~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(7月20日)

早朝からベトナムに向け出発。
ピックアップの車がなかなか来ない・・・

それを待ってる間、なんか痒くなってきてた。
見てみると、なんと南京虫に刺されてた-!!

ガビーン・・・

そういえば、南京虫は時間が経ってからブツブツが現れたり、時間が経つほどに酷くなってくる。だから、1日かけて増えるのは、南京虫が体に付いてるわけじゃなく、もともと刺されてるところが時間差で出るらしい。
タイ→カンボジアのバスで出会った日本人が2人とも南京虫に詳しかった。
内1人は現在もめちゃめちゃ刺され中。



タイの数日間 刺されてなかったし、今の部屋は広くてバックはベットから遠い所に置いていたし(南京虫の行動範囲は極めて狭い)、タイから持ってきた訳ではないと思う。

ここにも居たんだ!
しかも、今回のはどんどん酷くなってくる。
大きいのにやられれば、やはり痕も大きいようで・・・

ヨーロッパでも刺されたって人はいるけど、聞くのはアジアが多いし、自分もアジアで2回やられので、アジアの安宿は本当に要注意でっせー!!!!



45分遅れで やっとピックアップが来て、バス停まで到着。

それが、バスの中でも嫌な事があったんです~。。。
カンボジア男性による、またもや嫌な事が。

私はどうしてもエジプシャンと同じ印象をうけてならない。
カンボジア人も婚前の交際などについては厳しいらしく、しかも日本人女性は尻軽なイメージ、むしろ求めていると勘違いをされていて、近寄ってくるらしい。

ウンザリだな。

ほんの数日の滞在でカンボジアを語ってはいけないけど・・・
セクハラな事を除いても、私はカンボジアの雰囲気が好きになれないな~
そりゃたまにはイイ人もいるし、田舎の方に行ったらまた違うんだろうけど。


しかし、そんな国で世界で一番美味しい食べ物に出合った!!

プノンペンで国際バスに乗り換える時に、バスターミナルの屋台で買ったサンドウィッチ。
DSCF8672 (500x375)
残念ながら、中身を撮影するのが難しくて撮れなかった(TдT)

口頭で説明すると、大根?玉葱?と人参の甘酢系なものとスパムの様なものと、キュウリ・万能ネギそして挽肉が混ざってるアジア系の味のペーストが挟まってる。

これまで旅をしてきて食べた物の中で「一番」美味しかった!!!


バスは日本のお古??
DSCF8669 (500x375)
乗り心地は最高!


途中でバスごと船に乗って川を渡りました。
DSCF8674 (500x375)


休憩所にいた野良犬
DSCF8680 (500x375)
カンボジアの野良犬は室内犬っぽいのも多い。
逞しくないから、とても可哀想になる。。
そして可愛い!!!


国境付近で見かけた光景
DSCF8676 (500x375)
乗り合いバス的な感じ?かな?

にしても、ギュウギュウすぎるだろー!!!
DSCF8677 (500x375)



国境越えの際、バスで一度パスポートを集められて、また返却されてタイの出国手続きという流れで、名前を呼ばれた人順にパスポートを受け取り、バスを出て出国手続きをする。

自分の名前が呼ばれるのを待てど暮らせど呼ばれず、遂にパスポートを配り終えても、私は呼ばれなかった。

「え?私のパスポートは?」

バスのスタッフは焦って
「あれ?君パスポートちゃんと提出した?」

「あたりまえでしょ!しましたー!」

スタッフは焦って探し始めた。
近くにいたフランス人達も一緒に心配してくれる。
「オーマイガー!パスポート無くされたの!?」

ホント勘弁して下さいよ・・・

皆がどんどん手続きを済ませて向こう側へ移動していく。
まだ見つからない。

すると、イミグレーションの窓口の中から発見されましたー。
(って、事は一回イミグレーションに提出したのか?)

そのスタッフ、全然悪びれてなくて「そこにあるの俺知ってたし~」って顔。
まったく。

フランス人達も、良かったね~って一緒になって喜んでくれました。



そして遂にベトナムはホーチミンに到着。
実はカンボジアでご一緒したジュンコさんとベトナムに行くタイミングが同じで、予約していたホテルも一緒だったので、また会えました!!

ベトナムに来たらコレ食べなきゃ!

『フォー』
DSCF8682 (500x375)
(真ん中の草は香草。パクチーみたいな味がします。)

フォーを食べて「フォー」と言ってる写真。
DSCF8689 (500x375)

これやりたかった!!

やっぱり美味しいな~☆

でも、タイで散々食べて大きくなった私の胃は、フォー1杯じゃ満足できないようになっていた・・・
ここが踏ん張り時!
タイの2週間で既に太ってしまったのに、このペースで食べ続けたら大変な事に。
我慢だナオコ!ゆっくり味わえ!


