~ 『 We can do it ! ! 』   世界一周  女2人旅 ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に今日は、青の洞窟を見にカプリ島へ!
入り口が非常に小さいため、少しでも波が荒いと入れません。
ちなみに前日は波が荒く、入れなかったとの事。
一応、今日は波も穏やかな感じで、カプリ島までの船は出てるけど、果たして青の洞窟には入れるのでしょうか。

どうか、お願いします!!
DSCF6175 (500x375)

この船でカプリ島へ向かいます。一応、カプリ島ツアー!
DSCF6181 (500x375)

お、見えてきた!!
これがカプリ島。
DSCF6191 (500x373)

DSCF6198 (500x375)

こんな断崖絶壁
DSCF6209 (500x375)

そして、島を周り初めて 少ししてから、何でもない所で船が停まりました。
あまり気にせず待っていたら、おじさんに あっさり「今日は波が荒くて 入ることは出来ないんだよ~」って言われました。
え!?てゆーか、ココ青の洞窟なの??
(通常、青の洞窟まで、この様な船で行くか、島内から徒歩で行き、洞窟の前で小さい小船に乗り換えて入ります。朝の方が波が穏やかなので、観光客は朝に集中し、何隻もの船が洞窟の前で順番待ちをします。船の上で何時間も待つ場合もあるそう。)

洞窟の前には、沢山船が集まっているものだと思っていたので、ここが青の洞窟だと気づきませんでした。
そっか、今日は入れないから誰も居なかったんだ…
誰も居ない洞窟前は非常に寂しげでした。笑
DSCF6222 (500x375)

入り口はこんなに小さい。
DSCF6216 (500x387)

だから少し波があると、更に小さくなる。
DSCF6220 (500x375)

何の前触れも無く、カナリあっさり言われたので、残念は残念だったけど、ショックは大きくなくて済みました。(残念ですけどね!)

青の洞窟をご存知ない方のために
コレ

800px-Blue_Grotto_Capri_Inside (400x300)
(Wikipediaより引用)


あっさりと、青の洞窟を後にし、再び島を観賞。
DSCF6228 (500x375)

小さな洞窟は意外にいっぱいある。
DSCF6213 (500x375)

DSCF6234 (500x375)


続いては『緑の洞窟』に連れて行ってくれました。
緑の洞窟の存在って知ってましたか?私は知りませんでした。

DSCF6256 (500x375)

DSCF6242 (500x375)

DSCF6249 (500x375)

ん~、青のような…?
いや、エメラルドグリーン!!そして、確かに綺麗でした!!
しかし、これは洞窟か?という疑問を残しつつ、緑の洞窟も後にする。


その後、島に上陸!!カプリ島の海は基本青い!!どこも綺麗です☆
DSCF6263 (500x375)

曇っていたし、風が冷たかったので、私はフリースとダウンとホッカイロまで貼っていたのですが、島では海水浴している人が!
DSCF6278 (500x375)
外人のおばちゃん強し!!

中心地からは絶景が見られます。(まるでアマルフィ!?)
DSCF6285 (500x375)

青の洞窟に入れなかったため、自由時間が約6時間もあります。
そんなにすること無い…
とりあえず、街を散策。

意外だったのは、カプリ島はブランドショップだらけ。
ヴィトン・プラダ・D&G etc…
DSCF6290 (500x375)

カプリ島でブランドなんて買う?と、思ったけど、確かにセレブ達が来る島だし、そういう人が買っていくんだろな。
カプリ島って、もっと素朴なイメージでした。


青の洞窟は入れなかった代わりに、美味しいピザを食べて満たされましょうよ!!という事で、美味しそうなお店を探す!!
イタリアでピザを食べれるのは今日で最後。絶対に美味しいピザを食べて終わりたい!!必死です。笑

おぉ!美味しそうな看板発見!(絵だけど。笑)
DSCF6291 (401x500)

そして、やたら有名人の写真が貼ってある。
DSCF6295 (500x375)
マライヤ、ニコラス・ケージ、ナオミ・キャンベル、ヴォン・ジョヴィ…

少し高めだけど、マライヤを信じて入ってみました!!

