にさみしい…

アマンダがの後ろに付いて、集合場所へ。
アマンダの事が大好きな私は、歩きながらスペイン語本を開いて「アマンダとアマンタニ島が大好き」「忘れないよ」と伝えました。
アマンダもすごく嬉しそうな顔をしてくれた~!!うれぴー(^o^)丿

私達が滞在したのはこの辺

DSCF1420.jpg

別れのとき、本当にありがとう!!とアマンダと抱き合い、手を握り合いました。
船に乗る時に、しつこいけどもう1度抱き付く。笑

アマンタニ島、本当に素敵な思い出です!!



3つ目の島は、アマンタニ島から約1時間半くらい。
タキーレ島

DSCF1421.jpg

この島は、比較的小さめなので、島を半周しました。
しかし、坂が急で結構キツイ(>_<)

DSCF1425.jpg

息が上がって、頭は痛くなるし、まだ熱がある私にはきつかったですが、これはオプションではなく、ツアーの一環。登るしかない!!

この島でもポテトなどの段々畑が。

DSCF1429.jpg

石畳の道にハートの石発見!!

DSCF1430.jpg
(遊び心!?自然!?)

お昼は、ティティカカ湖で採れる魚「トゥルチャ」(マス)を食べました!

DSCF1440.jpg

そして、ここでもキヌアのスープ

DSCF1439.jpg

食後はもちろん、ミックスティー!!

DSCF1441.jpg
(頭痛が治りますように…)

羊や牛ものんびり過ごしています。

DSCF1448.jpg


今、南米は雨季。午前中は比較的どしゃ降りで午後は晴れたりします。
この日も午後、素晴らしい晴天に。

DSCF1442.jpg

この高所の晴天はヤバイです!!
顔が焼けて、ヒリヒリしています(+o+)

『ティティカカ湖』。
当初は行く予定がなかったけど、呼ばれたのかな!笑
日本にいる時も、そこまでの興味はなかったけど、行ってみたら本当に素晴らしかったです!!
ガツン!という、インパクトがあるわけじゃないけど、アンデスの文化にも触れる事もでき、大自然の癒しと、現地の人達の生き方から教えられるものがある。
ティティカカ湖、私はお勧めしまーす!

てゆーか!!よくよく考えると、私が住んでいる所も大自然!!
ティティカカ湖の大自然が、そういえば私も素晴らし環境で暮らしてるんだって事に気づかせてくれました!
深呼吸なんてしてなかったな。もったいな~い!
田舎ってサイコー!笑
ティティカカ湖はこれからの生き方も見直すきっかけをくれました!
感謝!!



ちなみにコレ、ペルーで売ってる「インカコーラ」という炭酸飲料。
飲みかけだけど。
何気に1935年からあるらしい!!
     DSCF1456.jpg
    (懐かしの「メロー イエロー」の味がします。笑)




現在はボリビアのラパスに戻ってきております。
今日の夜に、バスで約20時間くらいかけ、ウユニに向かいます!
本当はもっと近い道のりなのですが、雨季のため、通常のルートが大変危険な状況とのことで、遠回りをするそうです。
うん、安全第一!!

そう、あのウユニ塩湖ですよ!!
湖といっても 通常 水は無く、見渡限り真っ白の平地であり、雪原の直中にいるような錯覚をおこすそう。
しかし、それが雨季になると、塩の大地に水が張られて 塩湖そのものがまるで鏡のように見えるのです!!
今の時期しか見れないレアな風景!
しかし、自然のものですから絶対にその水鏡が見れる保証はなく…
見れるまで粘りますけどね!


更新できるのが いつになるのか分かりませんが、
幻想的な世界をお楽しみに☆






※明日、日本は3月11日。
東日本大震災からちょうど一年ですね。
私も、あの時の恐怖や不安、悲しさを今でも思い出します。
遠く離れた南米の地より、犠牲者の方のご冥福お祈り致します。

[2012/03/10 08:43] | ペルー
トラックバック:(0) |

以前より記事の内容が・・・
幸運がよってくる
記事の内容が濃くなってきているような気がしますが・・・気のせい?
これだけの記事書くのは結構時間かかってるでしょ~(笑)
まあ、読む方からすると「世界の事がいろいろ勉強になる」ということでブログ記事は楽しみです。



indy
3.11から早1年、いまだに余震はほぼ毎日です、ティティカカ湖での体験もすばらしい!旅はまだまだ続くのですからね、楽しみです。なおぴーの体調が一日でも早く良くなるよう祈ります。そして不死身のななみに感謝ですね!


あや
なんだか私あったかい気持ちになりました。
やっぱり人との触れ合いが心を打つのね~☆
ステキなホームステイ体験だったんだね(^^)
私も行ってみたいと思いました。
また1つ知らない世界を見せてくれてありがとう☆
次の更新も楽しみにしてるね(*^^*)

ハッピーハッピーより愛を込めて
まどりんこ&やす
早く体調がよくなるといいね!
無理はしないでください。
ティティカカ湖の写真みてるだけでも空の青さはすごく伝わります。
世界っちゃスゴイね!!
塩湖の写真も非常に楽しみにしてます。(TVで観て、ここ見てみたいと思っていたのよね。)
PS:たぶんやってっと思いますけど、頭痛い時は耳の後ろ側の首と頭の堺辺り(親指で押してへこむあたり)をゆっくり押してマッサージすると俺は気持ちが良くて少し片頭痛が楽になります。


スゴイ景色☆☆
素晴らしい人達や景色に触れて、ますますあさばっちが素敵な人になっていってるような気がします♪
あたしも塩湖の写真楽しみにしてる!!幻想的な景色が見られますように…★

Re: 幸福が寄ってくるさん
ナオコ
あ、バレました??
かなり時間かかってます(^_^;)笑
とくにティティカカ湖はお伝えしたい事が沢山あったので、長くなってしまいました。
いつも読んで下さってありがとうございます。


Re: indy
ナオコ
初コメありがとうございます!笑
ティティカカ湖は本当にイイ経験になったよ☆

やはり余震はあるんだね。。。
家族の皆様に宜しくお伝え下さい(^.^)/~~~


Re: あやちゃん
ナオコ
本当に素敵な体験だったよ☆
いつか一緒に素敵な旅行が出来たらいいね!!

Re: まど&やす
ナオコ
いつもコメントありがとう!!
なおぴー うれぴー☆

首のとこ揉んでなかった!今度やってみるわ!

お子達が大きくなったら、世界のアレコレ話して聞かせてあげるね(^_-)笑

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。