実は一つ発覚した事が・・・
私、香草アレルギーなのかも。

前から、タイ料理を食べると体に異変を感じる時があって、この時も同じ症状が。
辛い物を食べ過ぎてそうなっているんだと思っていたけど、このフォーは辛くないし。
となると、共通点は香草?
(タイでは、意外にもパクチーが入ってなかった)

もしかしたら、香草アレルギーなのかも。
また沢山食べて試してみよう!
原因を特定せねば!



ベトナムは1週間滞在します。
ベトナムもあまりイイ評判は聞かないからな。

どうなることやら~!!!!!
スポンサーサイト

[2012/07/21 21:34] | カンボジア
トラックバック:(0) |


おのデンコ
カンボジア・ベトナムとありがとう!!
香草実験どなった?!笑
あーやっぱバスの道中のが楽しそうだなあ~(聞いた詳細は除いて・・・笑)
ほんと無駄に使ってしまったわ。。。
まあそれも行ってみなきゃ、分からんかったもんな

Re: デンコさん
ナオコ
こちらこそ本当にお世話になりました!!
香草実験、ビンゴです。
昨日ほどはならなかったけど、やっぱりサワーってなります!
今後はちょっと控えめにします。
バス、飛行機よりは色んなハプニングがあって面白いです。笑


コメント:を閉じる▲
(7月19日)


ホテルのレストランで朝食。
タイヌードルを頼んだら、インスタント麺だったー!!笑
DSCF8500 (500x375)
(せめて解して~。笑)


そして、約束の時間に昨日のドライバーと再会。
昨日、騙したでしょー!と、言うべき事は言った。
そーゆう所だから、もうごちゃごちゃ言う気は無いけど、そこはちゃんと言いたかった。

ドライバーは、笑いながら「ごめんごめん」。

ったく、しょうがないな~

それから、「今日は俺じゃなくて、俺の兄弟が代わりに行く。彼は日本語が話せるんだ」と言い出した。
なんか嫌な感じだなー。

そのドライバーやって来た。めっちゃ片言しか話せない。
てゆーか、「絶対兄弟じゃないでしょ?」って言ったら、焦って
「いや、あの~、腹違いの兄弟なんだよ」だってー。
もう、笑ってしまいました。
なんでそんな嘘つくんだろ。笑

後に、片言なドライバーが「彼は俺のボスなんだ」と言ってました。
(彼が兄弟を名乗っている事を知らずに。)

嘘つきだから、最後にお金を更に要求してきたりしそうなので、怒ってるくらいの顔で何回も何回も15ドルしか払わないと念を推した。
周りのカンボジア人達は何でこの日本人はこんなにしつこく言うんだ?って言ってる。
でも、そんな視線 関係ないねっ!!



それでは、トゥクトゥクに乗ってアンコール遺跡へ出発!!
DSCF8501 (500x375)

入場券はなんと顔写真入り!
DSCF8654 (500x375)
一生の思い出なんだから、もっとちゃんとした顔すれば良かった・・・

アンコール遺跡

9世紀~15世紀にかけて栄えた大帝国 クメール王朝の遺跡で、ジャングルの奥深く眠っていたところを1860年、フランス人植物学者によって発見されました。
歴代の王が建立した寺院は大小合わせて数百にも及びます。


まず最初は『アンコールワット』!!!
あまり知られてないけど、アンコールワットって実はヒンドゥ教の寺院なんです!!!

入り口に到着して、それじゃ見終わったらここに戻って来てねと ドライバーと別れ、歩き始めて少しすると、ドライバーが追いかけて来て「一緒に行ってあげるよ!」と言って来た。

「でも、私絶対にガイド料もチップも払わないよ?」って言ったら、そんなのいらないよって言うので、一緒に回ることに。

そして進むと、目に飛び込んできた景色は!!!
DSCF8518 (500x375)

まさかの・・・
DSCF8519 (500x375)

修復中ー!!!!!
DSCF8520 - Copy (500x367)

はい、出ましたー!!笑

グリーンのシートが被ってて鉄パイプで造られた足場が・・・

いつも遺跡って修復中だよね~。


その為なのか、もしくはドライバーがずっと一緒に居て気が散るせいなのか、暑すぎるせいか、カンボジアの雰囲気が好きじゃないからなのか、アンコールワットに対して感動が湧かない!!

どうしよう。
アンコールワット、あんなにも楽しみにしていたのに・・・
この旅で、最後の遺跡なのに・・・
え~、うそぉー

無理に感動しようと頑張っちゃってる自分もいたりして。笑


でも、凄いのは確か!

長い長い廊下に続く、絵物語。
DSCF8521 (500x375)

DSCF8522 (500x375)


登るところが多くて、ちょっとバテる。
DSCF8536 (500x375)

周りはジャングルー!!
DSCF8546 - Copy (500x383)
ってのが全然伝わってなーい!