中にもこんなに沢山写真が。どんだけ~!!(中には、もっとあります)
DSCF6296 (500x375)

これで美味しくなかったら超ブーイング!笑

そしてやってきたピザは!
DSCF6299 (500x375)
四角かったー!!笑

でも手作り感があっていいです。
お味は…
DSCF6301 (500x375)

うん、美味しい!生地もモチモチだし!
やっぱ、ナポリピザが好きだな~(^з^)
でも、やっぱりナポリで一番最初に食べた地元ピザが一番美味しかった~!!
もう一度食べたい~!!

誰か、日本で美味しいナポリピザを食べれるお店を紹介して下さい!

そして、イタリア最後という事で、もう一つ食べておかなければいけない物が!
それは、ジェラート!
DSCF6305 (500x375)

最後の思い出に、ジェラートを食べるのだー!!
DSCF6306 (500x375)

絶景を眺めながら食べたジェラートはそれはそれは美味しかった。
しかし、散策していると、とても美味しそうなジェラート屋さんを発見!
DSCF6314 (500x375)

なんと、ワッフルコーンは手作りです!!
DSCF6317 (500x375)

ひゃー!さっきので最後のはずだったけど、もう一つ食べちゃいました。
DSCF6312 (500x375)

なんと、超美味しい!!食べ終わってから知ったのですが、ここは古くからある老舗で、ガイドブック等にも紹介されているようなお店らしいです。
普段、あまりアイスを食べないので、ちょっと許容範囲超えました(^_^;)
(ちなみに、無類のアイス好きであるナナミンは、3つ食べました。す、すごい!!)
あ~思い残すことないな~!(本当はもっと食べたい。笑)

いつの間にやら天気も良くなり、景色がより一層綺麗に見えるように。
DSCF6320 (500x375)

DSCF6331 (500x375)

民家の庭
DSCF6310 (500x375)

香水屋さんの花
DSCF6318 (500x375)

DSCF6322 (500x375)

DSCF6335 (500x375)

DSCF6323 (500x375)

この島のタクシーはオープンカー!!
DSCF6337 (500x375)

海も到着した時よりも、綺麗にみえます。
DSCF6345 (500x375)

DSCF6346 (500x375)

DSCF6362 (500x375)

DSCF6365 (500x375)

こんなに透明
DSCF6348 (500x375)

この海を眺めながら、少しのんびり過ごし、精神が休まりました~☆
帰りは、来た時とは反対側を半周。

トラガラ岬。
DSCF6371 (500x375)

そして、ファラリオーニの奇岩。
DSCF6374 (500x375)

この下を潜ります。こうゆう事してくれるのがツアーっぽくて楽しい。
DSCF6377 (500x375)

海が綺麗なポイント
DSCF6382 (500x375)

そして、最後に『白の洞窟!』
DSCF6391 (500x375)
って、岩が白いだけじゃん。ビックリしたわ~

地図で白の洞窟ってのを発見した時から気になっていました。
白の洞窟って一体どんなだろう??と、TV等で見たことが有る青の洞窟より、ある意味興味がありました。
こうやって、とって付けちゃうようなとこ、イタリア人ぽいな。笑


綺麗な海を眺めながら、またソレントへ戻り、カプリ島ツアーは終了しました。
青の洞窟は見れなかったけど、島の美しい景色を色々見れたし、美味しいもの食べれたので、大満足でした!

イタリアには結局 12日間 滞在しました。結構長いな。
私は、いずれ また南イタリアに来たいと思いました。シチリア島の方にも行ってみたいし!!
治安が悪いと、聞いていたわりには、危ない目にも一切合わずに過ごせたことに感謝!!
次はギリシャ。ヨーロッパ最後の国です。

スポンサーサイト

[2012/05/16 02:45] | イタリア
トラックバック:(0) |


ひろ子
恵比寿に、ナポリピザあるよ~!
いこう!!

ヨーロッパついに終わっちゃったね!
後半戦、楽しみ!!

Re: ひろ
ナオコ
まじで~♪
行こぜー!!!!

遂にヨーロッパ終わりましたよ!
ヨーロッパはひもも行った所ばかりだったろうから、
中東・アジア編 楽しんでね!


投資の勉強
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

すてきー
まゆ
綺麗ですね

いま 今年行こっかなーて 検討中で。
いままで 個人旅行9割 パック1割って感じですが
南イタリア シチリアツアーで考えてました。
ツアーは、一か所にいる時間がちょこっとなのが 
残念だけど、効率よく 見どころいくのは 
楽ではあり・・・
でもぅ
この写真 見たら 個人で 行きたくなりました。

Re: まゆさん
ナオコ
コメントありがとうございました!!
カプリ島めっちゃ良かったですよ!青の洞窟には入れなかったけど。
ツアーも楽だしいいですよね!私もこれ現地ツアーですし☆
楽しんできてくださーい!

コメント:を閉じる▲
今日は、ソレント半島でも私達の泊まるキャンプ場と反対側にある、アマルフィ海岸へ!!

アマルフィと聞くと、もう頭の中は織田裕二でいっぱいになってしまいますが、あの映画は見たことありません。
よくTV等で見る、あの景色を見るべく!そして、アマルフィにあるジロー・ラモおススメ第1位のレストランへ行くべく!いざ、出陣!!

昨夜から天気は大荒れで、朝方から雨が降ったのですが、出かける頃には雨も止んで晴れ間が。
キャンプ場から、アマルフィ行きのバスが出てる駅まで行くため、駅行きのバスに乗ったのですが、なんと降りそびれてしまった…(駅前まで行かず、駅付近までしか行かなかったので降りる所が分からなかった。ちなみに、海外のバスは、車内に次の停留所の名前が表示されない場合が多い。)
なにやら遠くの終点まで行ってしまい、また戻ったりしているうちに時間が過ぎてしまいました。
大体のレストランは15日以降閉まる事が多いので、少し心配。

無事、ソレント駅まで戻り、アマルフィ行きのバスへ。
バスは、超満員!!ギュウギュウの立ち乗りです。

ですが、アマルフィの道はクネクネ!!
DSCF6077 (500x375)

DSCF6076 (500x375)
踏ん張りまくったので、全身の筋肉をめちゃめちゃ使いました。

そして、こんなに道が狭い!!ぶつかりそうで何度もヒヤヒヤしました。
DSCF6074 (500x375)
クネクネすぎる上に細いので、カーブを曲がる直前でクラクションを鳴らして合図します。
なので、アマルフィの道路はクラクションの音が響きまくってます。

しかも、ずっと断崖絶壁を走る。
DSCF6125 (500x375)

DSCF6130 (500x375)

DSCF6131 (500x375)

これ、運転手さんは神経使うだろうな~。

途中、結構な人数の人が降りた所があり、私達も便乗して降りてみました。
そこで、日本語の喋れる韓国の女の子に帰りのバスの時間を尋ねられて、その子に、何処にいけば例のアマルフィの景色は見られるの?と聞いたところ、ここはアマルフィじゃないですよ『ポジターノ』です!アマルフィはもっと先だと言われて、急いでバスに戻る!!
あ~危なかった!でも、皆降りるって事はここも何か見所があるんだろうね!なんて言いながら先へ進む。
そして、そのうち雨がザーザー降り始め、超寒い(*д*)
げ~。

そして、終点のアマルフィに到着。
え!!アマルフィって、ここ?
思わずそう言ってしまいました!笑
崖から見下ろすあの景色は何処??
ここって、崖下だし、例え登ってもあの景色じゃない…

しかし時は既に15時を過ぎ、雨降ってる、寒い、お腹空いた…
ジロー・ラモおススメ第1位のレストランの場所を聞いてみたら、遠い崖の方指差してる~(>_<)
もぉ、いいよね…という事で、その辺のレストランを探す。
15時以降もやっている、観光用のレストラン。
見た目は美味しそう!!

そして、なんと!!私、ピザとラザニアの2つを頼んでしまいました!!
DSCF6090 (500x375)
だって、まだラザニア食べてなかったんだもん。でもピザも食べたかったんだもん。
2つも食べれるかな~なんていう心配をよそに、ラザニア小っさー!!笑

お味は、ラザニアは美味しかったです!!
しかし、ピザはインスタント ピザかっ!!という感じでした。
たぶん、生地は手作りではないし、石窯で焼いたものでもない。
残念すぎる~(>_<)


その後、街で見つけた日本人に、例の景色はどこで見られるかそれを尋ねたところ、ポジターノですよ。と教えて頂きました。
何~!!それって、私達が一回降りちゃったところじゃん!!
やってもうた。。。
てっきり、アマルフィで降りれば、あの景色なんだと思ってた~

もう時間も時間だし、帰り道にバスの中から景色を見よう。
と、割り切って、アマルフィーの街を少々見学。

街は、とても観光業一色
DSCF6094 (500x375)