アンコールワット1時間で見終わっちゃいました。笑



次の遺跡は『アンコールトム』!!!
ここは一人で周れました。

アンコールトムの中心にある仏教寺院バイヨン!!
DSCF8591 (500x375)

ここはちょっと感動したー!!

この塔のほとんどが四面仏になっている。

この顔、有名!!テンション上がるー!
DSCF8581 - Copy (2) (375x500)

欧米人達がひしめき合う写真ポイントで
変顔 一人撮り!
DSCF8584 (500x375)



いや~、しっかし、
もう暑すぎて、めげそう。
DSCF8600 - Copy (500x411)
湿気交じりの暑さには勝てない・・・



最後は、『タ・プロム』!!!

ここ、すごい楽しみでした!!!!

そして、ここはドライバーも一緒に付いてきた。


自然と遺跡のミックス。
これは圧巻!!
DSCF8617 (500x375)

DSCF8624 (500x375) (2)

DSCF8629 (500x375)

DSCF8639 (500x375)

DSCF8611 (500x375)

DSCF8614 (500x375)

ここは、映画「トゥームレーダー」の撮影場所に使われたそうです。
うん。見覚えがある!!


真剣に噛み締めようとしている最中・・・

実はこのドライバーがクソヤローでして(+д+)
セクハラしてくるんです。

アンコールワットの時から少し感じてはいたのですが、お得意の鈍感ぶりで気のせいだと思い過ごしていたのです。
でも間違い無かった!!!
ブログには詳しい内容書きませんが、シモネタとかも言い始めて、クソヤローです。


タ・プロムもっとじっくり見たかったけど、もう本当に嫌で一刻も早くこのドライバーとは離れたいとの思いから、早めに切り上げました。
オールドバザールにも連れてってもらう予定だったけど、それも止めて すぐ宿に帰してもらいました。

そのドライバーは私の態度にも懲りず、最後の最後までのんきにしてました。
(この人意外でもそうゆう雰囲気の人が多い。)


そんなこんなで、アンコール遺跡観光 3箇所のみ、しかも9時~3時(昼休憩込)までという、驚異の短さ!
そんな人いるのかな。笑

残念だったな・・・


夜は、昨夜 同じ宿で出会った同じ境遇のジュンコさんと傷を舐め合う。
DSCF8665 (500x375)
ホント、同じようにカンボジアにウンザリしていて、励まし合いました。
(今日は、アンコール ビール!)

カンボジアの食べ放題。3.5ドル!!
DSCF8656 (500x375)

真ん中で焼いて、周りで茹でる。
DSCF8662 (500x375)

美味しかったー!

でも最後に食べたデザートが。。。
DSCF8668 (500x375)

カエルの卵にしか見えない。

地元の人に何なのか聞いてみたけど、なんだかよく分からず。
美味しいから食べてみなって言われたけど、不味かった。笑



アンコールワットを見終わってしまった今、カンボジアには2度と来ないと思う。

[2012/07/21 17:58] | カンボジア
トラックバック:(0) |
<カンボジア基情報>

国旗
800px-Flag_of_Cambodia.svg (400x267)

国旗にはアンコール・ワットが描かれている。


場所

733px-Location_Cambodia_ASEAN.svg (400x327)


正式国名
カンボジア王国 Kingdom of Cambodia

面積
18万1035km2(日本の約50%)

人口
約1338万人(2008年)

首都
プノンペン

民族構成
クメール人90%。ほかにチャム族、ベトナム人など20以上の民族が10%。

宗教
クメール人の大半が仏教徒(上座部仏教)。そのほかイスラム教(ほとんどのチャム族)、カトリックなど。

公用語
クメール語





(7月18日)


早朝6:30にカンボジアに向け出発!

バスのチケットを買ったから、『バス』をイメージしてたけど、
なんかバスじゃなかったです。
DSCF8487 (500x375)
(9人乗りのワゴン)

チケットは日本人が経営している旅行代理店を通して購入したのですが、ビザやについてや国境越えに関して、 説明されてたのと違っていました。

結局、ビザ申請に仲介人が入って手数料取られたり、仲介人が国境ではなく、在タイのカンボジア大使館でビザの申請をしたり、ドルで払えると聞いていたのにタイのバーツじゃないと払えないと言われたり。
もう、バーツなんか残らないように昨日のうちに清算しちゃってるよー。
ATMの手数料けっこう高いんだから、頼むよ・・・

よくカンボジアの国境付近は騙されると聞くけど、有無を言わさずバスが普通にそこに私達を連れて行くわけだし、他のバスの人達もそこに連れて来られていたし、これが通常の流れのようになっていたけど。。。