チクビーム噴水
DSCF6095 (500x375)

教会
DSCF6092 (500x375)


ビーチは、結構綺麗☆
ここからの眺めもいいものだ!!!!
DSCF6110 (500x375)

DSCF6113 (500x375)

DSCF6112 (500x375)


水も透き通ってる。
DSCF6116 (500x375)


帰りのバスは何とか、座ることができ、例のアマルフィの景色を撮ることが出来ました。
車内からの景色ですが。
DSCF6141 (500x376)

DSCF6148 (500x366)

DSCF6155 (500x375)

DSCF6157 (500x348)

DSCF6172 (500x364)

天気が良かったら最高だったんだけどな~
ま、一応あの景色が見れたということで良しとしよう!!

しっかし、寒い一日だった(涙)

[2012/05/16 02:44] | イタリア
トラックバック:(0) |
今日は、ナポリの中心地から電車で約30分のところにある、ポンペイ遺跡へ行きました!
最初、ポンペイに行く予定は無かったのですが、スイスで泊めて頂いたアヤさんに「ポンペイは行くの?」と聞かれて、そこで初めて「そういえばポンペイ遺跡ってイタリアじゃん!?」という事を思い出しました。
ここまで来たなら、ポンペイ遺跡は見なきゃでしょー!!

ポンペイ遺跡とは
古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡です。(世界遺産)
西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続けました。
翌25日の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まってしまったのです。そして、火山灰はその後も降り続きました。

その後、約1900年の時を経て本格的な発掘が始まり、現在は主要部分であった一部が『ポンペイ遺跡』として、有料で公開されています。

ポンペイについては、確か、高校の英語の教科書の題材になっていて、習った気がする。(岡野先生そうですよね??)

ポンペイ遺跡はとにかく広い!!
地図も持たずに入ってしまった私達は、遺跡自体には関心はするものの、その建物が何であったのか等々、何が何やらさっぱり分からず…(-д-;)

見学している時は全然分かっていなかったのですが、後に調べた情報を交えてご紹介します!

発掘によって現れたポンペイの町は、整然と区画され、住居はもちろん、劇場や公衆浴場、下水道まで完備されていました。壁画やモザイク画、市民が記した落書きなどが当時のまま残され、ローマ帝国の市民たちの贅沢で、享楽的な暮らしぶりを鮮やかに物語っています


DSCF5929 (500x375)

DSCF5930 (500x375)

DSCF5932 (500x375)

DSCF5934 (500x375)

DSCF5935 (500x375)

DSCF5944 (500x375)

DSCF5955 (500x375)

DSCF5956 (500x375)

DSCF5959 (500x375)

DSCF5961 (500x375)

DSCF5979 (500x375)

DSCF5985 (500x375)

DSCF6026 (500x368)

DSCF6027 (500x375)

街の至る所に水道がある。
(蛇口のみ現代の物)
DSCF5940 (500x375)

綺麗に整備された道路。
DSCF6021 (500x375)

ポンペイは、道路の整備が綺麗に出来ていました。
昔、車道部分には水が流れていたらしく、馬車がその中を走っていたそうです。歩行者は左右の歩道を通るよう分けられています。
しかも、車道を横切るための渡り石まであります。
写真がないのですが、交差点のようなポイントには3つの大きな丸い石が歩道を結びます。橋のような形では無く、3つの石だったのは、石と石の間を馬車の車輪が通れるように。
これは、見学している時の私達の推測が当たりました!
なんで、こんなに歩道が高いのか?この渡り石は何か?
「この歩道の高さと、渡り石があるって事は、きっと水が流れてたんじゃない??」
「それで、この隙間は馬車の車輪の通り道かな?」
なんて話していました。

そして、パン屋さん、居酒屋、風俗店等、現代と変わらないような生活がココにはありました。


競技場?
DSCF5980 (500x375)

オペラ場
今でも、たまにオペラコンサートが行われるとか。
DSCF6006 (500x375)

居酒屋さんのカウンターだったそうです。
丸い部分にはワインの入ったツボが入っていたそうです。
DSCF5970 (500x375)

床に残されたモザイク画
DSCF5939 (500x375)

ピザ屋さんの釜戸
DSCF5994 (500x375)

壷も、見事な形のまま残ってます。
DSCF5975 (500x375)

何かを擦るスリ鉢
DSCF5976 (500x375)

現在、発掘?修復している場所も。
DSCF5971 (500x375)


数々の像
DSCF5984 (500x375)

DSCF5962 (500x405)


フレスコ画の数々
(フレスコ画とは…まず壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「フレスコ(新鮮)」である状態で、つまり生乾きの間に水または石灰水で溶いた顔料で描く画法でを用いた壁画。)
DSCF6016 (377x500)

DSCF5946 (500x375)

DSCF5945 (500x375)

DSCF5965 (500x374)

DSCF5966 (500x375)

DSCF6011 (500x375)

フレスコ画に触ってみました。ツルツル!!
DSCF5967 (500x397)


逃げ遅れた人々は吹きつけた高熱のガスで窒息死し、その上に灰が降り積もり、硬く固まりました。発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていました。考古学者たちはここに石膏を流し込み、死の瞬間を再現したのです。
子供を覆い隠す母親、家の中で身を寄せ合う家族、飼われていた犬がもだえ苦しむ様子も生々しく再現されました。
石膏の人型は、一瞬にして平和な日々を奪われたポンペイ市民の悲劇を伝えています。

私達は、そのTV等でよく見る、父親が家族を守りながら亡くなった型や、犬のものを探してみたのですが、見つけることは出来ませんでした。
しかし、他にも人型は沢山ありました。
((これらは、特別に展示室を設けている訳ではなく、普通に遺跡の家の中に展示してあります。)
DSCF5950 (500x375)

DSCF5951 (500x375)

DSCF6034 (500x375)

なんと、この人型、石膏の中に骨が入っています。
もはや、本当のご遺体です。
見ているのも辛い。
DSCF6030 (500x375)

DSCF6037 (500x375)

骨のみの展示
DSCF6018 (500x383)

そして、発掘された物が収納されているような物置き場のような所にも。
DSCF6041 (500x375)

DSCF6042 (500x375)

DSCF6044 (500x375)

DSCF6043 - Copy (377x500)

こんな所に、置いておくってどうなのでしょうか…と思ってしまいました。
仮にもご遺体と考えると、もう少し保管の仕方があるのではと。


とても悲しい物だから、本当は見たくないけど、いつ何時、何があってこの人生が終わるか分からないという事を肝に命じるために、真剣に見ました!!
いつ死んでも悔いの残らぬように、一瞬一瞬を大切に生きるんだ!!という事。そして、自分に限らず、大切な人がいつ亡くなるかも分からないのだから、大切にしよう。そしていつも感謝の気持ちを伝えよう!と胸に刻みました。



そして、これが かの有名な犬でございます!!
DSCF6013 (500x340)
って!!笑

ポンペイ遺跡には野良ちゃんが多く、室内にもこうやっているのです。
DSCF6010 (500x375)


いや~しかし、こういう遺跡はツアーで行くか、もしくは音声ガイドだけでも付けた方がいいですね(英語しか無かったけど)。
せっかく行ったのに、ちょっと勿体無い事をしてしまいました。
特にポンペイは分かりずらいので、今後行く予定がある方は、是非そうして下さい!!!

ポンペイからさらに20分くらい電車に揺られ、ソレントへ到着!!
ソレントといえば、『帰れ、ソレントへ』の名曲しか思い浮かびませんが、景色がとにかく綺麗!!
南イタリアは、本当にレモンの木が沢山!!人々も明るくて、イメージ通りです。
ただし、南に行けば行くほど治安が悪いそうなので、浮かれちゃいられない。
ここに来た目的は、2つ!!
『アマルフィー海岸』を見る!!そして、カプリ島の『青の洞窟』に行く!
しかし、青の洞窟の入り口は極小のため、少しでも波が高いと入れないとの事。明日は天気が悪くて海が荒れるらしい×。滞在はあと2日なので、明後日入れなかったら終了です(>а<)
どうか見れますように!!!