旅行代理店の話じゃ、自分達で手続きして国境越えのはずだったんだけどな。
こうゆう事実を代理店は知っているのか否か。

私以外にもこの展開に戸惑い、疑いっているドイツ人がいて、二人で『どうなってるんだ!?』ってなってました。
そんな気持ちを抱えながらのカンボジア入国。
DSCF8489 (500x375)

いまいち不明な流れに、ずーと嫌な気持ちが続く。

国境越えた後は、そこから5時間バスに乗っていくと言われたのですが、なんだかこの感じに嫌気が差して、タクシーなら2時間らしいので(そんなに差は無いはずだけど)、お金を追加してタクシー組に変更。
タクシーと言っても普通の車に乗り合い。

私以外の人はツアーなので他3人は同じホテル。
するとドライバーが、私が予約しているホテルの場所分からないから、俺の友達が知ってるから 彼と一緒にいくようにと、車を降ろされ、トゥクトゥクのドライバーに私の身を渡される。

なにそれ!ホテルの住所見せてんのに分からんの??
職業、ドライバーでしょ?

この展開が腑に落ちない!

「ちょっと待って、私はホテルまでの料金を既に貴方に払ったでしょ!トゥクトゥク乗ったらまたお金払うんでしょ?私絶対に更には払わない!」と言った。

すると「分かった。払わなくていいよ。でも俺にチップ頂戴?」
と、ココまで乗せてきたドライバーが言う。

そんな話を聞いたばかりだった。
本当は払わなくていいのに、ツーリストはそうゆうものだと思って払っちゃうって。
しかも、この人の場合、私をちゃんとホテルまで送り届けて無いですからっ!!
私、そんな人に絶対あげません。

「ヤダ!それに、トゥクトゥクのドライバーだって、乗ったら結局チップとか言ってくるんでしょ!」


「分かったよ」と言って、ドライバーは去って行くました。

トゥクトゥクのドライバーにも、「私絶対お金を払わないよ」って確認したら、「いいよいいよ」って言う。
それが怪しい。
「なんで、いいの?」と聞くと、明日アンコール遺跡周るんでしょ?1日貸し切りで使ってくれたら、今日の分はタダでいいよと言う。

やっぱり、そうゆう感じか。
でも、どっちみちバイクタクシーを雇おうと思ってたから、別にいいんだけど。
金額を聞いたら、20ドル。まぁ、相場?
でも、15ドルで周った人の話を聞いた事あったから、15で押したら、オッケー。
何度も何度も何度も確認して、約束した。


交渉が成立したので、今日は無慮で宿に連れて行ってもらった。
しかし、私の予約しているホテルは「Yellow Guesthouse」なのに「Green town Guesthouse」って書いてある。
違う違う って言っても ここだってドライバーが言う。
ホテルのスタッフに聞いても、ココだっていう。
オーナーが変わったから、名前が変わったんだと。

そっか~、ホームページの名前をまだ変えてないのかな??
確かに、外観が黄色の建物でネットで見たのと同じ気がする。

ネットで予約した時の値段より高いから、「なんで4ドルじゃないの?」と指摘したら、その部屋はコレだよと案内された部屋が汚い・・・
写真ではキレイな部屋だったのに・・・
まぁ、そんなものか。。。
結局、8ドルで少しはキレイな部屋に変更してチェックイン。

部屋に入るなりメールをチェックしていたら、「Yellow Guesthouse」からメールが来てた!
やっぱ名前変わったとかじゃないじゃん!
ホームページもチェックし直したら、外観そっくりなんだけど、ちょっと違うー!!

騙されたー!!!!!

もう本当に嫌な気分。


早速文句言いにレセプションに行くと、さっきの彼は居なくて、他のスタッフに事情を話し、私そっちに移動する!って言ったら、
「もう君はお金払ったでしょ?向こうは予約しててもまだお金払ってないんだからキャンセルすればいいじゃん」って言って、許可してくれない・・・

もう私もめんどくさくなって、どうせ2泊だからもうそのままそこに泊まる事に。
こうゆう国でいちいちガミガミ怒るのもどうかと思うし。

考えてみると、みんなが連動して騙してる感じ。
最初のドライバーが途中でトゥクトゥクに引き渡すのからしておかしいし。

カンボジア、噂通りだな。

1日を通して、カンボジアにはなんか嫌な感じを受けます。
ちょっと環境的にはインドに近いものがあり、そういった面でも辛いものがあります。


えぇい!そんな時はとにかくビール!

「カンボジアビール」
DSCF8498 (500x375)

カンボジアヌードル
DSCF8496 (500x375)
少し甘みの強いスープ。

美味しかったー!!


よし、気を取り直してあしたのアンコール遺跡観光に備えよう!










[2012/07/19 10:41] | カンボジア
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。