そして、ソレントは宿代が高いため、今回の宿はキャンプ場!!
このバンガローに泊まっています!!
DSCF6049 (500x375)

これが、結構いいんですよ~
DSCF6057 (500x375)

なんたって、眺めがサイコーだし!
今まで我慢してた夜景も、ここならバルコニーから見られる☆
DSCF6061 (500x375)


この旅でキャンプ場に泊まることがあるとは思ってなかったな!笑

[2012/05/14 17:06] | イタリア
トラックバック:(0) |


初心者の投資
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


-
私は今、高校でこの範囲をやっているので、とても勉強になりました‼‼
ありがとうございます!('◇')ゞ
私もいつか世界放浪の旅に出てみたいです(*'▽')
また記事を見に来ます!( *´艸`)

Re: タイトルなし
ナオコ
コメントありがとうございます!
私も高校時代、世界史が好きでちゃんと勉強していたので、実際世界を回った時に喜びが大きかったです。でも、もっともっと勉強すれば良かったと思っています。なので、今のうちに沢山学んでおいてくださいね☆

コメント:を閉じる▲
ナポリにやって来ました!!
この日をどれだけ楽しみにしていたことか!!

ナポリで本場のナポリピザを食べる!

この旅の目的の一つです!!


ナポリといったらピザのイメージしかありませんが、(それは私だけ?笑)
実は、ナポリは歴史的栄華の跡が残る 南イタリア最大の都市なんです。
『ナポリを見てから死ね』ということわざがあるほど、ナポリの風景の美しさは世界的に有名です。
そして歴史的建築物も多く、ナポリの歴史地区は世界遺産に登録されています。

しかし、それらが見られるナポリの中心地には一泊しか滞在しません。
なぜなら、あまりにも色々な人から治安が悪いと聞くので。。
しかも、ナポリは世界三大夜景の街として有名なんですって!!(日本が定めたものですが、他2つは函館と香港。)
それは見ておかねば!!しかし、優等生の私達は夜外出しないので、断念~
ローマでもトレヴィの泉のライトアップも諦めたし。
安全に過ごすためには、少しの犠牲は必要です☆



さぁ、遂に本題。
なんでそんなに、熱烈にナポリピザが食べたくなってしまったのか。

私のお気に入り番組「世界!弾丸トラベラー」(←結構この旅の参考にしてます)で、2010年6月に放送された『南イタリアでおススメレストランBEST4を食べつくしたーい』の巻で、ナポリ出身のジロー・ラモがおススメするレストランを、モデルの矢野未希子さんが巡るのってのを見て、それ以来 ナポリピザの虜になってしもたのです。
だって、本当に美味しそうだったんですもの~(´з`)

そして、ここナポリの中心地には、4位だったピザ屋さんがあるのです!!
ネットでそのお店を調べて、いざ行こうと思ったら、ホステルのおじさん曰くそこの住所には無いとの事。
え~!!そこに行きたーい!!でも分らないので仕方ない。
おじさんに美味しいピザ屋さんが沢山並ぶところを教えてもらい、そこに行く事に。


そして、地元民が行くようなお店に入ってみました。

お~、きたー!!
DSCF5870 (500x375)
マルゲリータ(チーズ種デラックスバージョン)。5ユーロ。

チーズ少なっ!って思ったけど、結構 のびる~
DSCF5872 (500x375)

トマトソースが、なんともフレッシュで、トマトの味が濃厚!
生地はもちもちで、とーても美味しい!
ナポリ風ピザは、外側の耳の部分を残すものなのですが、美味しいから半分以上食べました。



そして、ジロー・ラモおススメ第3位のジェラート屋さんにも行きました!
ラッキーな事に歩いてすぐのところ。

こちらは、1955年創業の老舗ジェラート屋さん。
ジロー・ラモが若い時、よくデートで来てたらしい。
DSCF5877 (500x375)

こうやって温められたパンに挟んで食べる。(もちろんコーンバージョンもある)
DSCF5878 (500x375)
(ナッツ&チョコとバニラ)

これはカナリ大口開けないとたべれません!
DSCF5880 (500x375)
(ちょっと前歯が知覚過敏を起こす。笑)

ん~、残念だけど、味は普通かな…
パンもパサパサで味がいまいち。アイスの味も普通~

ちょいと残念だったな!!



気を取り直して、ナポリの街を散歩だー!!

ナポリは細い路地が多い。
DSCF5921 (375x500)

海が近いから魚屋さんもある。
南イタリアっぽい!
DSCF5876 (500x375)


サンタルチア海岸!!
海水浴にはまだ少し風が肌寒い気がしますが(日向は暑いけど)、みんな海が大好きなんだな~♪
DSCF5887 (500x375)

DSCF5886 (500x375)

DSCF5884 (500x375)


一見綺麗に見えるけど、落書きだらけ。
残念だ…
DSCF5896 (500x375)

丘の上に建物が並ぶ風景がけっこう綺麗!!
DSCF5888 (500x375)

DSCF5907 (500x375)

ヴェメロの丘の頂上にあるサンテルモ城。
DSCF5908 (500x375)


海沿いを歩く。
観光客もいなくて、地元民だけ。
そんな空気が、なんとも落ち着きました☆ 眺めも綺麗。
DSCF5915 (500x375)

ゴミがけっこう浮いてるけど、水自体は綺麗。
魚も沢山います!!
DSCF5916 (500x375)


美女達も日光浴
DSCF5883 (500x375)

おじさんも日光浴
DSCF5917 (500x375)


海岸の端に見えるヌオヴォ城。
13世紀にアンジュー家の城だったものを、15世紀にアラゴン家が改築したものらしい。現在内部は 市立博物館になっているそうです。
DSCF5918 (500x375)

ナポリはゴミや落書きが多いのが本当にもったいない~!!!


少し散歩した後、他のお店でピザを食べてみたくなりました。
別にさっきのお店がマズかった訳ではないのですが。
せっかくピザのためにナポリに来たし、もっと食べてみたい!
そして私の思い描く(TVで見たそのピザは)チーズがたっぷりだったので。。

というわけで、ピザ屋のはしご!!

今度は2階建ての少し高級感のあるお店!
あえてそこに入ったというより、大体のお店は15時以降閉まってしまうので(19時頃再開)、とりあえず開いてるところという基準で入ってみました。

入ってみると、どうやら有名店らしい!!(壁に貼ってある記事等で推測。)

コジャレた釜。
DSCF5922 (500x375)


こちらが本日2個目のマルゲリータ!!
今回は、イメージ通りのチーズたっぷり!
お皿を揺らすと、チーズがたぷたぷと揺れます!!
DSCF5924 (500x375)
今回は、7ユーロ。
さすが少し高めですが、これを食べるためだけにナポリにやってきたのだから、これくらい良しとしなきゃ!


いっただーきまーす!!
DSCF5926 (500x375)

ん~、このピザを食べて分りました。
さっきのお店が如何に美味しかったのかが。

トマトソースの味も薄く、生地もそれほど美味しくない。
耳は完全に残してしましました。

やはり有名な高級店よりも、地元くさいお店の方が美味しいものですよね!!


明日からはナポリの中心から離れて、ソレントの方へ南下して行きます。
一応ナポリ県圏内なので、ナポリピザ食べれるかな~
ただ、リゾート地なので物価は高いと思われる(>о<)

そして、ソレントの方には、なんとジロー・ラモおススメ第1位のお店があります(パスタ)!!
そこは、本当に絶賛だったので是非食べたーい!!

地図で検索する限りでは、かなり複雑な場所でした…
果たして辿りつけるのか!!

[2012/05/13 01:12] | イタリア
トラックバック:(0) |


あや
ジロー・ラモ(笑)

タプタプ揺れるほどのチーズなんて思わずクラッと来ちゃうけど、やっぱ味は見た目とは違うんだね~☆
お腹すいてきた~(^.^)



Re: あやちゃん
ナオコ
多けりゃいいってもんじゃないんだね!!
もうすぐ三十路なのに、まだ質より量な私。笑
早く大人にならなくちゃ!!

コメント:を閉じる▲
見えてきた!!
バチカン!!(本場の発音:ヴァティカン)
DSCF5793 (500x375)

バチカン市国は、ローマ市内にある、人口約800人ほどの 世界で最も小さい国です!(世界遺産)
バチカンはローマ教皇庁によって統治される、カトリックの中心地、いわば「総本山」であります。
ご存知、ローマ教皇はここにいます。

サンピエトロ大聖堂をはじめ、ローマ教皇の住むバチカン宮殿、バチカン美術館などがあります。

一応、国という事で訪問国数に入れてます。笑

がしかし、バチカンには一般市民はいません。
ほとんどはカトリックの修道者です。

これで『国』というのだから面白い。


これが国境というべきでしょうか。
DSCF5797 (500x375)
基本的に、なんの検査等もなく自由に入れます。


サンピエトロ広場
DSCF5798 (500x375)

両端に半円形の回廊が並びます。
DSCF5796 (500x375)

そして、その上には聖人像が並ぶ。
DSCF5801 (500x375)

DSCF5803 (500x375)


バチカンは一切の軍事力は保持しておらず、スイスからの傭兵を派遣してもらってます。
この制服はミケランジェロがデザインしたものだと言われているとか。
DSCF5806 (500x375)
(スイス国内でカトリック教会からの推薦を受けたカトリック信徒の男子が選ばれている。)
武器は催涙スプレー。笑

しかし、実際の警備はイタリア国家警察が行っています。

てゆーか、なんでスイス??
気になったので調べました。
中世の昔から、スイス人は勇猛で、傭兵であるにもかかわらず忠誠心もあると人気が高く、諸国の王や領主から引っ張りだこだったとのこと。
バチカンがスイス人衛兵を採用するようになって、もう500年だそうです。



私達が見学したのは、無料で入れる サンピエトロ大聖堂のみ。
それでは大聖堂をご紹介します!

DSCF5800 (500x375)
キリスト教の教会建築の中で、世界最大の大きさを誇る教会です!

サン・ピエトロは「聖ペトロ」の意で、キリストの最初の弟子であり、初代教皇の使徒ペトロ(ペテロ)のイタリア語読みに由来します。

※余談ですが、『サン』というのが『聖』という意味だと、南米で出会った旅友に教えてもらった時、サンフランシスコ・ザビエルの謎が解けた!
それまで、サンフランシスコ・ザビエルともフランシスコ・ザビエルとも聞くので、正しいのはどっちだ?と思っていました。
サン=聖 ということで、聖フランシスコさんって事だったのだと知りました。
サンマルコは聖マルコ。なるほど~!(ガッテン、ガッテン!)

そして、このサン・ピエトロ大聖堂はもともと使徒ペトロの墓所があったところに建立されたとされています。


大聖堂の中
DSCF5811 (500x375)

DSCF5833 (500x375)

DSCF5841 (500x375)

主祭壇
DSCF5838 (500x375)

ドーム天井
DSCF5829 (500x375)

とにかく、荘厳な雰囲気で、豪華!
流石は総本山。


彫刻や像の数々

こちらは有名な、キリストを抱く聖母マリアの大理石像『ピエタ』。
ミケランジェロが25歳の時の作品です。
(ガラス越しの為、見えずらいですが)
DSCF5816 (500x375)

DSCF5813 (500x375)
(キリストを抱くマリアの左肩かたに掛かってるタスキ部分に、ミケランジェロの名が刻まれてる)


こちらが噂の聖ペテロの像。 
DSCF5826 (500x375)
「ニン!!」ってやっているように見えてしまいました。
(はい、スミマセン)


DSCF5843 (500x375)

DSCF5817 (500x375)

DSCF5824 (500x375)

DSCF5832 (500x375)

DSCF5861 (500x375)



絵画の数々

DSCF5845 (500x375)

DSCF5846 (500x375)

DSCF5820 (500x375)

DSCF5848 (500x375)

DSCF5851 (500x375)

DSCF5856 (500x375)


圧巻でした!!
きっと美術館も凄いんだろうな~
行った事ある人、もしくは今後行く場合は美術館の様子教えて下さい☆


そして夜は、またもやAperitivoしに行ってしまった。(同じ店)
これらが食べ放題。
DSCF5864 (500x375)

一皿目。
何皿食べたか覚えてないけど、グリンピースを山盛り食べました。
DSCF5867 (500x375)
私達が行くのが早すぎて、あまりお客さんがいなかったたため、料理の回転が悪く、結局新しいメニューは食べれなかったけど、美味しかったのでOKです。


結局、毎日 見たコロッセオと最後の記念に。
DSCF5868 (500x374)
ローマは凄かった!!

明日はナポリへGo~!!

[2012/05/11 23:21] | イタリア
トラックバック:(0) |


あや
いや~、ヨーロッパいいねぇ(*^^*)
何日か前の市場の写真見てテンション上がっちゃった~☆
しかし、バチカンに一般市民がいないってビックリ!!税金とかの収入なくて国としてやっていけるのかね(^.^)笑
ナポリいってらっしゃーい(^-^)/

Re: あやちゃん
ナオコ
私達も、てっきり一般市民がいるんだと思っていたからビックリした。笑
スイス人衛兵達も国民の人数に入ってるらしいよ!!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。